食事制限で痩せなくなったのはなぜですか?

体重の増減を繰り返すウエイトサイクリングかもしれません


ダイエットの基本は、摂取するカロリー量よりも消費するカロリー量を少なくすることですので、食事制限を行うことで比較的短期間で体重が減少することが多いようです。

一時的にダイエットに成功したとしても、その後リバウンドが起きてしまって元の体重に戻ることがあります。

そして再び食事制限を行って減量するといった体重の変化を繰り返しているうちに、食事制限に対して次第に体が反応しにくくなって痩せなくなることもあるようです。

また、短期間に体重の増減を繰り返すことはウエイトサイクリングとよばれ、健康上好ましくない現象と考えられています。

体重の変動が大きいほど、死亡率を高めたり、病気を引き起こす原因となったりすることが分かってきていますので、リバウンドを起こさないよう努力し、また、ライフスタイルに合った無理のないダイエットを行うことが大切です。

健康を損なうような過剰な食事制限をせずに体脂肪を減らすためには、糖質制限をしながら継続した運動を取り入れる方法もあります。

体重のリバウンドで体脂肪が増えることがあるようです

過剰な食事制限によって短期間で急激に体重が減った後に、減量前の体重に戻ったり、それ以上の体重になったりすることをリバウンドとよびます。

食事制限で体重が減ったときには、体脂肪だけではなく筋肉量も減っていることがあるようです。

運動をしない食事制限をしてリバウンドが起きてしまうと、筋肉量は減って体脂肪だけ増えるということが起きるようです。

筋肉量が減ると、基礎代謝量が減ってエネルギーを消費しにくくなり、痩せにくい体になります。

余ったエネルギーは体脂肪として蓄積されてしまいます。

こうして減量とリバウンドを繰り返しているうちに、どんどん痩せにくくなっていくと考えられています。

また、私たちの体は、基礎代謝量以下の食事が続くなど、極端に栄養不足になると、エネルギーを倹約する仕組みを備えていることも知られていて、それが、脂肪の蓄積を進め、痩せにくい体にする原因ともいわれています。

ウエイトサイクリング現象は健康を損なうかもしれません


食事制限のみで体重を急激に減少させるダイエット方法は、一時的には効果が得られることが多いようですが、痩せた後も体重を維持していくことは難しいかもしれません。

短期間で減量とリバウンドを繰り返すような急激な体重の増減は、ウエイトサイクリング(現象)とよばれ、さまざまな病気を引き起こす原因となることが分かってきました。

体重の変動が大きいほど、死亡率を高め、特に男性では、冠動脈疾患による死亡率が高くなることが分かっています。

また、糖尿病を発症する引き金となることも知られています。

無理をせずゆっくりと、体重の5~10%を減量するだけで、内臓脂肪を30%近く減らすことができるといわれています。

健康を維持するためにも、急激な体重の増減を伴うダイエット方法には注意が必要といえそうです。

糖質制限と運動により、無理のない減量効果が期待できます

健康的に痩せるためには体重を減らすだけでなく、体脂肪を減らすことが大切と考えられます。

食事で摂った糖質はエネルギーとして使用されますが、過剰に摂取した糖質は、中性脂肪として脂肪細胞に蓄えられます。

糖質の摂取量を減らすことで、体脂肪がエネルギーとして使用されて体脂肪が減るといわれています。

糖質制限では、主食など糖質の多い食品を低糖質の食品に置き換えるだけでよく、糖質の少ない食品はたっぷり食べることができます。

面倒なカロリー計算も必要なく、肉や魚などタンパク質を多く含む食品や、野菜や海藻、キノコなど食物繊維を多く含む食品を中心に1日3食、しっかり食べることができます。

栄養バランスが偏ることもないので、無理なく体脂肪を減らす効果が期待できるでしょう。

病気の方や治療薬を飲んでいる方は、医師の指導が必要な場合があります。

(まとめ)食事制限で痩せなくなったのはなぜですか?

1. 体重の増減を繰り返すウエイトサイクリングかもしれません

一時的にダイエットに成功したとしても、リバウンドで元の体重に戻ることがあります。

そして再び食事制限を行って減量するといった体重の変化を繰り返しているうちに、食事制限に対して次第に体が反応しにくくなって、痩せなくなることもあるようです。

短期間に体重の増減を繰り返すことはウエイトサイクリングとよばれ、健康上好ましくない現象と考えられています。

2. 体重のリバウンドで体脂肪が増えることがあるようです

体重が減って、運動をしないまま体脂肪だけではなく筋肉量も減り、体重が戻ると、筋肉量は減ったままで体脂肪だけが増えるということがあるようです。

筋肉量が減ると、基礎代謝量が減って大きなエネルギーを消費しにくくなりますので、減量とリバウンドを繰り返すうちに、痩せにくくなると考えられています。

また、極端に栄養不足になると脂肪の蓄積が進み、これが痩せにくい体になる原因ともいわれています。

3. ウエイトサイクリングは健康を損なうこともあるようです

短期間で減量とリバウンドを繰り返すウエイトサイクリングは、さまざまな病気を引き起こす原因となります。

体重の変動が大きいほど死亡率を高め、特に男性では、冠動脈疾患による死亡率が高くなることや、糖尿病を発症する引き金となることも分かっています。

体重の5~10%を減量するだけで内臓脂肪を30%近く減らすことができるといわれていますので、ゆっくりと体重を減らすダイエット方法は健康維持に効果的といえそうです。

4. 糖質制限と運動により、無理のない減量効果が期待できます

消費されずに余った糖質は中性脂肪として脂肪細胞に蓄えられますが、糖質の摂取量が減ると、体脂肪がエネルギーとして使用されます。

糖質の摂取量を控えることが脂肪の減少につながるといわれています。

糖質制限は、主食などの糖質の多い食品を低糖質の食品に置き換えるだけでよく、栄養バランスが偏らずに、無理なく、体脂肪を減らす効果が期待できると考えられています。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る