食事制限で部分痩せはできるのですか?

食事制限に運動を組み合わせることで効果が期待できます


食事制限によって摂取するカロリーを減らし、消費するカロリーが上回るようにすると、比較的短期間で体重を減らすことができると考えられています。

体重が減っても、その内訳は脂肪だけではなく、水分や筋肉ということもあるようですので、食事制限をどのように行うかによって、得られる結果も様々と考えられます。

ダイエット目的の食事制限の場合は、体重が減ることだけでなく、体型も気になるところではないでしょうか。

理想とする体型は人それぞれですが、メリハリのある体型を目指したい方は、食事制限と併せて痩せたい部分を引き締めるような運動を継続的に行うとよいでしょう。

運動をするための筋肉を落とさないようにすることが大切ですので、食事制限中も栄養のバランスが偏らないような食生活を送るようにしましょう。

また、糖質を多く含む食品を制限することでも、体脂肪の燃焼を促進させ、ダイエット効果が期待できます。

一般的に食事制限のみでの部分痩せは期待しにくいようです

ダイエットの基本は、食事によるカロリーの摂取量を減らして、消費量がそれを上回るようにすることです。

食事制限ダイエットには、食事の回数を減らすことや単品の食品のみをとる方法が多いため、手軽に行うことができ、比較的短期間で体重の減少効果が期待できると考えられています。

しかしながら、体重を減らすことに成功したとしても、その内訳は脂肪だけとは限らないようです。

体の水分や筋肉が減っていることもありますので、食事制限では痩せたい部分だけを集中的に痩せる「部分痩せ」は、一般的には難しいとされています。

ダイエットの目標や理想の体型には個人差がありますが、「部分痩せ」をして理想的な体型に近づけたいと考えるなら、体重を減らすことと併せて、痩せたい部分を引き締めるような運動を継続的に取り入れることが大切といえるでしょう。

近年では、肥満だけではなく痩せすぎも問題視されています


近年、メタボリック症候群が問題視されている一方で、特に若い女性に多くみられる「痩せすぎ」もまた、問題となっています。

厚生労働省の調査結果によると、20~30代の男女とも、肥満度を示すBMI値からみて70%が普通体型であるにもかかわらず、体重を改善したいとする人の割合が高いとされています。

しかし、体重を減らして痩せることが、自分自身にとっての理想的な体型につながらない場合もあるのではないでしょうか。

また、健康的に痩せることを考えたとき、食事制限で栄養バランスの偏った食事をとり続けることも避けたいものです。

農林水産省のホームページで、身長と体重から肥満・痩せのチェックをすることができますので、自分自身の適正な体重を知り、痩せる必要があるかどうかを見直してみることも大切です。

糖質制限と運動で、一部分を引き締める効果も期待できます

食事制限ダイエットでは、脂肪だけではなく筋肉も減ってしまうことがありますので、食事制限中も栄養バランスの取れた食事をとることが理想的です。

摂取カロリーだけでなく食事内容にも注目してみるとよいでしょう。

「部分痩せ」は運動で引き締めることで効果が期待できますが、運動を行うには筋肉が必要です。

低カロリーの食事を意識しすぎると、肉や魚といったタンパク質を多く含む食品の摂取量が減ってしまう場合があるようです。

タンパク質は、筋肉をつくるために必要な栄養素ですので、極端に減らさないように注意して、筋肉量を維持しましょう。

ご飯やパンといった糖質を多く含む食品を控え、タンパク質や食物繊維を多く含む食品をとるようにすることで、あまりカロリーを制限することなくダイエット効果が期待できます。

(まとめ)食事制限で部分痩せはできるのですか?

1. 食事制限に運動を組み合わせることで効果が期待できます

食事制限によって体重が減っても、脂肪だけではなく水分や筋肉も減ることがあるようです。

ダイエットでは、体重が減ることだけでなく、体型も気になるところです。

メリハリのある体型を目指したい方は、食事制限と併せて、痩せたい部分を引き締めるような運動を継続的に行うとよいでしょう。

体づくりのために、食事制限中も食事の栄養のバランスが偏らないようにしましょう。

2. 一般的に食事制限のみでの部分痩せは期待しにくいようです

食事制限ダイエットは手軽に行うことができ、比較的短期間で体重減少の効果が期待できると考えられます。

しかしながら、減った体重は脂肪だけとは限らないため、食事制限による「部分痩せ」は、一般的には難しいとされています。

体重を減らすことと合わせて、痩せたい部分を引き締めるような運動を継続的に取り入れることで、自分の理想とする体型に近づけることができると考えられます。

3. 近年では、肥満だけではなく痩せすぎも問題視されています

近年、メタボリック症候群が問題視されている一方で、特に若い女性に多くみられるのが「痩せすぎ」です。

痩せすぎも問題ですので、適正な体重を知って、痩せる必要があるかどうかを見直してみることも大切です。

健康的に痩せることを考えたときに、過剰な食事制限で栄養バランスの偏った食事をとり続けることは避けたいものです。

4. 糖質制限と運動で、一部分を引き締める効果も期待できます

「部分痩せ」は、運動で引き締めることで効果が期待できますが、運動を行うには筋肉が必要です。

低カロリーの食事を意識しすぎると、筋肉をつくるために必要なタンパク質を多く含む肉や魚といった食品の摂取量が減ってしまう場合があります。

カロリーだけでなく食事内容に注目し、糖質を多く含む食品を控えて、タンパク質や食物繊維を多く含む食品をとるようにすることでも、ダイエット効果が期待できます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る