食事制限中の空腹感をまぎらわすには?

食事制限中の空腹感は満足感とストレス解消で乗り越えましょう


食事制限中のツライ空腹感は、高タンパク低カロリーの食事で満足感を得たり、運動や趣味を楽しんでストレス解消したりすることで、上手に乗り越えましょう。

空腹感を無理に我慢していると、反動でリバウンドを招く可能性があるため、食べられないストレスをため込まないうちに発散しておくことが必要です。

食事制限をすると満腹感を得られにくいため空腹感に悩まされやすくなります

食事制限で食事を一食抜いたり、単品だけを食べていたりすると満腹感が得られにくいことから、空腹感と戦い続けることが多いでしょう。

さらに栄養バランスが偏りやすいため、体が不足した栄養素を補うためにもっと食べるよう促すことから、ツライ空腹感に襲われることにもなるのです。

食事制限は食べるものから取るカロリーの量を減らすことができるため、短期間での減量は比較的行いやすい方法ですが、長期間にわたって行うと栄養バランスに偏りが生じる可能性があることから、リバウンドの可能性も少なくありません。

そして、食べられない空腹感が続くとストレスがたまり、より強い空腹感に悩まされてしまうこともあるでしょう。

しかし、上手に食事制限を続けるには、この空腹感をどうにかまぎらわすことがポイントで、うまくコントロールできれば短期間で体重の減量が期待できるはずです。

高タンパク低カロリーの食品でフォローしましょう


摂取カロリーを減らすことも食事制限の目的ですが、たんぱく質のような、体を作るために必要な栄養素は減らさないようにしたいものです。

体が必要とする栄養素が不足すると、飢餓感からより食べたくなり、一度食べてしまうとリバウンドが起こる可能性も高くなるでしょう。

そこで、食事制限中に間食をするなら高タンパク低カロリーの食品がおすすめです。

高タンパク低カロリーの食品は、たとえば「あたりめ」があります。

あたりめはたんぱく質を多く含んでいますが、コンビニなどで販売されている小袋を1袋食べきったとしてもカロリーがとても低いことから、カロリーの取りすぎを気にせずに口にすることのできる食品です。

また、あたりめは硬さのある食品なので、少しずつよく噛んで食べる必要があります。

そのため、噛むことで満腹中枢が刺激されて、満足感を得やすくなるでしょう。

また、糖質制限の食事に一食置き換える方法でのダイエットをすると、満足感のあるメニューを食べることができるため、空腹感に悩まされにくくなります。

そして、糖質制限用につくられた食品を利用すれば、栄養バランスを保ちながらダイエットに取り組むことができるメリットもあります。

食事とは関係の薄いことでストレス解消しましょう

空腹を感じて食べ物のことばかり考えていると、さらにストレスがたまり、空腹を我慢することが大変になってきてしまうでしょう。

そのため食事制限中には、食事以外で適度にストレス発散していくことがおすすめです。

たとえば、体を動かすと血流がアップしてストレス解消になるほか、カロリー消費や筋肉の増強にも役立つので、メリットが多い方法になります。

近所を汗ばむ程度の強度でウォーキングしたり、好きな音楽を聴きながらジョギングしたり、またDVDを見て一緒にダンスをするといった、楽しめる方法を行ってみましょう。

ほかには、読書が好きなら小説やコミックなどに没頭したり、絵を描くなど作品作りにチャレンジしたり、図書館など食べることとは関係の薄い場所へ出かけて時間を過ごすことで気分転換をする方法もあります。

食事制限は短期間で行うことが望ましいですが、その短い間でも空腹に耐え続けることは大変だと感じることが多いでしょう。

そのため、日頃行っているストレス解消法があればさらに積極的に取り組んでみたり、そのほかの方法を加えてみたりしてみましょう。

(まとめ)食事制限中の空腹感をまぎらわすには?

1.食事制限中の空腹感は満足感とストレス解消で乗り越えましょう

食事制限をしていると空腹感に悩まされることが多いですが、高タンパク低カロリーの食事で満足感を得たり、運動などでストレス解消したりして、上手に乗り越えることが成功のカギになります。

2.食事制限をすると満腹感を得られにくいため空腹感に悩まされやすくなります

食事量を減らすような食事制限の場合、栄養バランスが偏りやすいことから強い空腹感にも襲われがちです。

空腹感のストレスに悩まされるとリバウンドの可能性も高くなるため、食事制限中のストレス発散も大切です。

3.高タンパク低カロリーの食品でフォローしましょう

食事制限中に空腹感をまぎらわすには高カロリー低たんぱくの食品を間食に使う方法があります。

たとえばあたりめは小袋を1つ食べきってしまってもカロリーは低いので、ダイエット中にはおすすめの食品です。

4.食事とは関係の薄いことでストレス解消しましょう

空腹感があると、ついそのことばかり考えてしまうため、よりストレスを感じやすくなるので食べること以外でのストレス発散がおすすめです。

たとえばウォーキング・ジョギング・ダンスといった運動や、読書など没頭できる内容のものに取り組んでみましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る