食事制限で脂肪だけを減らすことはできますか?

食事制限では、脂肪と一緒に筋肉も減る可能性があります


ダイエットの基本は、摂取するカロリーよりも消費するカロリーを大きくすることです。

食事制限ダイエットではカロリーの摂取を抑えて体重を減らすことが期待できます。

食事制限は、短期間で効果が出やすいようですが、しかし、食事を抜く習慣のある人のほうが体重が重い傾向があるといわれています。

また、食事制限で体重が減っても、脂肪だけでなく筋肉も減っていることがあるようです。

私たちの体は、糖質、そして脂肪、タンパク質をエネルギー源として使用していますので、エネルギーがたいへん不足すると体脂肪や筋肉中のタンパク質が分解・利用され、減少していきます。

筋肉が減少すると代謝量も減って、全身で消費するカロリーも減っていきますので、筋肉は減らさないようにすることが望ましいところです。

「食事制限」では、食事の量やカロリーだけではなく、糖質、脂質、タンパク質などの栄養素にも注目することが重要です。

また、エネルギー過剰で使用されなかった糖質は、最終的に脂肪として蓄積されることも知られています。

食事で摂取する糖質を制限して、脂肪の分解を促進し、また、筋肉をつくるタンパク質はきちんと摂って代謝量を落とさないようにすることで、ダイエット効果が得られると考えられます。

脂肪と筋肉のバランスにも注意しましょう

食事を抜く、単品のみを摂取するダイエット方法である「食事制限」は、手軽で始めやすいダイエット方法といえるでしょう。

また、摂取するカロリーを急激に減らすため短期間でダイエット効果が出やすいようです。

しかしながら、食事制限で体重を減らすことに成功しても、体脂肪だけが減少しているとは限らず、筋肉も一緒に減少している場合もあるようです。

また、最近、“隠れ肥満”が話題となっており、若い女性に多くみられるようです。

隠れ肥満というのは、肥満度(BMI)は標準であっても、筋肉や骨の量の割には、体脂肪が多い状態です。

体脂肪率が高い状態にあるので、体重や肥満度からは筋肉質なのか脂肪過多なのか区別することができません。

食事制限で摂取するカロリーが極端に低くなったり、栄養バランスが悪くならないように、毎日の食事ではいろいろな食品をバランスよく適量摂ることが大切です。

まず食事の摂り方によって脂肪の消費を促進します


私たちは、体内外のさまざまな活動のエネルギー源として糖質を使用しますが、糖質が不足すると脂肪やタンパク質からブドウ糖をつくり出し、エネルギー源とすることが知られています。

ですから、食事制限で脂肪を減らしたいと考えるなら、脂肪を消費するような食事の摂取方法を考えると良いかもしれません。

体を動かすためのエネルギー源の消費には優先順位があり、栄養素としては糖質→脂質→タンパク質となっています。

まずは糖質の摂取を減らすことが、脂肪の消費につながると考えられますので、食事に糖質制限を取り入れてみることでダイエット効果が期待できそうです。

また、タンパク質の摂取量を減らさないようにすることで、筋肉が減ることも抑えられると考えられそうです。

そして食事制限に適度な運動を取り入れましょう

カロリーの消費には、運動による消費と代謝による消費があります。

体重を減らすためには摂取カロリーより消費カロリーを大きくすることが不可欠ですが、運動だけで過剰に摂取したカロリーを消費することは難しいといえるでしょう。

食事制限によって摂取カロリーを抑えてそれに対する消費カロリーを大きくするということなら、比較的容易にできそうです。

ただし、ビタミン、ミネラルが不足しないようにくれぐれも気をつけましょう。

また、ウォーキングなどの有酸素運動を継続して行うことでダイエット効果が期待できることも知られていますので、食事制限に加えて、ライフスタイルや体調に合わせた運動を取り入れることは大切です。

そして、運動によって筋肉が増えて、基礎代謝量が増えれば、より太りにくい体になり、隠れ肥満を予防または解消するためにも効果的といえるでしょう。

(まとめ)食事制限で脂肪だけを減らすことはできますか?

1. 食事制限では、脂肪と一緒に筋肉も減る可能性があります

食事制限によって脂肪だけでなく筋肉も減っていることがあるようです。

これは、代謝等に必要なエネルギーが不足すると体脂肪や筋肉中のタンパク質を分解するためと考えられます。

食事制限をするときには、糖質の制限と運動で脂肪の分解を促進しつつ、筋肉をつくるタンパク質はきちんと摂って、健康的なダイエット効果を期待しましょう。

2. 脂肪と筋肉のバランスにも注意しましょう

食事制限で体重は減っても、体脂肪と一緒に筋肉も減る場合があるようです。

話題となっている “隠れ肥満”のように、肥満度(BMI)は標準であっても、筋肉や骨の量の割には脂肪が多く、体脂肪率が高い状態の人もいます。

体重や肥満度からは、筋肉質なのか、脂肪過多なのか、区別することができません。

3. まず食事の摂り方によって脂肪の消費を促進します

体内で糖質が不足すると、タンパク質や脂肪からブドウ糖をつくってエネルギー源とすることが知られています。

食事に糖質制限を取り入れることは脂肪の消費につながると考えられ、ダイエット効果が期待できそうです。

また、筋肉を減らさないためには、タンパク質をしっかり摂ることも大切です。

4. そして食事制限に適度な運動を取り入れましょう

食事制限と運動によって、摂取カロリーよりも消費カロリーを大きくすると、ダイエット効果が期待できると考えられます。

運動によって筋肉が増えて、基礎代謝量が増えれば、より太りにくい体になり、隠れ肥満を予防または解消することにもつながりそうです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る