食事制限を健康的に行うには?

健康的に食事制限をするには少しずつ長期間行い、我慢しすぎないことです


食事制限では食事を抜いたり、単品を食べ続けたりするために、長期間極端に行うと体調を崩しやすいため、少しずつの制限を長く続けることがポイントです。

また、空腹感とも戦うことになるため、我慢しすぎず、ストレス発散も行いながら続けていきましょう。

極端な食事制限は栄養素の不足や偏りが起こりやすくなります

ダイエットをする時に摂取カロリーの制限は必要ですが、たとえば短期間の絶食のように極端な食事制限をしてしまうと、体の活動に必要な栄養素も一緒にとれなくなることから、栄養の不足や偏りがおきてしまいます。

すると体は最低限生きていくのに必要な基礎代謝に使うエネルギーも足りないために、より省エネで生きていけるようカロリー消費を抑えて、少しのエネルギーでも活動できるように切り替えていくのです。

そのため、食べていないけれどなかなか痩せないという状態が起こりやすくなります。

カロリー以外の栄養素が不足することで、体内のあらゆる働きが抑えられ、だるさやめまい、貧血などの体調不良も起きやすくなってしまうでしょう。

極端な食事制限は、一見摂取カロリーが大幅に抑えられるために痩せやすいととらえがちですが、実は痩せにくい体をつくる場合が多く、ダイエットしづらくなることが多いのです。

食べ過ぎた翌日は一食抜くような、少しずつの食事制限が健康的です


食事制限をする時は、毎日同じように制限してしまうと体に負担をかける可能性が高くなるので、少しずつの食事制限が行いやすいでしょう。

その方法としては、前日食べ過ぎたので翌日一食抜いたり、遅い時間に食事をした時に次の日一食抜いたりするようなやり方にしてみましょう。

特に食べ過ぎではないのに1食抜くことを続けていると、空腹感に耐えることが多くなるため、ストレスがたまってしまうでしょう。

すると反動でドカ食いする危険性も出てくるので、我慢しすぎずに続けられる程度の、少しずつ行う食事制限が長続きするポイントです。

栄養素の偏りや不足を防ぐには、糖質制限を選ぶ方法もあります。

糖質の量を控えめにして、そのほかの栄養素はバランスよくとるというやり方のため、体調不良を予防しつつ空腹感によるストレスに耐え続けることも少なくして、ダイエットを続けていくことができます。

現在では糖質制限向けの低糖質メニューも充実しており、既に糖質を控えめにしてつくられたメニューになっていることから、好きな料理を選んで取り入れればよいという手軽に行える方法もあって便利です。

体を動かしてストレス解消をしながら健康的に続けていきましょう

食事制限を少しずつ行いながら適度な運動をすると、健康的に痩せやすく、また空腹感に襲われた時の気分転換やストレス解消法としても役立つはずです。

日頃運動する習慣のある人は、好きな方法で気持ちよく体を動かすと、筋肉づくりとストレス解消に役立つでしょう。

運動不足の人の場合は、まずはウォーキング1日7000歩程度や、会社などの階段昇降程度から始めてみてはいかがでしょうか。

好きなアーティストの音楽やDVD映像に合わせて一緒にダンスをする方法も楽しく続けられるはずです。

ただし、運動をする時に気を付けたいポイントはやりすぎないことです。

ふだん運動の習慣がない人が急に激しい運動をすると、筋肉痛に悩まされて運動したくなくなったり、場合によってはケガをしたりする恐れもあります。

その結果、筋肉の減少につながる可能性もあるため、あくまで適度な運動にとどめておきましょう。

(まとめ)食事制限を健康的に行うには?

1.健康的に食事制限をするには少しずつ長期間行い、我慢しすぎないことです

食べられる量を制限する食事制限では、極端な制限を長期間行うと体調を崩しやすくなるでしょう。

また空腹感とも戦わなくてはならないため、ストレス発散を行いながら続けていきましょう。

2.極端な食事制限は栄養素の不足や偏りが起こりやすくなります

極端な食事制限をすると栄養が不足し、体は少しのエネルギーで生きて行けるように切り替えます。

そのため、あまり食べていないけれど痩せない状態が続きやすくなります。

そして栄養不足からだるさ・めまい・貧血などの体調不良も起こる可能性があります。

3.食べ過ぎた翌日は一食抜くような、少しずつの食事制限が健康的です

食事制限の方法として、たとえば食べ過ぎた翌日は1食抜くような、無理のない方法が健康的です。

食べ過ぎてもいない時に食事制限を行うと、空腹感に耐えなくてはならず、ストレスがたまって反動でドカ食いする危険性もあります。

4.体を動かしてストレス解消をしながら健康的に続けていきましょう

食事制限をしつつ運動も行うと、空腹感に襲われた時のストレス解消に役立つほか、筋肉量を保ち健康的に痩せるために役に立つでしょう。

運動をする場合はあくまで適度な範囲にとどめ、自分の体に合った強度で無理なく行いましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る