食事制限ダイエットでは、どこから痩せるのですか?

お腹の内臓脂肪、体の皮下脂肪の順ですが、個人差があります


食事制限によって、摂取するカロリーよりも消費するカロリーを大きくすれば、体重を減らすことができると考えられます。

人によっては、体重は減っても痩せたいと思っている部分が痩せていなくて、理想の体型とは少し違うなと感じることがあるかもしれません。

ダイエットで痩せる順番は、肝臓→内臓脂肪→皮下脂肪といわれているようです。

ですから、ダイエットをはじめてすぐは、内臓脂肪が減っているので表からは効果が見えにくく、ダイエットを続けることによって皮下脂肪が減って体型が変わり、効果が感じられるようになるようです。

皮下脂肪は体全体についているため、痩せたい部分だけ痩せることができるとは考えにくいですし、元々の体型や生活環境によって痩せ方にも個人差があるでしょう。

より理想の体型に近づけるためには、食事制限と並行して、運動を取り入れて筋肉を鍛え、体の痩せたい部分を引き締めることが効果的といえるでしょう。

他にも、食事内容を見直し、糖質を控えてたんぱく質を多く摂るようにしてみましょう。

体脂肪を燃焼しやすくし、筋肉量を増やして基礎代謝を上げることでダイエット効果が期待できます。

肝臓脂肪→内臓脂肪→皮下脂肪の順に痩せるといわれています

過食や多量飲酒によって摂取するカロリーが過剰になると、余った分はグリコーゲンや中性脂肪として、肝臓、内臓、皮下脂肪に蓄えられることが知られています。

肝臓の細胞の30%以上に中性脂肪が蓄えられると脂肪肝と診断され、脂質異常を起こし、動脈硬化や糖尿病の原因になるといわれています。

運動などによるダイエットの結果、はじめに肝臓脂肪、続いて内臓脂肪、最後に皮下脂肪の順に減ることが確認されています。

皮下脂肪は、二の腕や足、お腹周りやおしりなど、痩せる順番では最後になるので、はじめはダイエット効果がなかなか現れないように見えるのですが、肝臓や内臓の脂肪が減ることは、健康面でメリットがあるといえるでしょう。

また、皮下脂肪は内臓を守る役割がありますので、痩せる順番はお腹周りから遠い順といわれているようです。

加えて皮下脂肪は体全体についていますので、痩せたい部分だけを痩せることは難しいかもしれません。

痩せたい部分を引き締めることが効果的といえます


食事制限によって目標とする体重まで減量することに加えて、痩せたい部分だけ痩せて、自分の目標とする体型に近づけたいと思う人も多いでしょう。

しかしながら、皮下脂肪は内臓脂肪に比べて、いったんついてしまうと減らしにくい傾向があり、痩せたい部分だけ痩せることは簡単ではないと考えられています。

目標とする体型に近づけるためには、適度な運動や筋力トレーニングを取り入れて、痩せたい部分を引き締めることが望ましいと考えられます。

余分な皮下脂肪を燃焼させるためには、負荷の比較的軽いジョギングやウォーキングなどの有酸素性運動が効果的といわれています。

有酸素性運動で皮下脂肪を減らし、痩せたい部分は筋力トレーニングなどによって引き締めることを並行して行うことで効果が期待できそうです。

脂肪を燃焼させるために筋肉を増やしましょう

痩せることだけを重要視した過剰な食事制限は、健康を損なう恐れがありますのでおすすめできません。

一日に必要な栄養素が不足しないように、バランスを考えた食事を摂ることは、健康的に痩せるためにとても大切です。

特に、たんぱく質不足になると筋肉が減って基礎代謝量が落ちますので、痩せにくい体になるといわれています。

肉や魚、大豆製品をしっかり摂ることや、食物繊維を多く含む野菜やキノコ類も摂るようにしましょう。

そして、糖質を制限することで、脂肪の代謝を促して燃焼させやすくすることも期待できます。

また、スクワットや腕立て伏せ、ダンベル体操など標的とする筋肉に抵抗をかけるレジスタンス運動は、筋力を向上させるために有効な方法です。

レジスタンス運動を無理のない範囲で継続的に行うことで筋肉を増やし、痩せたい部分を引き締める効果が期待できるといえます。

(まとめ)食事制限ダイエットでは、どこから痩せるのですか?

1. お腹の内臓脂肪、体の皮下脂肪の順ですが、個人差があります

ダイエットで痩せる順番は、肝臓→内臓脂肪→皮下脂肪といわれています。

はじめは内臓脂肪が減るため効果が見えにくく、ダイエットを続けて皮下脂肪が減ると効果が感じられるようです。

目標とする体型になるには、痩せたい部分を引き締めることも効果的です。

糖質を控えてたんぱく質を多く摂り、体脂肪を燃焼しやすくすることもダイエット効果が期待できます。

2. 肝臓脂肪→内臓脂肪→皮下脂肪の順に痩せるといわれています

過剰に摂取したカロリーはグリコーゲンや中性脂肪として、肝臓、内臓、皮下脂肪に蓄えられることが知られています。

運動などによるダイエットの結果、肝臓脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪の順に減ることが確認されています。

皮下脂肪は、お腹周りから遠い順に減るといわれていますが、皮下脂肪は体全体についていますので、部分的に痩せることは難しいかもしれません。

3. 痩せたい部分を引き締めることが効果的といえます

皮下脂肪は内臓脂肪に比べて、いったんつくと減らしにくい傾向があるようです。

適度な運動や筋力トレーニングで、痩せたい部分を引き締めることが望ましいでしょう。

ジョギングやウォーキングなどの有酸素性運動で皮下脂肪を燃焼させて減らし、痩せたい部分は筋力トレーニングなどによって引き締めることでダイエット効果が期待できそうです。

4. 脂肪を燃焼させるために筋肉を増やしましょう

過剰な食事制限は健康を損なう恐れがありますので、栄養バランスを考えた食事を摂るようにしましょう。

たんぱく質不足で筋肉が減ると基礎代謝量が落ち、痩せにくい体になるといわれています。

一方、糖質は、制限することで脂肪の燃焼が促進されます。

スクワットや腕立て伏せ、ダンベル体操などを継続的に行って筋肉を増やし、痩せたい部分を引き締めることもダイエット効果が期待できそうです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る