食事制限で喉が渇くのはなぜ?

食事制限ダイエットで喉が渇くのは水分が自然に減ったためといえます


食事制限を行っていると、どうしても自然と食べるものから得られる水分量が減ってしまいます。

特に炭水化物を控えることで、水分の摂取量が減ってしまうことが多くなります。

そのため、糖質制限ダイエットなどを行っていて、主食である炭水化物を減らしている場合にも喉が渇くことが多いものです。

喉の渇きを解消するためには、適度な水分を補うことも必要ですが、不必要なほどの水分補給は悪影響となり、ダイエットの妨げになる恐れがあります。

食事制限では炭水化物からの水分摂取量が減って喉が渇くことが増えやすくなります

食事制限のダイエットや糖質制限では、主食系のご飯など炭水化物の食べ物を減らすことで食事のコントロールを行うことがあります。

主食となる炭水化物の食べ物の中には、水分が多く含まれているため、ダイエット目的で主食を減らしてしまうと、自然に水分の量まで減ってしまうことになります。

摂取する水分量が減ってしまうことで体内の水分量は減り、食事制限のダイエット中に喉が渇くということが起こりやすくなるのです。

糖質制限を行っている人は、最初のうちに体重の落ちを実感することがあります。

このケースでも、体重が落ちやすくなった原因は食事から摂取する水分量が減ったことに関係しているかも知れません。

いずれの場合にも、原因は水分不足なので、喉が渇いている場合には水分の摂取をすることになります。

また、ダイエットには運動が欠かせませんが、運動を行って汗をかいた時などもきちんと水分補給を行うことが大切です。

塩分やタンパク質の影響で喉が渇くこともあるといえます


食事制限のダイエットや糖質制限ダイエットで、主食となるご飯などの炭水化物を減らすことはよく行われている方法です。

主食となる食べ物は、糖質と食物繊維を含んでおり、噛むと甘みを感じるものですが、基本的には味が薄く、炊いたご飯など塩分を含まないものも多くなります。

しかし、食事制限などで炭水化物を減らすほか、過度な糖質制限でおかずばかりを食べるようになると、味付けの関係で塩分過多になる可能性が出てきます。

味の濃いおかず中心の生活になれば、塩分の摂取量が増えてしまい、ナトリウム濃度が濃くなったことが原因で喉が渇くこともあります。

また、炭水化物を減らし、水分量に比べてタンパク質の摂取量が増えることでも喉が渇くことがあります。

タンパク質の代謝にも水分は使われており、相対的に水分量が減ってしまえば、喉の渇きにつながる可能性もあるのです。

体内の水分量が減るだけでなく、水分を消費しやすい環境になることも、喉が渇く原因になります。

食事制限で喉が渇く場合には適切な水分補給が必要です

食事制限で喉が渇く場合には、必要に応じて適切な水分補給を行うことが必要です。

水分は体内に大切なものですが、反対に飲みすぎや一気飲みなどの飲み方も良くない影響を与えることがあります。

水分を補給する時には、小まめに分けてのみ過ぎないように量の調節も必要です。

基本的に、ダイエットでは食事制限の他に運動を行いますが、運動を行わずに水分を大量に摂取すると体が冷えて痩せにくい体になる恐れがあります。

水分量が増えすぎると、体内で水があまってむくみやすくなります。

水分が停滞している体は冷えやすく、体が冷えることで基礎代謝が悪化して痩せにくくなるのです。

また血行不良によって腎臓の機能も停滞して、老廃物もたまってしまう恐れがあります。

一般的にいわれる必要な水分量は1.5~2.0リットル程度となりますが、基本的には普通の生活の中で摂取できる範囲です。

もしも、食事制限で水分摂取量が減っていることや、運動で汗をかくことが多かったら、それに応じて増やすようにします。

だからといって、1日に意識的な水分補給で何リットルも飲むのはやりすぎです。

(まとめ)食事制限で喉が渇くのはなぜ?

1.食事制限ダイエットで喉が渇くのは水分が自然に減ったためといえます

食事制限ダイエットでは、食事の量の減少とともにそこに含まれている水分の摂取量も減ってしまい、喉が渇くことがあります。

喉が渇いた場合には、水分を補給しますが、取りすぎにも注意が必要です。

2.食事制限では炭水化物からの水分摂取量が減って喉が渇くことが増えやすくなります

食事制限ダイエットをしている場合や糖質制限で炭水化物を減らすコントロールをしている場合には、そこに含まれていた水分が摂取できなくなって喉が渇くことがあります。

主食系の食べ物である炭水化物には水分が多く含まれているため、減った分の水分補給も必要です。

3.塩分やタンパク質の影響で喉が渇くこともあるといえます

食事制限や糖質制限などで味の薄い主食を減らし、味の濃いおかずを食べることで、塩分が増えて喉が渇くこともあります。

また、タンパク質の代謝でも水分が使われているため、水分の消費量に摂取量が追いつかず、喉が渇いているのかも知れません。

4.食事制限で喉が渇く場合には適切な水分補給が必要です

食事制限をしていて喉が渇く場合には、適切な水分補給が必要です。

飲みすぎると体を冷やして悪影響となるため、小まめに不足した分だけを補給します。

普通に生活していても十分に水分は取れるので、何リットルも飲む必要はありません。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る