食事制限によって弊害が起こることはありますか?

過剰な食事制限で便秘や貧血などが起こることがあります


食事の回数を減らす、あるいは単品の食品を摂るといったことをする食事制限は、手軽に始めることができるものです。

また、比較的短期間で体重の減少効果が見られる場合があるため、ダイエットといえば、まず、食事制限から始める方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、摂取するカロリーを過剰に減らしてしまうと、日常の活動において必要な栄養素が摂れなくなり、かえって健康を阻害してしまうこともあるようです。

また、食事制限によって脂肪だけが減るのではなく、水分や筋肉も減ってしまうことも多くありますので、肌荒れや便秘を引き起こしたり、基礎代謝量が減って痩せにくくなったりすることもあるようです。

エネルギーが極端に不足することで疲れやすくなる、食欲を我慢することによるストレス、食事制限をやめた後のリバウンドなど、食事制限には様々な弊害が起こる可能性もあると考えられています。

1日3食、必要な栄養素は摂りながらダイエットをすることは難しいように思われますが、摂取するカロリーの量だけではなく、食事の内容に注目してみましょう。

炭水化物を多く含む食品を控える糖質制限ダイエットでは、タンパク質や食物繊維など不足しがちな栄養素を摂りながら、ダイエット効果が期待できます。

極端な食事制限で必要な栄養素が摂れない場合があるようです

ダイエット目的の食事制限では、短期間で結果を出すことを意識するあまり、カロリーを過剰に抑制することがあるかもしれません。

期間を決めて、いつまでに何キロ痩せるなどの目標を立てる方もいるのではないでしょうか。

理想とする体重の目標や期間を決めることがよい場合は多々あると考えられますが、過剰な食事制限を急激に行うことは、健康面で望ましいとはいえないでしょう。

食事制限では、食事の回数を1日2食に減らして、1日の全体のカロリー摂取量を減らす場合や、食事を単品の食品に置き換えて同じ食品を摂り続ける場合などが多いようです。

食事の量が極端に少なくなると、1日の活動に必要なエネルギーに対して食事から摂取できるエネルギーが、極端に不足することがあります。

また、カロリー量だけに注目する食事では、カロリーの高い肉や魚といったタンパク質を多く含む食品を敬遠しがちになるなどの理由で、体にとって必要な栄養素が不足する場合があると考えられます。

食事制限では、栄養不足による健康阻害に注意しましょう


食事制限で体重が減ると、脂肪だけが減るのではなく、体の水分や筋肉が減っている場合も多いようです。

水分が不足することで、肌が乾燥しやすく、あるいは便秘を引き起こしやすくなることがあります。

また、厚生労働省によると、1日の基礎代謝量は成人男性で約1500キロカロリー、成人女性で約1200キロカロリーとされていますので、必要なエネルギー量は摂るようにすることが大切といえます。

1日のエネルギー摂取量が極端に少なくなると、疲労感が増すこともありますし、食欲を我慢し続けることがストレスになってしまうこともあるようです。

食物繊維不足による便秘や、鉄分不足による貧血などが引き起こされる可能性もあります。

そして、食事制限で痩せた後にリバウンドしてしまうこともありますが、短期間のうちに、体重の増減を繰り返すことも健康上好ましいとはいえないでしょう。

糖質制限を取り入れ、必要な栄養素が摂れるようにしましょう

1日に必要な栄養素をきちんと摂りながら、健康的に体重を減らしていくためには、食事によるカロリーの摂取量だけではなく、食事の内容に注目してみるのもよいでしょう。

ご飯やパンなどには糖質が多く含まれていますが、このような食品を、低糖質の食品に置き換える糖質制限を取り入れてみるのも一つの方法といえるでしょう。

糖質は体内でエネルギー源として使用されますが、不足すると蓄積されていた体脂肪が燃焼されてエネルギー源として使用されるため、ダイエット効果が期待できます。

タンパク質や食物繊維を多く含む食品を中心とした献立にすることで、1日3食たっぷりと食べることができる上、面倒なカロリー計算も必要なく、ダイエット効果が期待できます。

(まとめ)食事制限によって弊害が起こることはありますか?

1. 過剰な食事制限で便秘や貧血などが起こることがあります

食事制限は、比較的短期間で体重の減少効果が見られる場合があるため、手軽に始める方も多いかもしれませんが、摂取するカロリーを過剰に減らしてしまうと必要な栄養素が摂れなくなり、健康を阻害してしまうこともあるようです。

食事制限では脂肪の他に水分や筋肉が減ることも多く、肌荒れや便秘を引き起こしたり、基礎代謝量が減って痩せにくくなったりすることもあるようです。

2. 極端な食事制限で必要な栄養素が摂れない場合があるようです

食事制限では短期間でダイエットの結果を出すために、カロリーの摂取量を過剰に抑制することがあるかもしれませんが、健康面で望ましいとはいえないでしょう。

食事の量が極端に少なくなると、摂取するエネルギーが1日の活動に必要なエネルギーより極端に不足しがちになることがあります。

また、カロリーの高い肉や魚といったタンパク質を多く含む食品を敬遠することによって、体にとって必要な栄養素が不足する場合があると考えられます。

3. 食事制限では、栄養不足による健康阻害に注意しましょう

食事制限で体重が減ると、体の水分や筋肉が減る場合も少なくないようです。

食物繊維不足による便秘や、鉄分不足による貧血などが引き起こされる可能性もあります。

また、1日のエネルギー摂取量が少なくなることで疲労感が増し、食欲を我慢し続けることがストレスになることもあるようです。

そして、短期間のうちに、体重の増減を繰り返すようなリバウンドも健康上好ましいとはいえないでしょう。

4. 糖質制限を取り入れ、必要な栄養素が摂れるようにしましょう

必要な栄養素を摂りながら痩せるために、ご飯やパンなど糖質を多く含む食品を、低糖質の食品に置き換える糖質制限を取り入れるのも一つの方法といえるでしょう。

糖質が体内で不足すると、蓄積された体脂肪が燃焼されてエネルギー源となるため、ダイエット効果が期待できます。

タンパク質や食物繊維を多く含む食品を中心に1日3食をたっぷりと食べることができ、面倒なカロリー計算も必要ありません。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る