食事制限中に暴飲暴食しないためにはどうしたらよいですか?

食事を我慢しすぎないように工夫し、暴飲暴食を防ぎましょう


ダイエットの基本は、摂取するカロリーよりも消費するカロリーを多くすることですので、食事制限によって、短期間で減量することができる場合が多いようです。

しかし、食事の量を減らせばよいというものでもなく、私たちの体は安静にしているときにも体温調節などの生命活動のために代謝を行っていますので、それを下回らない量のエネルギーを摂らなければなりません。

食事から必要なエネルギーを得られない場合、体が飢餓状態になり、かえってエネルギーを貯め込むように働くため、痩せにくくなることがあるからです。

そして、食欲を我慢することが続くとそれがストレスになり、突然、食欲をコントロールすることが難しくなって暴飲暴食をしてしまうということが起こるかもしれません。

暴飲暴食をしてしまうと、リバウンドを起こして、減った体重が元に戻ることもあります。

食事制限中の暴飲暴食を避けるためには、自分のライフスタイルに合わせて、活動に必要なエネルギーを摂るようにしましょう。

また、カロリーだけでなく、食事の内容にも注目してみましょう。

糖質制限を取り入れたダイエット方法なら、1日3食の十分な食事を摂ることができますので、一定の生活リズムを保ちながら、健康的に痩せることが期待できそうです。

基礎代謝に必要なエネルギー量を摂ることが大切です

私たちの体は、安静にしているときにも呼吸や体温の調節など基礎代謝とよばれる活動を行っていますので、一定のエネルギーを必要としています。

基礎代謝量は、成人男性で1500キロカロリー、成人女性で1200キロカロリーとされ、これを大きく下回らないように食事からエネルギーを摂取するようにしましょう。

極端な食事制限によって、エネルギー量不足が続いてしまうと、疲れやすくなったり、ストレスを感じたりすることが多くなるようです。

また、体内には節約遺伝子とよばれる、飢餓状態に備えてエネルギーを貯め込みやすくするような働きもありますので、極端な食事制限が続くと、かえって痩せにくくなる場合があることも知られています。

また、食事制限で体重が減っても、脂肪だけでなく体の水分や筋肉が減っていることも多いといわれています。

筋肉量が減ると、代謝量も減ってしまいますので、これによっても痩せにくくなるといわれています。

必要なエネルギーは確保しつつ、食べ過ぎないようにすることで、健康的に痩せることが期待できます。

ライフスタイルに合わせて、運動を取り入れることも効果的といえるでしょう。

食欲を我慢しすぎることが、ストレスになる場合があります


食事制限中でも、ストレスなく、無理のない食事の摂り方をすることは理想的ですが、短期間でのダイエット効果を期待して、極端に食事量を減らす方もいるかもしれません。

ダイエットでは、摂取するカロリーを消費するカロリーよりも多くすることが基本ですので、それまでの食事量が多い方にとっては、常に空腹を感じることになり、それが、ストレスになる場合もあるかもしれません。

食欲を我慢し続けていると、エネルギー不足によって体が危機感を持つことや、精神面によるストレスが動機によって食欲をコントロールすることが難しくなり、暴飲暴食をしてしまうこともあるようです。

暴飲暴食によって体重が増えてしまうこともあるようですので、できれば避けたいものです。

健康状態を保ちながらダイエット効果が得られるように、バランスの取れた食事を摂ることが大切です。

食品のカロリー量も気になるところですが、食事の度にカロリー計算をするのは手間がかかりますので、食品の大まかなカロリー量を知っておくことも、ダイエットに役立つでしょう。

糖質制限によって、空腹感が軽減される可能性があります

一般的な食事制限では、食事の量や回数を減らしてカロリーを減らすことに意識が向いてしまいがちです。

空腹によるストレスを軽減して、暴飲暴食を防ぐためには、食事の量やカロリーの他に、食事の内容にも注目してみましょう。

例えば、糖質制限を取り入れてみるというのはいかがでしょうか。

ご飯やパンなどの糖質を多く含む食品を、低糖質の食品に置き換えるだけでよいので、1日3食を摂ることができますし、糖質の少ない肉や魚をしっかり食べることができます。

野菜やキノコなどの食物繊維を多く含む食品と組み合わせることで、食欲を我慢することなくすみ、また、面倒なカロリー計算も不要です。

糖質制限によって、体内でエネルギーとして使用される分の糖質が供給されず、足りなくなるので、体脂肪の燃焼が促進され、ダイエット効果が期待できます。

(まとめ)食事制限中に暴飲暴食しないためにはどうしたらよいですか?

1. 食事を我慢しすぎないように工夫し、暴飲暴食を防ぎましょう

食事制限でエネルギー不足が続くと、エネルギーを貯め込むようになり、痩せにくくなる場合があります。

体は、安静にしているときも基礎代謝を行っており、それを下回らない量のエネルギーを摂らなければなりません。

暴飲暴食の要因には、食欲を我慢しすぎることによるストレスもあるといわれており、毎日の活動に必要なエネルギーを摂るよう工夫しましょう。

2. 基礎代謝に必要なエネルギー量を摂ることが大切です

私たちの体は安静にしているときにも基礎代謝を行っていますので、これに必要なエネルギーを摂取することが大切です。

極端な食事制限でエネルギー不足が続くと、疲れやすくなったり、ストレスを感じたりし、さらに、体は飢餓状態に備えてエネルギーを貯めやすく働くため、かえって痩せにくくなるといわれています。

3. 食欲を我慢しすぎることが、ストレスになる場合があります

普段の食事量が多い方にとっては、食事制限で常に空腹を感じていることがストレスになり、暴飲暴食をしてしまうことがあるようです。

暴飲暴食によって体重が増えてしまわないように、バランスの取れた食事を摂るようにしましょう。

食品の種類とカロリーの大体の量を知っておくことも、ダイエットに役立ちます。

4. 糖質制限によって、空腹感が軽減される可能性があります

空腹によるストレスを軽減して暴飲暴食を防ぐために、糖質制限を取り入れれば、糖質を多く含む食品を低糖質の食品に置き換えるだけでよいので食欲を我慢することなくすみます。

糖質制限によって、体内でエネルギーとして使用される分の糖質が供給されず、足りなくなるので、体脂肪の燃焼が促進され、ダイエット効果が期待できます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る