食事制限中に、体がだるいと感じることはありますか?

過度な食事制限でエネルギー不足になるとだるさを感じます


食事制限ダイエットを始めたところ、「体が疲れやすく、常にだるさを感じる」という声をきくことがあります。

その原因は様々ですが、一番多いケースは、急激な食事制限によるエネルギー不足と考えられます。

例えば、一品だけを食べ続ける○○ダイエットや、食事を抜く夕食抜きダイエット、また注目の糖質制限ダイエットも、バランスを考えずにカロリーダウンだけを意識すると、体の活動に必要な栄養が不足し体調不良につながることがあるでしょう。

そして、栄養不足のせいで免疫力が低下し、風邪をひきやすく、インフルエンザなどに罹りやすくなることもあります。

また、激しいスポーツやトレーニングをおこなったりすると、運動後の疲れがなかなか抜けない可能性もあります。

せっかく痩せられても、慢性的にだるく疲れやすい体質になってしまうと、健康的な生活を送ることが難しくなるでしょう。

食事制限を始める前の食生活が乱れていたり暴飲暴食を続けていたりしたならば、今が適切な栄養摂取量だとしても脳が糖分を欲し、体がだるさを感じることも考えられます。

食事制限前の食生活と照らし合わせ、無理なく効果的なダイエットを目指すことが大切です。

体に負担をかけない食事制限はだるさを覚えません

短期間で痩せるための過度な食事制限で摂取カロリーを減らすダイエット方法は、体への負担が高く、効果が出にくい場合が多いでしょう。

極端な食事制限では、一時的には痩せるかもしれませんがリバウンドが激しく、痩せる体質に結びつくことは難しいといわれています。

体の活動に必要な栄養が足りなくなると、慢性的にだるさを感じ、脳の働きも鈍くなっていきます。

そのため、疲労や倦怠感から日常生活で強い眠気を感じたり、ぼんやりしたりすることがあるといわれています。

また、カロリーカットだけを意識したバランスが悪い食生活では、筋肉から痩せていってしまい、体内の脂肪が燃焼しにくい太りやすい体質になっていくことも考えられます。

効果が出やすい低糖質ダイエットをおこない、いわゆる炭水化物や糖質を減らすのであれば、たんぱく質や食物繊維を多く含む食材を積極的に摂取し、体の活動に必要な栄養素を補給する必要があります。

体に負担をかけない食事制限メニューでダイエットに取り組めば、だるさや疲労を感じることなく痩せやすい体づくりができるでしょう。

栄養不足は体の不調を引き起こし、心のバランスも崩します


食事制限で体の活動に必要な栄養が不足すると、だるさや疲労を感じるだけでなく、心のバランスを崩すこともあります。

心のバランスが崩れると、常にイライラするようになり、ひどい場合は摂食障害や睡眠障害など重篤な症状を引き起こすことも考えられます。

極度な食事制限によるストレスは、心身ともに追い詰められてしまい、辛いダイエットになってしまうでしょう。

まずは、食事制限をする以前の食生活を振り返り、甘い物やお酒、ご飯やパンなど、いわゆる炭水化物や糖質を過剰に摂取していないか自己分析してみましょう。

例えば、菓子類、大福、ケーキなど甘い物が好物で、毎日食べる習慣がある方の場合は、急に止めるのではなく徐々に減らしていき、体も心も少しずつ慣れていくとストレスが軽減されます。

そして、栄養不足にならないためには、自分の食事や間食の傾向を分析し、何を減らして何を増やせばバランスの良い食生活を送れるのか把握することが大切です。

食事を工夫するとダイエット中のだるさを解消できます

食事制限で慢性的なだるさを感じる場合は、栄養摂取方法が間違っている可能性があります。

ご飯やパンなど炭水化物をカットし、糖質をカットすると、一時的に痩せる効果はあるでしょう。

しかし、食事の量を減らすだけでは、体に必要な栄養が得られずに、だるさや疲労感を伴うことになることもあります。

健康的な食事制限をおこなうためには、バランスの良い栄養摂取が不可欠です。

炭水化物を抑え低糖質の食事を心がけるのであれば、豆類、赤身肉、魚など、たんぱく質を多く含む食材を取り入れることが大切です。

また、体内の血糖値を一定に抑える役割を担う「食物繊維」を多く含む食材も有効といわれています。

海藻、きのこ類、納豆などがおすすめです。

食事や、必要であれば少しの間食で、体に必要な栄養素をバランスよく摂取すると、ダイエットによるだるさを解消して健康的な痩せやすい体質をつくることができるでしょう。

(まとめ)食事制限中に、体がだるいと感じることはありますか?

1. 過度な食事制限でエネルギー不足になるとだるさを感じます

急激な食事制限でエネルギー不足になると、体がだるくなり体調不良につながることがあります。

カロリーダウンだけを意識した食事ではなく、今までの食生活と照らし合わせ、無理のない効果的なダイエットを目指すことが大切です。

2. 体に負担をかけない食事制限はだるさを覚えません

体の活動に必要な栄養が足りなくなると、慢性的にだるさを感じ、脳の働きも鈍くなっていきます。

体に負担をかけない食事制限メニューでダイエットに取り組めば、だるさや疲労を感じることなく痩せやすい体質に改善できるでしょう。

3. 栄養不足は体の不調を引き起こし、心のバランスも崩します

食事制限で体に必要な栄養が不足すると、だるさを感じるだけでなく、心のバランスを崩すこともあります。

栄養不足にならないために、自分の食事や間食の傾向を分析し、無理なくバランスの良い食生活を送ることが大切です。

4. 食事を工夫するとダイエット中のだるさを解消できます

食事制限でだるさを感じる場合は栄養摂取方法が間違っているかもしれません。

いわゆる炭水化物を抑えた、低糖質ダイエットならば、たんぱく質や食物繊維の食材など栄養バランスの良い食事をとることになります。

食事の工夫が、健康的な痩せ体質をつくります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る