一般的な食事制限を行うにあたって、注意点はありますか?

生命の源である食物を制限するため、注意点は多くあります


食事制限ダイエットをしようと思ったなら、相当の運動量がある方以外、何らかの食事の見直し、食物の質や量について調整が必要になります。

栄養がなければ人間は生きていけません。

そこを敢えて制限していく、食事制限を行うということは、ポイントを外せば痩せないどころか生命に危機をもたらすことになります。

健康に痩せるためにはある程度の範囲を持った正しさがあって、守るべき注意点が、まず三つあります。

第一の注意点は、「栄養のバランスをとる」ことです。

偏りなくとるためには、地上に生きるものの比率を意識するとよいでしょう。

青物野菜を多く、穀物、魚・肉・卵、海藻、きのこ、豆類もバランスよくとりましょう。

第二の注意点は、「食事の時間以外は、食べずに体を休ませる」ことです。

これはつまり間食をやめるということです。

どうしてもの場合はガムだけにしましょう。

ジュースは食事と一緒ならかまいませんが、これだけで摂取カロリーを上げてしまうのでできるだけやめましょう。

また、健康によいといわれるコーヒーですが、食事制限中には、体を壊す可能性があるので全く飲まないほうがよいでしょう。

第三の注意点は、「酒をやめる」ことです。

健康のための酒も存在しますが、酒は脂肪合成を加速させるといわれます。

食事制限期間が終わるまでは酒はやめましょう。

食事制限中は、一定期間だけ持続可能な食事のミニマムライフを目指しましょう。

間食への精神依存、砂糖依存をやめましょう

実験によれば、ラットで絶食と砂糖溶液を与えることを繰り返して砂糖依存性を誘導すると砂糖の「むちゃ食い」をするようになり、全ての中毒性薬物に共通な脳内ドパミン量増が認められたということです。

砂糖の多い、好きなおやつを間食にすれば、それは快楽の元になっていたかもしれません。

しかし、それを繰り返しているうちに、間食をとれば楽になる、楽になるためには間食をとらなければと、どこかで考えていなかったでしょうか。

それは摂食障害の一つ、砂糖依存かもしれません。

さらにいえば、間食に限らず私たちは食べたくもないのに「今、食べておかなければ」と食べることが多いかもしれません。

お腹が空いたために食べたくなって食べる、そういう正常な働きを体が行う状態をつくるため、間食をまずやめることが大切なのです。

噛みましょう


よく噛むこと、咀嚼することは本当に重要です。

一口ごとに50~100回噛むとよいといいます。

噛むだけで、生命に関わりのないある程度の食欲なら嘘のように半減します。

いろいろな痩身法を試した結果、よく噛むことが一番だったという人もいるほどです。

よく噛んでいると、食事の最後のほうでは顎が疲れて、肩がこるように顎がこったような状態になるかもしれません。

しかし、続けていると、痩せにくかった下顎から首まわりがすっきりします。

もちろん、よく噛めば、胃から消化が始まるのではなく、口から消化を始められますので、食物の栄養分を無駄に捨てることがなくなり、体に無駄な負担をかけることもなくなります。

自然の計画したとおりに体をつかうことが、最も体に負担をかけない方法なのです。

食欲は暴走します

ちょっとした気の緩みから食べてしまうことのほかに、だめだと分かっているのに、どうしようもなくて食べてしまうことがあります。

明確な期日のある目標がない食事制限では、食事制限はストレスです。

ストレスは、いつか、その防潮堤を越えることがあります。

そのストレス、つまり食事制限は、過食症(神経性大食症)や拒食症(神経性無食欲症)など摂食障害のきっかけになることもあります。

食欲が暴走するのです。

血糖値を上げないダイエットは、人から幸福感を奪います。

暴走した、この果てしない食欲を収めるためには、好きなように、心の思うとおりに、食べることができるダイエット法に舵を切るのがベストです。

「食事法」と「運動」を組み合わせる形の「糖質制限ダイエット」は、食べる私たちと食べられる動植物のあるべき最善の形をこの世の中につくり出す可能性を秘めたダイエット法でしょう。

体をつくるものを食べていく。

体を動かすことの高揚感・幸福感で精神が安定する。

何事も億劫でなくなる。

そして、足ることを知る。

単純な食事制限では得られない、康寧な人生の入り口に立つことができます。

(まとめ)一般的な食事制限を行うにあたって、注意点はありますか?

1. 生命の源である食物を制限するため、注意点は多くあります

健康に痩せるため、守るべき注意点がまず三つあります。

  1. 「栄養のバランスをとる」こと
  2. 「食事の時間以外は、食べずに体を休ませる」こと
  3. 「酒をやめる」こと

食事制限中は、一定期間だけ持続可能な食事のミニマムライフを目指しましょう。

2. 間食への精神依存、砂糖依存をやめましょう

好きなおやつを間食し、それを繰り返しているうちに、砂糖依存があったかもしれません。

お腹が空いたために食べたくなって食べる、そういう正常な働きを体が行う状態をつくるためにも、間食をまずやめることは大切です。

3. 噛みましょう

よく噛むことは重要で、一口ごとに50~100回噛むとよいといいます。

続けていれば、痩せにくかった下顎から首まわりがすっきりします。

よく噛めば、胃から消化が始まるのではなく、口から消化を始められますので、食物の栄養分を無駄に捨てることがなくなり、体に無駄な負担をかけることもなくなります。

4. 食欲は暴走します

明確な期日のある目標がない食事制限では、食事制限はストレスであり、過食症(神経性大食症)や拒食症(神経性無食欲症)など摂食障害のきっかけになることもあります。

血糖値を上げないダイエットは、人から幸福感を奪います。

暴走した食欲を収めるためには、好きなように、心の思うとおりに、食べることができるダイエット法に舵をとるのがベストです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る