食事制限や糖質制限は、体の臭いの原因ですか?

間違った食事制限や糖質制限は臭いの原因を生み出します


店頭には、デオドラント商品や抗菌グッズが数多く並び、現代人は清潔好きで、臭いに敏感です。

他人の臭いや、自分の体臭を気にしている方も多いのではないのでしょうか。

また、食事制限や糖質制限のダイエットに取り組む人の中には、「ダイエット臭」が気になるという方もいるかもしれません。

不快なイメージが強いのが体の臭いですが、実は、臭いは体からのサインです。

よくいわれているのが、糖尿病です。

糖尿病の疑いがある人には、甘酸っぱい臭いがします。

これは、糖尿病になると糖の分解がうまくできないためだといわれています。

このように、体臭や口臭には、病気が隠れていることがあります。

食事制限や糖質制限中の人も、もしも体臭が強くなったということがあれば、それは、今おこなっているダイエット方法が間違っているという「体からのサイン」かもしれません。

過度な食事制限や、運動なしのダイエットでは、人間の体は代謝がうまくできず、嫌な臭いの原因物質を生み出してしまうのです。

しかし、嫌な臭いを恐れる必要はありません。

自分の臭いを知っていけば、体調の変化に気付くことができ、適切に対応すればダイエット方法までよいものにできるかもしれません。

自分の生活を見直し、臭いを予防していきましょう。

いつもと違う臭いを感じたら、それは体からのサインです

臭いには、体臭、口臭、タバコやペットなどの生活臭、とたくさんの種類があります。

自分の体にかかわる体臭や口臭は、他人にはいえないデリケートな悩みです。

しかし本来、人は無臭ではなく、体臭があるものです。

そもそも、臭いの感覚には個人差があり、人種、性別、年齢によって異なります。

あまり神経質になる必要はありません。

それよりもむしろ、自分の臭いの「変化」に気付くことが大切です。

いつもと違う臭いがする、急に臭いが強くなったという場合は、病気の疑いがあります。

体臭や口臭は、健康状態と大きく関係しているのです。

臭いは目には見えませんが、体の中で何が起こっているのかを教えてくれる「体からのサイン」です。

むやみに臭いを恐れず、サインを見流さないようにしましょう。

(臭い別)疑われる体の症状

 

  • (甘酸っぱい臭い)   糖尿病の疑い、間違ったダイエット
  •  

  • (腐ったような臭い)  鼻、のど、口の中の病気の疑い
  •  (アンモニアの臭い)  腎機能の低下など

極端なダイエットは体臭や口臭が発生しやすくなります


食事制限や糖質制限などのダイエットを実践している方には、既に「ダイエット臭」という言葉をご存知の方も多いでしょう。

ダイエットをしたい気持ちがあっても、自分自身の臭いでまわりに嫌な思いをさせていないか、心配になるかもしれません。

実際、極端な食事制限や糖質制限をしている場合に、体臭や口臭を感じることがあります。

これは、代謝が円滑におこなわれず、嫌な臭いの原因物質をいくつか発生させてしまうからです。

たとえば極端な食事制限をすると、体のエネルギー源である炭水化物やタンパク質が不足しがちになります。

すると人は、体を守るために貯蓄していた中性脂肪を燃焼し、一部が脂肪酸という物質に変化します。

この脂肪酸が、嫌な臭いの原因物質で、これが汗と一緒に外へ出るなどして酸化して揮発することにより、汗臭さを強くしたような体臭や口臭が発生するのです。

臭くない体をつくるのは、運動とバランスのよい食事

では、体臭や口臭を予防しながら食事制限や糖質制限をするには、どうしたらよいのでしょうか。

それは、積極的に運動を取り入れることです。

しっかり体を動かして基礎代謝を上げ、代謝を正常に維持できれば、臭いの原因物質がつくられることはありません。

正しいダイエットができていれば、臭いは発生しないのです。

それから、食生活を見直してみましょう。

たとえば、糖質制限。

これは、肉を食べてもよいダイエット方法ですが、肉だけ食べるのはよくありません。

食事が偏ると体の不調が起こり、動物性脂肪の取り過ぎは、臭いの原因物質をつくります。

できるだけ多種類の食品を食べるように心掛けましょう。

それが、バランスのよい食事になります。

最後に、タバコ、過度の飲酒、ストレスも、体臭や口臭の大きな原因となります。

ダイエット中の人もそうでない人も、規則正しい生活を続けて、体臭や口臭を予防しましょう。

それはきっと健康的な体をつくることにつながります。

(まとめ)食事制限や糖質制限は、体の臭いの原因ですか?

1. 間違った食事制限や糖質制限は臭いの原因を生み出します

食事制限や糖質制限中の人で体臭が強くなったということがあれば、そのダイエット方法が間違っている可能性があります。

過度な食事制限や運動なしのダイエットでは代謝が悪くなり、臭いの原因物質を生み出します。

2. いつもと違う臭いを感じたら、それは体からのサインです

本来、人は無臭ではなく、体臭があるものなので、あまり神経質になる必要はありません。

しかし、自分の臭いの変化に気付くことが大切です。

いつもと違う臭いには、病気が隠れていることもあります。

3. 極端なダイエットは体臭や口臭が発生しやすくなります

極端な食事制限をおこなうと炭水化物やタンパク質が不足しがちになり、人は体を守るために、貯蓄していた中性脂肪を燃焼します。

このとき生まれる脂肪酸が原因物質で、体臭や口臭は、これが酸化して揮発することにより発生します。

4. 臭くない体をつくるのは、運動とバランスのよい食事

積極的に運動をしましょう。

体を動かして代謝が正常に維持できれば、臭いの原因物質をつくることはありません。

次に、できるだけ多くの種類の食品を食べ、バランスのよい食事をしましょう。

正しいダイエットをすれば、体臭や口臭はほとんど発生しません。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る