種類豊富なダイエット方法から食事制限を選ぶ理由とは?

食事制限をするのはエネルギー量をコントロールするためです


ちょっとお腹が空いて、アイスクリームやお菓子を食べてしまったという経験ありませんか。

まさに、日本は飽食の国です。

コンビニやスーパーに行けば、おにぎりやお菓子が並び、いつでもどこでも簡単に美味しい食べ物を手に入れることできます。

しかしその反面、人によっては食べ過ぎや栄養の偏りなどから、体に問題を抱えるケースも増えています。

たとえば肥満の場合、体の重さで膝の関節が圧迫され痛みが出たり、ちょっと走るだけでも息切れを起こしたりと、体への負担が大きくなります。

そのような場合は、食事制限をして摂取するエネルギー量をコントロールし、減量する必要があります。

他にも、ダイエット方法は数多くあります。

いわゆる炭水化物を控える糖質制限や、食べたものを記録するレコーディングダイエットなどです。

人は、体質がそれぞれ違うように、好むダイエット方法も人それぞれです。

どんなダイエット方法でも、心身ともに健康になることを目的としているものです。

痩せるためだけではなく健康になるために、自分に合ったダイエット方法を選びましょう。

情報に流されず、自分にあったダイエット方法を選択する

バナナダイエット、豆乳ダイエット、産後ダイエット、耳ツボダイエットなど、○○ダイエットというものが世の中にはあふれ、次々に新しいダイエット方法が生まれています。

では、なぜ、こんなにも多くのダイエット方法があるのでしょうか。

答えは簡単、ダイエットには「難民」が多いからです。

多くの人が、見た目の美しさやスリムな体型を目指して、さまざまなダイエットに挑戦し、失敗し、また別の方法に挑戦しているのです。

ダイエットは常に需要がある状態なので、メディアでもさまざまな方法を特集することが多いのです。

しかし、簡単に情報に流されてはいけません。

そもそも、すぐに効果が期待できるような万能ダイエットはありません。

また、○○だけを食べるような単品ダイエットは、食事の栄養バランスが崩れ、体調も悪くなるおそれがあるため、健康な方法とはいえません。

本来、ダイエットは、心身ともに健康になるために行うものです。

どんなダイエットでも、取り組む前には自分の体を知り、ダイエット方法をよく理解したうえで実践しましょう。

食事制限は、適度な運動と自分にあった食事メニューにする


食事制限とはバランスの良い食事を心掛け、過剰に摂取していたもの―たとえば、脂肪の多いお肉、インスタント食品、甘い飲み物やお菓子など―を控えるダイエット方法です。

食事制限をすすめるには、どのようにすればいいのでしょうか?

まずは、自分自身の「体」や「食事」の傾向を知ることが大切です。

体重をはかり、自分の適正体重を知りましょう。

そのうえで、自分にあった食生活の改善に取り組みます。

たとえば肉が好きで脂っこいものばかり食べてしまうという人は、脂肪分の多い食材を控えめにします。

また、昼間、食べ過ぎてしまったという人は、夕食のメニューを低カロリー食材に切り替えます。

ストレスが溜まらないように、健康的に毎日続けることが可能である食事メニューにします。

そして、消費エネルギーを減らさず、できるだけ増やすために、適度な運動が必要です。

運動は、筋肉を鍛えて血流をスムーズにするうえ、消費するエネルギーを増やしてダイエット効果も期待できます。

食事制限は、無理のない食事メニューで行い、運動を取り入れることが重要です。

極端な食事制限が引き起こす悪循環に注意!

     

  1. 極端な食事制限をする
  2.  体に必要な栄養が入らない
  3.  体が補うために筋肉が分解される
  4.  

  5. 筋肉量が落ちる
  6.  基礎代謝が落ちる
  7.  脂肪を燃焼しにくい体になる
  8.  脂肪をため込む

糖質制限は、脂肪を増やさないようにするしくみをつくります

近年トレンドの糖質制限とはどんなダイエット方法か、食事制限と比較してみましょう。

糖質制限とは、簡単にいうと、ごはん、パン、麺類などの炭水化物を控えるダイエット方法です。

炭水化物を食べると、血糖値が上がり、それを下げるためにインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは、体内の糖を脂肪に変え、ため込む働きがあります。

そこで、注目されたのが糖質制限です。

炭水化物を控え、インスリンの分泌を抑えて脂肪を増やさないというしくみをつくるのです。

しかし、糖質制限だけでダイエットできるとはいえません。

食事制限と同様、適度な運動やカロリー制限も一緒に行うことが必要です。

糖質制限のメリットとデメリット

 肉や魚なども食べることができるメリットもありますが、食事管理が難しい一面もあります。
メリット デメリット

  1. 短期間で結果が出やすい 1、ごはんやパンが好きな人にはストレスになる
  2. 肉、魚、蒸留酒など我慢しなくてもいい 2、栄養バランスが崩れるおそれがある
  3. 細かいカロリー計算がいらない 3、エネルギー不足になりやすい
  4. 自分の都合でダイエット計画を立てられる

(まとめ)種類豊富なダイエット方法から食事制限を選ぶ理由とは?

1. 食事制限をするのはエネルギー量をコントロールするためです

人の体質がそれぞれ違うように、ダイエット方法も人それぞれです。

食事制限は、体重増加で体の負担が大きくなったときに行うダイエット方法です。

具体的には、食事によって摂取するエネルギー量を小さくすることで減量を目指します。

2. 情報に流されず、自分にあったダイエット方法を選択する

ダイエット方法の種類は数多くありますが、どんなダイエット方法でも心身ともに健康になることを目的としています。

ダイエットに取り組む前に、自分の体を知り、そのダイエット法をよく理解したうえで、情報に流されず実践しましょう。

3. 食事制限は、適度な運動と自分にあった食事メニューにする

食事制限とは、バランスの良い食事を心掛けながら、過剰な分、たとえば脂肪の多いお肉などを控えるダイエット方法です。

まずは、自分の体重や食生活を見直し、食事メニューを改善していきます。

そして、消費エネルギーを減らさず、できるだけ増やすために、適度な運動が必要です。

4.糖質制限は、脂肪を増やさないようにするしくみをつくります

糖質制限は、炭水化物を控えることで脂肪を増やさないようなしくみをつくるダイエット方法です。

食事制限とは違い、肉なども食べることができますが、食事管理が難しい一面もあります。

自分にあったダイエットを選びましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る