豆腐の食事制限ダイエットで痩せることはできますか?

豆腐のメリット、デメリットを知り、実行すれば痩せられます


豆腐は低カロリー&高たんぱく質の食材として、健康・美容・ダイエットによい食材として用いられます。

豆腐の食事制限ダイエット、つまり豆腐ダイエットをするときには、メリット、デメリットを知った上で効率的にとり入れるのがポイントになります。

豆腐ダイエットのメリットは、豆腐には、脂肪や糖質を燃焼させるための筋肉となる重要な栄養素・たんぱく質が多く含まれるのに、肉に比べ脂質が低いため、カロリーを抑えることもできるところです。

また、豆腐には、ダイエット中にどうしても不足しがちになるミネラルやビタミンも多く含まれているため、たんぱく質と同時にミネラルなどを摂取することができ、体脂肪の消費や新陳代謝を促進し、中性脂肪の蓄積を抑えてくれます。

この他にも、豆腐の原料である大豆にはオリゴ糖が多く含まれているため、善玉菌であるビフィズス菌が活発に働き、腸内環境がよくなります。

一方、豆腐には植物エストロゲンといわれる大豆イソフラボンが多く含まれ、過剰摂取は、女性ホルモンのバランスを崩してしまう恐れがあります。

豆腐は低カロリーだからといって、沢山食べてしまえば高カロリーになりますし、また、単調な豆腐の味に飽きてしまうと継続することが不可能になります。

このように、豆腐ダイエットにはメリットばかりではなく、デメリットも残念ながらあります。

こういったことをしっかり知った上で、豆腐を利用する食事制限ダイエットを正しく行いましょう。

豆腐は低カロリー、でも食べ過ぎは逆効果

豆腐は、「畑のお肉」といわれている大豆を原料としてつくられた、体によい食品です。

豆腐は低カロリーといわれますが、絹ごし豆腐1丁(300 g)= 168 kcalは、ご飯1杯(100 g)と同等のカロリーになり、木綿豆腐は1丁(300 g)に変更すると216 kcalになるため、ご飯1杯のカロリーよりも高くなります。

豆腐の種類や調理方法などにより高カロリーになるのはもちろんですが、食べ過ぎると、低カロリーではなく高カロリーになってしまい逆効果になり、なかなか思うような体重減少の結果を出すことができない場合があるのです。

また、豆腐の過剰摂取は、イソフラボンの過剰摂取になる恐れがあり、女性ホルモンのバランスを崩す可能性もありますので注意しましょう。

豆腐を食事制限ダイエットに使うなら適正量だけ摂取


ここでいう豆腐を用いた食事制限ダイエット(豆腐ダイエット)は、炭水化物が主な成分であるご飯を、たんぱく質が主な成分である豆腐に置き換えるダイエット方法です。

豆腐だけを食べ続けるものではありません。

豆腐ダイエットを行うポイントは、5つあります。

  1. 朝、昼、夜と3食のうち、1食を豆腐に置き換えるなら夕食を、
    2食を置き換えるなら昼食と夕食を、置き換えます。
  2. 豆腐だけ食べるのではなく、野菜を中心としたおかずをしっかりバランスよく摂取します。
  3. 豆腐の量を1度にとり過ぎると高カロリーになるため、とり過ぎないようにします。
  4. 豆腐が調理方法で高カロリーにならないようにします。
  5. 血糖値の上昇を抑え、太りにくい体をつくるという目的達成まで、継続ができるようにすすめます。

豆腐ダイエットをすることで、糖質カット&カロリーダウンができる上、良質なたんぱく質を摂取することができます。

このタイミングで適切な運動を行えば、基礎代謝が上がり、太りにくい体をつくることができます。

すると、体脂肪だけを落とし、脂肪を燃焼しやすくすることができるでしょう。

豆腐で食事制限ダイエットを行う方法は、糖質制限ダイエットに通じるところがあります。

豆腐ダイエットを継続するには豆腐の味に飽きないことが重要

手軽に食べることができる豆腐調理といえば、夏なら、鰹節やねぎを添えて醤油をかけた冷や奴、冬なら、昆布出汁で煮立たせた湯豆腐がヘルシーで定番です。

しかし、毎日、ご飯の置き換えとして食べるとなると、単調な味であるため飽きてしまうものでしょう。

豆腐ダイエットは、継続することが重要で、さらに、高カロリーにならない範囲で調味料を変えたり、煮物、焼き物、蒸し物などの範囲で調理方法を変えたりする工夫が必要になります。

炭水化物が主な成分であるご飯がどうしても食べたくなったら、焦らず、1日当たりの置き換えの回数を減らしたり、週当たりの置き換え回数を減らしたりしましょう。

できるだけ食事を楽しんで、無理なく継続できるような環境づくりが大切です。

継続することで、リバウンドを避けることもできます。

(まとめ)豆腐の食事制限ダイエットで痩せることはできますか?

1. 豆腐のメリット、デメリットを知り、実行すれば痩せられます

豆腐を用いた食事制限ダイエットで痩せるためには、ただ豆腐だけを闇雲に食べ続けても、痩せることはできません。

豆腐ダイエットのもつメリットとデメリットを把握して、正しく継続して行うことで痩せることが可能となります。

2. 豆腐は低カロリー、でも食べ過ぎは逆効果

豆腐は、「畑のお肉」といわれている大豆を原料としてつくられた、体によい食品です。

豆腐は低カロリーといわれますが、豆腐1丁はご飯1杯と同程度のカロリーです。

食べ過ぎると、高カロリーになってしまい逆効果です。

3. 豆腐を食事制限ダイエットに使うなら適正量だけ摂取

豆腐ダイエットは、炭水化物が主な成分であるご飯の換わりに、豆腐を主食とする置き換えダイエット方法を行うこととします。

バランスよく食事をするものであるため、糖質制限ダイエットに似たダイエット方法です。

4. 豆腐ダイエットを継続するには豆腐の味に飽きないことが重要

豆腐は単調な味であるため、途中で飽きてしまう場合もあります。

調味料や調理方法を工夫して、豆腐料理を楽しみながら続けるのがポイントです。

高カロリーにならない範囲で工夫し、継続することがリバウンドを避けることにつながります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る