食事制限しながら筋トレや有酸素運動するといいの?

食事制限と筋トレ・有酸素運動を一緒に行うと効率良いダイエットが期待できます


食事制限だけでは脂肪のほかに筋肉が落ちやすくなりますが、筋トレや有酸素運動を一緒に行い、筋肉を強くしながら取り組むことで、体がしぼんでしまうことを防いでバランスよく痩せることが期待できます。

また、筋肉が増えると基礎代謝がアップし、消費エネルギーが増えるメリットなどもあります。

食事制限は脂肪を落としやすいですが体がしぼむ恐れがあります

単品だけ食べる、または夕食抜きのような食事制限は、短期間で体重を落としやすいものの、脂肪だけでなく筋肉も落としてしまうため、体がしぼんだようになりがちです。

その上、食事制限だけをしていて普段は運動をあまりしないという場合は、もともと筋肉が少ないため、胸のような落としたくない部分もしぼんでしまう可能性が高いでしょう。

体がしぼんだようになるときれいに痩せたという印象は難しくなるため、筋肉が適度についたハリのある体になることが理想的です。

また、食事制限は長期間行うと栄養バランスに偏りが出やすいため、短期間にとどめておくことがおすすめです。

食事制限をしている間も体の働きに必要な栄養素はきちんととるよう気を付けて、筋肉を鍛える筋トレや脂肪燃焼に役立つと言われる有酸素運動を行って、バランスよくダイエットするとよいでしょう。

食事制限と筋トレ・有酸素運動をバランスよく行いましょう


理想的なメリハリのある体を目指すには、食事制限と一緒に筋トレ・有酸素運動を行ってみましょう。

食事制限と有酸素運動で脂肪を落としつつ筋トレで筋肉を強くしていけば理想の体を目指せるはずです。

食事制限中も栄養バランスに気を付けましょう

食事制限中は栄養が不足する可能性もあることから、野菜をしっかりとり、体を作る元になるたんぱく質を含む食品も十分にとりましょう。

筋トレをして筋肉を強くする時にも野菜に含まれているビタミンとたんぱく質は必要になるため、不足しないように積極的にとることがポイントです。

筋トレと有酸素運動は別々に行いましょう

早く脂肪を落としたいからと言って有酸素運動ばかり行っていても、痩せにくいことがあります。

運動は筋トレと有酸素運動を別の日に行うことが必要です。

筋トレは痩せたい部分や脂肪のつきやすい部分を重点的に行っていくようにして、次第に体に筋肉がついていくと消費エネルギーもアップし、太りにくい体に変わっていくと期待できるでしょう。

有酸素運動は全身運動で気持ちよく体を動かせるものを選ぶと、食事制限のストレス発散にも役立ちます。

体に合った適度な内容を無理なく続けることが大切です

食事制限が苦手でストレスがたまってツライ、普段運動をしていないから体を動かすことが苦手などという場合は、無理のない内容に取り組むことで継続しやすくなるでしょう。

もし食事制限がどうしてもツライという場合には糖質制限に切り替える方法もあり、糖質制限向けに作られたメニューも登場しているので、食べられないストレスが軽減される期待を持てます。

それに糖質制限向けメニューは栄養バランスを考えてつくられたものが多く、不足しがちな栄養も上手に補うことができるでしょう。

それから運動が苦手な場合は、無理な筋トレの回数を目指すのではなく、まずバランスボールの上に腰掛けるような行いやすいものを選びましょう。

有酸素運動も強度の高い内容を選ぶより、自分が楽しく行えるような、好きな音楽に合わせて踊ったり、ウォーキングをしたりすることがおすすめです。

また食事制限をすると食べられないことでストレスも溜まりがちですが、体を動かすとストレス解消にも役立ちます。

(まとめ)食事制限しながら筋トレや有酸素運動するといいの?

1.食事制限と筋トレ・有酸素運動を一緒に行うと効率良いダイエットが期待できます

食事制限だけでは脂肪が落ちるだけでなく筋肉が衰えやすいため、筋トレや有酸素運動を一緒に行って筋肉を強化しましょう。

しぼんだ体になることを防ぎ、基礎代謝アップも期待できます。

2.食事制限は脂肪を落としやすいですが体がしぼむ恐れがあります

食事制限は短期間で体重を落としやすいメリットはありますが、筋肉まで落としてしまうため、体はしぼんだようになる可能性があります。

そのため、適度に筋肉をつける筋トレや有酸素運動を一緒に行うことがおすすめです。

3.食事制限と筋トレ・有酸素運動をバランスよく行いましょう

食事制限中でも野菜とたんぱく質を含んだ食品はしっかりととる必要があります。

それは、あわせて行う筋トレには筋肉をつくるためのビタミンとたんぱく質が欠かせないためです。

まず筋トレを行ってから有酸素運動を行うという順番もポイントになります。

4.体に合った適度な内容を無理なく続けることが大切です

食事制限が辛くてストレスがたまる場合は、糖質制限に切り替えて専用メニューを利用する方法もあります。

筋トレや有酸素運動も、まずは自分が取り組める程度の強度から始めることが、継続のためには必要です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る