食事制限中の忘年会に参加する際に気を付ける点は何ですか?

食事内容や食べ方を工夫してダイエット効果を維持しましょう


食事制限ダイエットは手軽に始められるため、痩せたいと思ったときにまず思い浮かぶ方も多いかもしれません。

食事制限ダイエットは、比較的短期間で結果を得られる場合も多いので、ダイエット効果を実感する方も多いのではないでしょうか。

ダイエットの効果が現れてきたときに、食事に誘われたら、どうしたらよいのでしょう。

特に、忘年会シーズンなどイベントが続く季節には、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。

目標とする体重や理想の体型になるまで、外食を我慢している方でも、勤務先の恒例行事などのため、ダイエット中であっても食事会に参加する機会はあるものです。

食事制限中に忘年会に参加するときは、食事の順番や、内容などに工夫して、痩せた分が元に戻らないようにすることが大切といえるでしょう。

特に忘年会の場合、冬場は、体の代謝も落ちていますし、体に脂肪をためやすい時期です。

また、忘年会がきっかけとなって、食事制限を中断してしまうなど、継続することが難しくなることもあるかもしれません。

食事制限中に忘年会に参加するなら、今までの食事制限の反動による食べ過ぎにも注意が必要です。

急激に食事量が増えてしまうと、リバウンドの原因にもなりますので、避けるようにしたいものです。

食事制限は効果が現れやすい分、元に戻りやすいものです

ダイエットの基本は、摂取するカロリーよりも消費するカロリーを多くすることですので、忘年会シーズンに体重が増えてしまう場合は、食べ過ぎが原因と考えられます。

体重を減らしたいと思ったときに、食事の回数を減らすだけ、または、単品の食品に置き換えるだけの食事制限ダイエットは、手軽な方法です。

食事制限を中断して、食べ過ぎてしまった場合、改めてまた同じ食事制限の壁にぶつかります。

つまり、再度、次のようなことを考えなければいけません。

食事制限は比較的短期間で体重を減らすことができる場合が多く、ダイエット効果を実感しやすいものですが、食事制限で体重は減っても、脂肪だけが減るのではなく、体の水分や筋肉が減ってしまう場合もあります。

筋肉が減ってしまうと、基礎代謝量が減ってエネルギーを消費しにくくなり、かえって痩せにくくなる場合もあります。

また、急激に体重が減った後、食事制限を中止するとリバウンドが起きることもあるようです。

忘年会の食事内容を工夫して、ダイエット効果を維持


イベントの多い年末年始ですが、冬場は、気温が低下することによって代謝量が落ちる傾向にあり、太りやすくなるといわれています。

また、忘年会などで外食をする機会も増え、食事制限で順調に減っていた体重が、元に戻ってしまう場合もあるかもしれません。

あるいは、過剰な食事制限をしているときに、忘年会がきっかけとなって食事を摂りすぎてしまい、リバウンドが起きることもあるかもしれません。

現代では様々な料理を提供するお店がありますから、敢えて積極的に幹事役を引き受けて、カロリーを過剰に摂取しないような料理店を選ぶのもよいですね。

また、食事の始めには野菜を多く食べるようにするなど、食べ方を工夫することでも、維持効果が期待できるようです。

さらに、アルコールや甘いものを摂りすぎないようにする、遅くまで飲食をしないようにするなど、楽しく会食しながらダイエット効果を維持できるように意識してみましょう。

食事を我慢しすぎないためには、糖質制限も一つの方法です

忘年会に参加しても、食事制限中だからと食べられる料理だけをいただくことや、会食の席で自分だけ食事を摂らないということについては、難しいところがありそうです。

会食の席で食事を楽しみたいという場合には、カロリーだけではなく食事の内容に注目してみるのはどうでしょうか。

忘年会の場でも、ご飯やパンなど糖質を多く含む食品を、低糖質の食品に置き換える糖質制限を取り入れることで、カロリーはあまり気にせずにダイエット効果が期待できます。

肉や魚には、糖質が少ないので、メイン料理を食べることができ満足感も大きいのではないでしょうか。

また、ビールや日本酒、カクテルなども糖質が多く含まれていますので、飲みすぎないようにしましょう。

食後のデザートや締めのラーメンなどは、糖質を多く含みますので、避けた方がよいでしょう。

(まとめ)食事制限中の忘年会に参加する際に気を付ける点は何ですか?

1. 食事内容や食べ方を工夫してダイエット効果を維持しましょう

食事制限ダイエット中に忘年会シーズンに入ってしまったら、食事の内容や順番などを工夫して、痩せた分が元に戻らないようにすることが大切です。

忘年会がきっかけとなって、食事制限を中断したり、それまでの食事制限の反動で食べ過ぎてしまったりして、食事制限を再開することが難しくなるかもしれません。

2. 食事制限は効果が現れやすい分、元に戻りやすいものです

食事制限は比較的短期間で体重を減らすことができる場合が多く、ダイエット効果を実感しやすいものですが、脂肪だけでなく筋肉が減ってしまう場合や、さらに、基礎代謝量が減ってかえって痩せにくくなる場合もあります。

また、急激に体重が減った後で食事制限を中止すると、リバウンドが起きることもあるようです。

3. 忘年会の食事内容を工夫して、ダイエット効果を維持

忘年会などで外食をする機会が増えると、体重が多少増えたり、元にまで戻ってしまったりする場合があるかもしれません。

忘年会がきっかけとなって、リバウンドが起きる可能性もあります。

料理選びや食べる順番などを工夫することでもダイエット維持効果が期待できるようです。

4. 食事を我慢しすぎないためには、糖質制限も一つの方法です

会食の席で食事を楽しみたいという場合には、食事の内容に注目しましょう。

糖質を多く含む食品を、低糖質の食品に置き換える糖質制限を取り入れると、糖質の少ない肉や魚も食べることができ、満足感も大きいでしょう。

酒、デザート、ラーメンなどは避けましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る