食事制限は産後母乳に影響があるの?

食事制限は産後母乳に影響を与える恐れがあります


食事制限は食べる量を減らすことや、栄養バランスをコントロールすることでダイエット効果が期待できます。

産後は妊娠中に増えた体重やついた脂肪を落としたいため、食事制限を検討することもあるでしょう。

しかし、産後母乳育児を行う予定、行っているママの場合には、過剰な食事制限を行うことで母乳の出に影響を与える可能性があります。

産後母乳に悪影響を与えないためには、食事制限のやり方も含め、適切なダイエットを行うことが大切です。

食事制限で産後母乳の出が悪くなることがあります

食事制限を行うと、十分な栄養を摂取できなくなり、産後母乳の出が悪くなることがあります。

産後のママの体は、妊娠中に増えた体重や脂肪によって妊娠する前のボディラインとは違っていることが多いものです。

妊娠することで母体は太りやすくなりますし、ある程度の体重増加は推奨すらされています。

そのため、出産後のダイエットで頑張って痩せようと思うのです。

妊娠中の体重増加は7~8キロ程度であり、推奨体重増加量は12キロとなっています。

この中には胎児の体重なども含まれますが、自分の体重も増えています。

産後こそ、胎児に自分の体から栄養を与える必要がなくなったから体重を減らしたいと思いがちです。

ところが、産後母乳育児を行う場合には、妊娠中と同じようにママの体の中から赤ちゃんに栄養を分け与えることになります。

母乳はママの摂取した栄養から作られており、食事制限を行うとその栄養が少なくなる恐れがあります。

その影響で、産後母乳の出が悪くなったり、母乳が出なくなったりする可能性があるのです。

産後母乳を減らさないためには適度な食事制限に抑えることが大切です


産後母乳育児を行うママでも、ダイエットは気になります。

産後の半年は痩せやすいなどといわれることもあるため、速めにダイエットをスタートしたいものです。

しかし、その場合には、食事制限は産後母乳を減らさない程度に抑えて行うことが必要となります。

産後母乳育児を続けながら、食事制限によって体重を減らしていきたい場合には、目安として1ヶ月に1キロ程度の体重減に抑えるようにします。

1ヶ月に1キロのペースであれば、食事制限によって母乳の量が減るリスクを減らせるといわれています。

2キロ以上減っていく場合には、食事の量を増やすことも必要となるでしょう。

また、食事制限を行う場合には、食事の量だけでなくバランスにも注意をすることが大切です。

脂っこいものや甘いものを控えることは、ダイエットにも良い効果が期待できますし、母乳の質をよくする効果も期待できます。

栄養バランスに注意をして、野菜や果物、豆類やイモ類、肉魚など、さまざまな食品から栄養を得ることを目指しましょう。

産後母乳を減らさないで体重を落とすには食事制限以外も大切です

産後母乳を減らさないようにしながらダイエットを行うには、食事制限以外のダイエット方法にも目を向けましょう。

食事制限にこだわらずにダイエットを行うことで、産後母乳の出を維持しながら健康的に体重を落とすことができるといえます。

産後のママのダイエットとしては、体重を減らすだけでなく体の引き締めに役立つことも必要です。

食事制限以外でやっておきたいのは、エクササイズです。

適度な運動は妊娠中から、また妊娠していない時でもダイエットのためには大切なものです。

糖質制限ダイエットでも運動を取り入れることで痩せやすくしています。

ただし、産後の運動としてはリラックスして快適にできる有酸素運動や妊娠による骨格を戻す骨盤運動などを取り入れます。

特に骨盤運動は、妊娠中に開いた骨盤を戻し、脂肪をつきにくくするために効果的です。

運動を行う際には、医師からの許可をもらい、無理のない範囲で行います。

また、最近では妊娠中から適切な運動を取り入れていると産後も痩せやすくなるという説もあります。

(まとめ)食事制限は産後母乳に影響があるの?

1.食事制限は産後母乳に影響を与える恐れがあります

食事制限は産後母乳育児をするママに悪影響を与える可能性があります。

過剰な食事制限を行うことで、母乳の出が悪くなる場合もあるため、適切な方法で行うことが大切です。

2.食事制限で産後母乳の出が悪くなることがあります

食事制限を行うと、ママの体に入る栄養分が少なくなり、産後母乳の出が悪くなる恐れがあります。

妊娠中には体重が増えるため、出産後にダイエットをしたくなりますが、食事制限を行うと食事から栄養が十分に摂取できなくなるのです。

3.産後母乳を減らさないためには適度な食事制限に抑えることが大切です

体重を落としたい場合には、産後母乳の量を減らさないように食事制限を行うことが大切です。

体重の減りが大きくなり過ぎないように、必要な栄養をバランスよく食事から摂取するようにします。

4.産後母乳を減らさないで体重を落とすには食事制限以外も大切です

産後母乳を減らさずにダイエット効果を出したい場合には、食事制限以外にエクササイズを取り入れることも大切です。

母乳も維持できますし、妊娠中に開いた骨盤を戻す運動などで脂肪がつきにくくすることも期待できます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る