食事制限中の惣菜の賢い利用方法は?

糖質や脂肪分の少ない惣菜を組み合わせてみましょう


短期間で簡単に体重を落としたい、と思うときに、食事制限を行う方は多いのではないでしょうか。

食事制限を行うと、体重は落ちやすくなるようですが、カロリーの摂取量が少なすぎると疲れやすくなったり、空腹が続くことがストレスになってしまったりということが起こる場合もあるようです。

また、食事内容が偏ってしまうと必要な栄養素がとれなくなることもあるようですので、食事制限中もバランスのよい食事をとることが理想的といえるでしょう。

低カロリーで栄養のバランスがよい食事をとりたいけれど、調理するのが面倒、または時間がないという方は、惣菜を利用してみるのもよいですね。

惣菜は、デパ地下、スーパー、コンビニエンスストア、テイクアウトの専門店など、さまざまな場所で販売されていますので、いろいろな種類の食品を組み合わせてバランスのよい食事を揃えることができます。

惣菜売り場では、おにぎりや、サンドイッチ、揚げ物なども多く並んでいますが、味の濃いものや、脂肪分が多くカロリーが高いものはなるべく避けるようにするとよいでしょう。

また、おにぎりやパンのような糖質を多く含む食品を控えて、サラダなどもとり入れるようにしてみましょう。

バランスのよい食事にするために必要な栄養素を揃えましょう

食事では、体にとって必要な栄養をさまざまな食品から、過不足なくとるようにすることがとても大切です。

食事制限中は、カロリーの摂取量を抑えることを優先してしまうかもしれませんが、極端にカロリーの摂取量が抑えられてしまうと、健康を損なう恐れもあるので注意が必要です。

バランスのよい食事の第1歩は、「1日3食、主食、主菜、副菜を揃えた食事をとり、毎日、果物や乳製品もとること」といわれています。

とはいえ、実際にどのような食事にすればよいのか見当がつかない、または、迷ってしまうこともあるかもしれません。

そんなときには、厚生労働省から出された「食事バランスガイド」を参考にしてみましょう。

ガイドでは、必要な摂取量の目安がコマの中に表示されていますので、食品のバランスがわかりやすくなっています。

惣菜を利用していろいろな食品を組み合わせた食事がとれます


食事制限ダイエットは、食事を抜くだけの手軽に行えるダイエット方法と思われているかもしれませんが、食事制限中でも栄養のバランスが偏らないような食事をとることは、健康のためにもとても大切です。

市販の惣菜にはさまざまな食品がありますので、うまく利用して、手軽に栄養バランスのよい食事を揃えることができそうです。

惣菜を選ぶときには、主食、主菜、副菜で食材や調理方法が偏らないようにすることがポイントです。

例えば、主菜がコロッケのときに、副菜にはポテトサラダは選ばない、主菜の揚げ物に、マヨネーズを使ったサラダは添えないという工夫をしてみましょう。

最近では、ラベルに栄養成分が表示されていることもありますので、それらを目安にして、カロリーだけでなく糖質や脂肪分を多く含む食品をとらないようにすることにも注意しましょう。

食事中の糖質を制限する方法もあります

カロリーの摂取量は抑えながら、栄養バランスのよい食事をとるためには、糖質を制限するという方法もあります。

食事を抜いて1日2食になってしまうと、食事と食事の間隔が長くなるために、栄養を吸収しやすくなり、かえって逆効果になる場合もあるようです。

糖質制限は、糖質を多く含む主食を低糖質な食品に置き換える方法ですので、食事を抜く必要はありません。

また、糖質を減らし、タンパク質や食物繊維をたっぷりとる食事内容ですので、1日3食をとることができ、空腹によるストレスを感じにくくなるかもしれません。

惣菜を利用する際にも、おにぎりやパンなどの糖質を多く含む食品を減らし、肉・魚、食物繊維を多く含む野菜や、きのこ、海藻類の副菜を多めに組み合わせることで、低糖質な食事を揃えることができそうです。

(まとめ)食事制限中の惣菜の賢い利用方法は?

1. 糖質や脂肪分の少ない惣菜を組み合わせてみましょう

食事制限中でも、栄養のバランスがとれた食事を手軽にとるために、惣菜を利用してみるのもよいでしょう。

味の濃いものや、脂肪分が多くカロリーが高いものをなるべく避けるようにし、おにぎりやパンだけといった糖質を多く含む食品ばかりに偏らないようにして、サラダなどもとり入れるようにしてみましょう。

2. バランスのよい食事にするために必要な栄養素を揃えましょう

食事では、体にとって必要な栄養をさまざまな食品から、過不足なくとるようにすることがとても大切です。

実際にどのような食事にすればよいのか見当がつかないというときには、厚生労働省による「食事バランスガイド」を参考にしてみましょう。

「食事バランスガイド」では、食品の必要な摂取量の目安がわかりやすく表示されています。

3. 惣菜を利用していろいろな食品を組み合わせた食事がとれます

市販の惣菜にはさまざまな食品がありますので、うまく利用して栄養バランスのよい食事を揃えましょう。

惣菜を選ぶときには、例えば、主菜がコロッケのときに副菜にはポテトサラダは選ばないなど、主食、主菜、副菜で食材や調理方法が偏らないようにすることがポイントです。

また、糖質や脂肪分を多く含む食品をとらないようにすることにも注意しましょう。

4. 食事中の糖質を制限する方法もあります

カロリーの摂取量は抑えながら、栄養バランスのよい食事をとるためには、糖質を制限するという方法もあります。

惣菜を利用する際にも、おにぎりやパンなどの糖質を多く含む食品を減らし、肉や魚、食物繊維を多く含む野菜や、きのこ、海藻類の副菜を多めに組み合わせることで、ダイエット効果が期待できそうです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る