食事制限をすると肌荒れになりますが改善方法はありますか?

改善するポイントはバランスのよい食事と規則正しい生活です


肌荒れとは、肌の調子が悪く、何らかのトラブルが起きている状態のことをいいます。

乾燥や、油脂分が多すぎるなどにより、キメが乱れ、赤み、カサカサ、吹き出物、かゆみなどを引き起こします。

食事制限をした場合に肌荒れになりやすいなら、過度な食事制限から栄養不足を引き起こし、腸内環境が乱れたり、血行不良になったりしている可能性があります。

腸内環境の悪化は、肌荒れを招くだけではなく、便秘や下痢などを引き起こす原因にもなります。

悪玉菌を増やさないためには、善玉菌を増やすことが最善の策です。

善玉菌になる乳酸菌やビフィズス菌などを積極的に摂取し、また、善玉菌のえさになる食物繊維もしっかり摂取しましょう。

血行不良は全身に栄養がいきわたらないため、肌荒れになりやすい状況です。

血行を促進するには、お風呂などにゆっくり浸かって全身を温めましょう。

血行が促進されるとターンオーバーが正常に機能します。

また、肌は睡眠中に作られることから、睡眠不足もよくありません。

食事内容の改善と、規則正しい生活で、肌荒れの改善が見込めるでしょう。

代謝をよくしてターンオーバーを正常にしましょう

人の体は、平均約28日で細胞が生まれ変わるといわれており、これら細胞が生まれ変わる周期は「ターンオーバー」と呼ばれています。

このターンオーバーが上手におこなわれないと、本来排出されるべきものがそこへ残ってしまい、シミやくすみなどの原因になることもあります。

ターンオーバーが正常におこなわれるようにするには、保湿が重要だそうです。

保湿をおこなうことで、古い角質が落ちやすくなり、新しい細胞に変わりやすくなります。

角質を落とす角質ケア製品などもあり、角質除去も簡単にできますが、過度におこなうのは皮膚を傷め付けることにもなりますので、あくまで適度な頻度での使用をしましょう。

ターンオーバーが正常におこなわれている場合は、キメが整い、肌に透明感があり、ワントーン明るい肌が保たれる傾向があります。

規則正しい生活や、食習慣も重要で、ほかに、睡眠は十分にとる、3食の食事をきちんととるなど基本の生活習慣が美肌への近道となります。

腸内環境の悪化も肌荒れの原因の一つです


肌荒れを起こしている場合、腸内環境が悪化していることも考えられます。

悪玉菌が増える原因として、偏った食生活、運動不足、乱れた生活習慣、ストレスなどが原因の一部と考えられます。

悪玉菌はたんぱく質や脂肪を栄養源としているので、高たんぱく、高脂質の食事を続けていると腸内の悪玉菌が優勢に動き、ますます腸内環境が悪化していくでしょう。

また、悪玉菌が増えてしまうと免疫力が低下するため、体調を崩すことが増えてしまうかもしれません。

善玉菌を優勢にするためには、善玉菌そのものになる乳酸菌やビフィズス菌を摂り、善玉菌の栄養になる食物繊維なども積極的に摂り、食物の栄養をしっかり吸収できるようになることが大切です。

乳酸菌やビフィズス菌は、腸内を酸性にする働きもあります。

善玉菌を増やしていくには、ストレスをためずゆったりとした気分で、ダイエット期間を楽しむ気持ちも必要になるでしょう。

栄養バランスがとれている食事を意識しましょう

ターンオーバーを正常にしたり、腸内環境をよくしたりするには食事はとても重要です。

実際、肌荒れにはどのような栄養素をとるとよいのでしょうか?

一部紹介してみましょう。

〇ビタミンA(肉、魚、人参、ホウレンソウなど)

  • 皮膚の生成に重要でターンオーバーを正常な働きへと導く
  • 皮膚や粘膜の発育に関わる
  • 免疫力強化など

〇ビタミンB群(肉、魚介類、種子類など)

  • 皮膚や粘膜の健康維持
  • シミ、そばかすなどの抑制作用
  • ニキビ予防など

〇ビタミンC(ブロッコリー、レモン、アセロラなど)

  • 美肌作りに効果的
  • 肌のターンオーバーには欠かせない
  • 外的ストレスから守ってくれるなど

〇ビタミンE(油、種実類など)

  • 抗酸化作用
  • 老化防止作用があるため美容に効果的など

以上のように肌荒れに効くといわれる栄養素を考慮してメニューを組み立てていくと、食事制限をしながら肌荒れ予防ができるでしょう。

「これだけ食べればよい」のではなく、糖質、脂質、たんぱく質をバランスよく取り入れ、肌荒れに対抗できそうな食材も組み合わせて多種、摂取しましょう。

高たんぱく質、高脂肪であるだけの食事は続けないほうがよいですが、糖質制限食のように、自分に合った糖質量、たんぱく質量を考慮し、食物繊維やビタミン、ミネラルを盛り込んだメニューであるならば肌荒れから距離をおいて離れていくことができるでしょう。

偏りのない食事をストレスなくとることが理想的といえます。

(まとめ)食事制限をすると肌荒れになりますが改善方法はありますか?

1. 改善するポイントはバランスのよい食事と規則正しい生活です

食事制限を始めてから肌荒れになったという時は、栄養不足になっている可能性があります。

栄養不足から、腸内環境が悪化したり、血行不良により代謝が悪くなっていたり、といった原因が考えられます。

食事制限の内容や生活習慣を見直してみましょう。

2. 代謝をよくしてターンオーバーを正常にしましょう

人の皮膚のターンオーバーは28日といわれています。

ターンオーバーがうまくおこなわれないと、シミやくすみの原因になります。

きめ細やかでワントーン上の肌を目指したい場合は、生活習慣や食事制限の内容などを見直してみましょう。

3. 腸内環境の悪化も肌荒れの原因の一つです

肌荒れは、腸内環境とも関係しています。

食生活の乱れ、生活習慣の乱れ、ストレスなどが原因で、腸内環境も悪化していきます。

善玉菌を増やすためにも、乳酸菌やビフィズス菌などを摂り、気持ちに余裕のある生活を送りましょう。

4. 栄養バランスがとれている食事を意識しましょう

過度な食事制限をするのではなく、肌荒れに効く栄養素を普段の食事に取り入れ、食事は、糖質、脂質、たんぱく質をバランスよく盛り込んだメニューにしてみましょう。

なるべく、文字通り高たんぱく質・高脂質だけの食事は、続けるのを避けましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る