野菜だけの食事制限で、痩せることはできますか?

野菜だけの食事制限は、痩せにくい体を作ってしまいます


食事制限に野菜だけを食べる方法をする人がいます。

一時的には体重が減少して痩せますが、急激なカロリーダウンになるため、体は防衛反応を起こし体重の変わらない停滞期が長く続き、痩せにくい体になってしまいます。

なぜ、野菜だけの食事制限をすると痩せにくい体を作ってしまうのでしょうか?

野菜だけを食べ続けると、体が冷えてしまい低体温状態になり臓器の働きが低下し、タンパク質の摂取が難しく足りなくなると筋肉量が減少し、結果的に基礎代謝が低下してしまい、消費カロリーが減少してしまうからです。

また、野菜だけ食事制限をした後、基礎代謝が低下しているため、通常量の食事をしても消費カロリーが低下するため、リバウンドしやすく、一度リバウンドをしてしまうと、痩せにくくなってしまうからです。

そして、「野菜=ヘルシー」というイメージがありますが、野菜の種類によって栄養素の違いもあります。

野菜の中には糖質が多い野菜もあるため注意してセレクトする必要があります。

食事制限を成功させ、リバウンドなく体重を維持するには、野菜だけというように偏った栄養ではなく、栄養バランスや食生活も考慮して痩せやすい体作りをするように心がけましょう。

野菜だけでは、基礎代謝が低下してしまいます

食事制限で野菜だけを食べ続けていると生命を維持するための基礎代謝が下がってしまうことをご存知ですか。

人間は代謝をすることでカロリーが消費されますが、野菜だけの偏った食事をしていると、体作りに必要なタンパク質を摂ることができないため、体温や筋肉量の低下を起こしてしまうため、基礎代謝が低下してしまいます。

基礎代謝が低下してしまうと、同じ量のカロリーを摂取しても、消費カロリーが低下してしまい痩せにくい体を作ってしまいます。

極端な摂取カロリーダウンから一時的に痩せたとしても、リバウンドしやすくなってしまいます。

ちなみに、肉や魚、卵や豆類などにタンパク質が多く含まれていますから、野菜だけでは摂取することができません。

ヘルシーだからという思いで野菜だけの偏った食事制限をするのは、健康面から考えても避けるようにしたいものです。

糖質の多い野菜を食べ続けたなら太ってしまう場合もあります


野菜には、緑黄色野菜、淡色野菜、香味野菜、根野菜、芋類、きのこ類などがあり、食物繊維の豊富な野菜もあれば、ミネラルやビタミンが豊富なもの、糖質が多いものなど、栄養素や栄養量など個々に違いがあります。

食物繊維の多い野菜は、コレステロールの吸収を抑制し、血糖値の急上昇を抑え、便秘の改善などに働いてくれますが、糖質が多く含まれている野菜を食べ続けていると糖分を摂りすぎてしまい、太ってしまう場合もあります。

ちなみに、糖質の多い野菜は、レンコン、ゴボウ、ニンジン、タマネギなどの根野菜や、ジャガイモ、サツマイモなど芋類に多く含まれています。

食事制限で糖質の多い野菜だけを極端に食べてしまうと、痩せにくく太ってしまう場合もあります。

タンパク質+食物繊維と組み合わせた糖質制限がベストです

食事制限をおこなうにあたり、野菜だけで体重を減らすことは体に無理がかかるうえ、痩せにくい体を作り、リバウンドを起こしやすい体になってしまう可能性があります。

では、どのような食事制限をしたら、痩せやすく、リバウンドを起こしにくい体を作ることができるのでしょうか。

糖質制限なら、野菜だけではなく栄養バランスを考えた組み合わせをするため、痩せにくい体から痩せやすい体作りをすることができます。

具体的には、タンパク質+食物繊維の組み合わせをベースに、旬の食材などからビタミンやミネラルも取り入れ、食事のボリュームに関しても、昼食はたっぷり、夜は控えめにして、食べ方も考慮し「1日3食」しっかり食べることで基礎代謝を上げることができます。

もうひとつ、糖質制限で大切なことは、食べる順序です。

野菜類→スープ類→肉類や魚類などのタンパク質といった順に食べることで血糖値の急上昇を防ぎ、満腹感も得ることができます。

このように、糖質制限なら野菜だけ食べるのとは違い、体に無理がかからず痩せやすい体作りをすることができます。

(まとめ)野菜だけの食事制限で、痩せることはできますか?

1. 野菜だけの食事制限は、痩せにくい体を作ってしまいます

低カロリーだからといって野菜だけを食べて食事制限をすると、一時的には体重は減りますが、急激な摂取カロリーの低下により、痩せない停滞期が長く続きます。

そこで食事制限前の食事に戻すと、リバウンドを起こしやすく、実際には痩せにくい体を作ってしまいます。

2. 野菜だけでは、基礎代謝が低下してしまいます

人間は代謝することでカロリーが消費されますが、野菜だけしか食べていないと、体温の低下や筋肉量の低下を起こし、基礎代謝が低下してしまいます。

基礎代謝が低下してしまうと同じ量のカロリーを摂取しても、消費カロリーが低下してしまいます。

3. 糖質の多い野菜を食べ続けたなら太ってしまう場合もあります

野菜は低カロリーということもあり、野菜だけを食べてダイエットをする方がいますが、実は、野菜には糖質の高い野菜と低い野菜があります。

糖質が少ない野菜はしっかり食べてもいいですが、糖質が高い野菜ばかり食べていると太ってしまう場合もあります。

4. タンパク質+食物繊維と組み合わせた糖質制限がベストです

食事制限の中でも、糖質制限は痩せやすい体作りを基本に考えます。

野菜のみではなくタンパク質や食物繊維の組み合わせをベースに、ビタミンやミネラルも取り入れ、「1日3食」栄養バランスの良い組み合わせの食生活を楽しむことができます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る