食事制限をするとき、水はどのくらい飲むべきですか?

むくみは気にせず、できるだけ多く飲みましょう


水を飲むことには、さまざまな利点があります。

水ダイエットとは、水を意識して摂ることで、ジュース、コーヒー、紅茶、お茶、とくに加糖・添加されたような飲み物を「水」に換えることから始めるダイエットです。

水は、栄養価としてはカロリーがなく、量がなく質だけがある、私たちにとっては実体だけがあるだけともいえる物質で、ダイエット中こそ気持ちを向けたい飲み物です。

水ダイエットには、人が人らしい本来の姿に戻れるのではないかとさえ思えるようなメリットがあります。

まず、生命活動そのものである「代謝」が回復します。

血液も細胞も、ホルモンも神経も、水あってこそ活性化します。

便秘が解消できます。

水は、接着剤にも潤滑剤にも緩衝液にもなることができる不思議な物質です。

デトックス作用があります。

水がなければ尿に老廃物を溶かし込むこともできません。

冷え性を改善するといわれています。

これは代謝が改善するからで、体温が上がり冷え性が改善されれば、免疫力が高まり、健康になっていくことができます。

炭酸水という手もあります

食事制限が苦しくてたまらない状態のとき、炭酸水は大変な助けになります。

二酸化炭素が入ったふつうの水が、なぜ役に立つのでしょうか。

それは、やはりそのガスが満腹「感」を高めてくれるところにあります。

満腹感は幸福感であることはたしかです。

あまり食べないでいながら幸福な気持ちでいられる炭酸水は、砂糖などが入っていないものである限り、ダイエットの強い味方です。

食事制限中は、ビタミンやミネラルをとくに多く摂る必要があるため、炭酸水にレモン果汁を入れて常備しておけばビタミンCやマグネシウムなどの補給にもなり、さらに、満足感を高めます。

ただし、栄養分を入れれば胃腸は休めず、よく働いてしまいますので、レモン果汁を入れたものは食事時にしたほうがよいでしょう。

合間、合間に飲む炭酸水は、何も入れないカロリーゼロものをおすすめします。

むくみ対策に、簡単スクワットでふくらはぎを鍛えましょう


水を飲めば、重力により大なり小なり、むくむものです。

むくみを最小に抑えるためには、是非、スクワットをしてみてください。

食事制限中の運動は、基礎代謝が落ちることを防ぎますが、とくにスクワットは全身の血液の循環をよくし、気になるお腹や太ももがしっかり引き締まってゆくことが期待できます。

足やお尻にある大小さまざま筋肉がバランスよく増えて細見えするようになり、入ってくるエネルギーを余らせない仕組みができて、食事制限後もやせやすい体質になります。

続ければ、リバウンドとは無縁でいられます。

ふくらはぎは、第二の心臓といわれます。

ふくらはぎに筋肉がつけば心臓と血管の負担が減りますので、太っていて心臓に負担がかかっていた人も、少し喘息気味で心臓に負担がかかっていた人も、少しずつ健康になる可能性が高いです。

要介護高齢者でさえ、イスを利用したスクワットを3か月続け、膝がよくなった研究があります(「要介護高齢者における自体重を使ったスクワット運動の有効性と効果」)。

動きが少ない状態が続いて足腰が弱くなるロコモティブシンドローム(ロコモ、運動器症候群)を予防する「ロコトレ」には4つの運動があり、日本整形外科学会は、片脚立ち(1分間)、スクワット、ヒールレイズ(つま先立ち、かかと上げ下げ)、フロントランジ(大股で前に踏み出す)を推奨しています。

スクワットといってもいろいろありますが、食事制限中は、イスを立ったり座ったりを50回繰り返すスクワットをやってみましょう。

つま先は正面に向けるか30度くらい開き、足は肩幅程度に開きます。

イスから立ち上がるとき、膝がつま先と同じ方向を向くように気をつけ、いわゆるスクワットをやっているような本気の意識をもってやってみることがポイントです。

イスを立ったり座ったり、これを1日おきに1セット(50回)やってみるだけで効果があったということです。

水は生命の源です

水を飲まないと、生命活動が成り立ちません。

酵素や補酵素、各種ホルモンが、体の水分の中を移動して他の物質と交流し、協働することによって人体の一大工場が稼働しています。

血液は、水にさまざまな物質が混ざっているだけのものです。

水が不足すれば、体内の物質が動けなくなり、活動ができなくなってしまいます。

また、活動すれば老廃物が発生します。

老廃物は、浸透圧で静脈に流れるよう調整されていますが、体内に水分が不足し、さらに体内の物質が調整できていないなら、老廃物が体外に排出されなくなってしまいます。

水分が過剰にあれば、排出するよう手立てを講じればよいのですが、水分不足ばかりはどうしようもありません。

季節を通じて水分不足に体が陥らないよう、体内の環境問題にも意識を向ける必要があるでしょう。

水分を体外へと奪う作用のあるアルコール、体外へ誘導し利尿作用のあるお茶・紅茶類などはほどほどに、胃腸を休ませつつ体内へよく吸収させるよう、水だけを飲む習慣があるとよいでしょう。

とくに朝起きて、水を一杯飲むとよいといわれています。

一日中、水ばかりではつらい方も、朝だけ、など時間を決めて飲むことから始めてもよいかもしれません。

(まとめ)食事制限をするとき、水はどのくらい飲むべきですか?

1. むくみは気にせず、できるだけ多く飲みましょう

水を飲むことには、さまざまな利点があります。

生命活動そのものである「代謝」が回復し、便秘が解消され、デトックス作用が期待できます。

冷え性を改善するともいわれています。

代謝が改善されれば体温が上がり、冷え性が改善されれば免疫力が高まり、健康になっていくことができます。

2. 炭酸水という手もあります

食事制限が苦しくてたまらない状態のとき、炭酸水は大変な助けになります。

ガスが満腹「感」を高めてくれます。

あまり食べないでいながら幸福な気持ちでいられる炭酸水は、砂糖などが入っていないものである限り、ダイエットの強い味方です。

3. むくみ対策に、簡単スクワットでふくらはぎを鍛えましょう

水によるむくみを最小に抑えるためには、是非、スクワットをしてみてください。

スクワットは全身の血液の循環をよくし、気になるお腹や太ももがしっかり引き締まってゆくことが期待できます。

ふくらはぎに筋肉がつけば心臓と血管の負担が減りますので、少しずつ健康になるにちがいありません。

4. 水は生命の源です

酵素や補酵素、各種ホルモンは、体の水分の中を移動しています。

水が不足すれば体内の物質が動けなくなり、さらに、老廃物が体外に排出されなくなってしまいます。

季節を通じて水分不足に体が陥らないよう、体内の環境問題にも意識を向けましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る