食事制限で痩せた後に気をつけるポイントは何ですか?

体重を維持するために食事内容に気を配りましょう


食事制限では、比較的短期間で手軽に体重を減らすことができる場合があるようですが、早く痩せた分、その後のリバウンドには注意が必要です。

ダイエットによる体重の減り方はさまざまで、体脂肪が減少することが望ましいですが、体の水分や筋肉が減ったことによって体重が減る場合もあるようです。

筋肉量が減ると、基礎代謝量が落ちて痩せにくい体になるためにリバウンドが起こりやすくなるといわれています。

また、体は栄養素が不足すると、かえって栄養の吸収を高めようとするようにはたらきますので、エネルギーを蓄積しやすくなる傾向があるようです。

リバウンドを防いで体重を維持するためには、食事制限で痩せた後も食事の内容や量には注意する必要がありそうです。

筋肉量を維持しながらダイエット効果を期待するなら、食事に糖質制限をとり入れるという方法もあります。

あわせて運動を継続して行うことによっても筋肉量を維持することができ、リバウンドの防止に役立つと考えられます。

理想とする体型は人それぞれですが、ダイエットの目標や減った後の体重の維持については、自分のライフスタイルにあわせて無理のないように継続することが大切と考えられます。

痩せた後にリバウンドが起こる場合があります

極端な食事制限を行って痩せた後に、リバウンドが起こりやすいということは、よく知られているのではないでしょうか。

食事制限で痩せた分は、実は、体の水分や筋肉が減っていることが多いのです。

基礎代謝量が落ちてしまったために摂取したエネルギーを消費しきれず、蓄積してしまうことがリバウンドの原因と考えられているようです。

また、食事制限中の食事の内容によっては、必要な栄養素が十分とれていない場合があり、体は栄養の吸収を高めようとする方向にはたらいて、かえってエネルギーを蓄積しやすくなるともいわれています。

食事制限で痩せた後も、体重を維持していくためには、食生活にはよりいっそう気を配る必要がありそうです。

リバウンドを防ぐために、痩せた後もずっと極端な食事制限を続けていると健康を損なうようなことになるかもしれませんので、栄養バランスに配慮した食事をとっていくことがとても大切です。

リバウンドを防ぐためには太りにくい体にすることが大切です


食事制限によって目標まで体重が減って痩せた後はどうしていますか?

元の生活習慣に戻してしまうと、体重も元に戻り始めることが多く、むしろ、ダイエット後に食事制限が必要ともいえそうです。

痩せた後に、いかに体重を維持していくかがとても大切になるのですが、一体いつまで食事制限を続けていけばよいのか迷う方もいるかもしれません。

食欲を我慢することや、面倒なカロリー計算をずっと続けていくことがストレスになる場合もあるのではないでしょうか。

体重を維持していくことを理想とするなら、リバウンドを起こさないような、食事制限だけに頼らない体づくりをするのもよいでしょう。

ダイエットを続けながら筋肉量を維持する、または筋肉量を増やすようにすることで太りにくい体をつくることは、リバウンドを防ぎながら体重を維持するために効果的と考えられています。

筋肉量を減らさないように糖質制限をとり入れてみましょう

健康的に体重を減らすことを目的とするなら、食事制限のほか、糖質制限によるダイエット方法を試してみるのもよいかもしれません。

糖質制限は、食事中のごはんやパンといった糖質を多く含む主食を、低糖質な食品に置き換えるだけの手軽な方法です。

私たちの体は、糖質をエネルギーとして使った後に体脂肪を燃焼させて使いますので、糖質を制限することで体脂肪の燃焼を促進させ、ダイエット効果が得られると考えられています。

糖質の量に注意すれば1日3食をとることができますし、あまりカロリーを気にせずに、肉や魚といった、筋肉をつくるタンパク質を多く含む食品を積極的にとることができるため、基礎代謝量を維持することができ、太りにくい体になることが期待できそうです。

糖質制限は、一部の病気の方や治療薬を飲んでいる方など、医師の指導が必要な方もあります。

(まとめ)食事制限で痩せた後に気をつけるポイントは何ですか?

1. 体重を維持するために食事内容に気を配りましょう

痩せた後に、リバウンドを防いで体重を維持するためには、食事制限を継続することが必要とも考えられます。

しかし、極端な食事制限を続けることは健康を損なうおそれもありますので、自分のライフスタイルにあわせて無理のないように継続することが大切です。

基礎代謝量を落とさないように筋肉量を維持しながらダイエット効果を期待するなら、食事に糖質制限をとり入れるという方法もあります。

2. 痩せた後にリバウンドが起こる場合があります

極端な食事制限で痩せた分は、体の水分や筋肉が減っていることが多いといわれます。

基礎代謝量が落ちてしまったために摂取したエネルギーを消費しきれず、蓄積してしまうことがリバウンドの原因と考えられます。

食事制限中の食事の内容によって、必要な栄養素が十分とれていない場合には、体は、栄養の吸収を高めようとするためエネルギーを蓄積しやすくなるともいわれています。

3. リバウンドを防ぐためには太りにくい体にすることが大切です

食事制限によって目標まで体重が減って痩せた後に、むしろ、食事制限が必要ともいえそうですが、食欲を我慢することがストレスになる場合もあるかもしれません。

ダイエットを続けながら、筋肉量を維持する、または増やすようにすることで太りにくい体をつくることは、リバウンドを防ぎながら体重を維持するために効果的と考えられます。

4. 筋肉量を減らさないように糖質制限をとり入れてみましょう

食事制限のほか、糖質制限によって健康的に体重を減らすことも期待できそうです。

糖質を多く含む主食を、低糖質な食品に置き換えるだけですので、1日3食をとることができ、あまりカロリーを気にせずに、栄養のバランスのとれた食事をとることができます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る