我慢やストレスがない食事制限の方法はありますか?

我慢やストレスがない食事制限ダイエット法は少ないでしょう


食事制限ダイエットには、○○だけダイエットや、1食(2食)抜き、または置き換えダイエット、断食など様々な種類があります。

このようなダイエット法は、体重の減量速度が早いため達成感を早く得られる場合もありますが、ほとんどの場合は、そのダイエット中、空腹感や他のものを食べたいのに食べられないなどの我慢から、ストレスを感じてしまうことが多いでしょう。

しかしながら我慢した結果、ダイエットが成功すればそれだけ達成感や満足感を高く味わえます。

中にはストレスを感じることなく、体調も崩さずに食事制限をおこなう方もいることでしょう。

その場合、自分に合った食事制限の方法であったといえます。

一方で、色々な食事制限をしても続かない、体調を崩してしまった、などという場合にはダイエット法を見直すのが良いかもしれません。

自分に合わない食事制限ダイエット、または短期間のチャレンジはできたとしても、過度な制限を長期に継続することでストレスを感じてしまう場合などは、体調不良を引き起こす原因にもなり、代謝も低下し、減量しにくい体になってしまうでしょう。

できれば、我慢することなく、ストレスレスでダイエットを成功させたいものです。

ではどのようにしたら、我慢することなく、ストレスも少ない状態で食事制限ができるでしょう。

ダイエット中に感じるストレスの原因は、そのほとんどが「我慢」からくるものでしょう。

これを解消するためには、やはり食欲を満たすことです。

食欲を我慢することなくダイエットができる方法としておすすめなのが糖質制限ダイエットです。

糖質の摂取量を制限するだけのダイエット方法なので、ポイントを押さえれば気軽に始めることができるでしょう。

ストレスを溜めないためにも食事はしっかりとりましょう

食事制限中は、食べたいものを我慢したり、食事制限しているのに思い通りに減量できなかったりとストレスが溜まりやすい状況です。

減量したいから食べない、○○だけ食べていれば減量に成功するなどといった気持ちで食事制限に挑戦しますが、栄養不足からイライラを引き起こし、結果的にストレスを溜めてしまっていることが多くあります。

また、食事を抜くダイエットの場合のように食事の回数が少なくなることで、食事と食事の時間があまりにも長くなると、栄養の吸収率が高まり脂肪も吸収しやすくなるために、逆に太りやすい体を作り上げている可能性もあります。

でも実は、規則的に食事をとることで代謝が上がり、脂肪燃焼しやすくなるのです。

それから、代謝が良い時間帯は、昼間、代謝が悪いのは夜ですので、昼食はしっかりとり、夕食は軽めに済ませるのが良いでしょう。

過度な食事制限でよくありがちなのは筋肉も一緒に減少してしまうということですが、規則的な食事摂取で栄養補給をすれば、筋肉の減少も回避することができるでしょう。

筋肉は基礎代謝を上げるためにも必要ですので、特に、ダイエット中は筋肉量を減らさないことが重要になります。

どうしてもこのダイエットが良いという場合、もしストレスを抱えてしまったら、食事とは別に自分の好きなことの中からストレス解消方法を見つけるのもひとつの方法かもしれません。

中には、おこなった食事制限が自分の体に合っていて、ストレスを感じることもなく無理なく成功するものもありますので、すべての方法がストレスを抱えるものというわけではありません。

1日の摂取エネルギーを計算してみましょう


規則的に食事をして栄養を摂取することが生きていく上での基本です。

食べながら減量する場合は、1日の消費エネルギーより摂取エネルギーが上回ってしまっては、減量することは難しいでしょう。

そのため大抵、○○だけダイエットや1食(2食)抜きダイエットなどの食事制限ダイエットのように手軽にできるダイエットをしようと考えがちです。

この場合、摂取エネルギーは減りますが、栄養が不足する事態となってしまうわけです。

これではいくら減量したとしても栄養失調により不健康な体になってしまいます。

体内環境が健康的で、且つ、バランスよく減量していくことが理想的です。

健康を保つためにも、自分の1日の摂取エネルギーが実際どのぐらいなのか把握しておくと良いでしょう。

今の時代、加工食品や添加物(業務用加工食品は除く)のパッケージには栄養成分表示がされており、その食品のエネルギー(kcal)表示が目に見えるようになっています。

また飲食店でもメニューにエネルギー表示をしているところが増えてきていますので、外食しても、摂取エネルギーが簡単にわかるでしょう。

より細かくエネルギー計算をしたい場合は、食品成分データの記載されている書籍やインターネットサイトなどでも簡単に調べることが可能です。

面倒なカロリー計算が苦手の方は、糖質制限法が良いでしょう

1日の食事摂取エネルギーと活動エネルギーを計算して、毎日照らし合わせるという作業は、手間も時間もかかる可能性があります。

特に細かい計算が苦手な方は、この作業にストレスを抱えてしまうことになりかねません。

そこで、細かい計算がいらないのが、糖質制限ダイエットです。

炭水化物を完全にカットするのではなく、個々に合った必要量を摂取しながら、たんぱく質と食物繊維を中心に食事管理していくダイエット法です。

今までとっていた主食を調整する、あるいは低糖質のものに置き換えていきます。

糖質は活動のエネルギー源ですが、糖質制限中はたんぱく質で不足分を補いますので、たんぱく質を多く摂取します。

たんぱく質を多く摂取することで、内臓に負担がかかったり、腸内環境が崩れたりする可能性もあるので、食物繊維や乳製品も一緒にとり、少しずつ体内環境を整えましょう。

細かい計算もいらず、食べられないストレスもなく、ポイントさえ押さえておけば、食事制限同様に手軽に始められるダイエット方法なのかもしれません。

(まとめ)我慢やストレスがない食事制限の方法はありますか?

1. 我慢やストレスがない食事制限ダイエット法は少ないでしょう

食事制限ダイエットには様々な種類の方法がありますが、過度なものや、我慢をしながら続けていくといった方法が多いために、ストレスを抱えてしまうケースが多いでようです。

多くのダイエット法の中でも、食欲を我慢することなく、ダイエットをすすめていける方法のひとつとして、体に負担も少ない糖質制限がおすすめです。

2. ストレスを溜めないためにも食事はしっかりとりましょう

ダイエット中は、過度な食事制限になりがちです。

過度な食事制限を続けてしまうと栄養不足に陥り、体調不良や精神不安定などの原因にもつながります。

これらを軽減するためにも食事をしっかりとり、栄養補給をしましょう。

3. 1日の摂取エネルギーを計算してみましょう

健康的に減量していくために、自分の1日の摂取エネルギーを把握しておくと、効率よくダイエットがすすめられます。

その際、1日の消費エネルギーより摂取エネルギーが上回らないように気をつけましょう。

食事のエネルギー量を計算するための食品成分データは、書籍やインターネットでも簡単に入手することができます。

4. 面倒なカロリー計算が苦手の方は、糖質制限法が良いでしょう

1日の食事摂取エネルギーと活動エネルギーを計算し、毎日照らし合わせるという作業は、なかなかできないものです。

細かい計算が苦手の方は、糖質制限ダイエットがおすすめです。

細かい計算もいらず、食べられないストレスもなく、ポイントさえ押さえておけば食事制限と同様に、手軽に始められるダイエット方法でしょう

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る