食事制限ダイエット中の眠気の原因は何ですか?

その眠気の原因にはストレスや低血糖などが考えられます


食事制限ダイエットを行っている方のなかには、昼間に強い眠気を感じたり、体がだるかったりする方がいるかもしれません。

眠気を感じる原因には、いくつか考えられます。

一番大きな原因と考えられているのが血糖値の低下です。

食事制限を行い、炭水化物、とくに糖質の摂取が減ると、血液中の糖度を示す血糖値が下がり、低血糖の状態になるといわれています。

低血糖になると脳に十分な糖が送られず、脳のエネルギーは不足します。

そのため、脳は休息を求め強い眠気を感じることがあるでしょう。

また、偏った食事で血糖値の乱高下が起きると強い眠気をまねくことがあります。

血糖値が一定に保たれていないと、眠気やだるさ、空腹感を引き起こすといわれています。

他にも、ダイエットによるストレスが原因で、眠りが浅かったり、空腹を我慢して眠れなかったり、あるいは夜間の睡眠が十分でなく慢性的に眠気を感じているケースも考えられます。

この場合は、食事制限の方法が体に合っていない可能性が高いでしょう。

栄養素が不足しているなど心身への負担が高いためダメージが起きているのかもしれません。

ダイエットの方法を見直し、体と心にストレスをかけないやり方に変えると良いでしょう。

食事制限による血糖値の乱れが眠気をまねきます

人の体は、ご飯やパンなどを食べると、摂取した糖質が体内で分解吸収されてブドウ糖に変わり、血液中に送り出されると考えられています。

血液中に含まれるブドウ糖を表す数値が血糖値です。

血糖値を一定にコントロールし、筋肉、脳、細胞にエネルギー源として血糖を送る役割が、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンです。

例えば、「ドカ食い」「早食い」などで糖質を急激に摂取すると、血糖値は急激に上昇します。

すると、上昇した血糖値を下げるためにインスリンが過剰に分泌され、一気に血糖値を下げようとします。

実は、上昇した血糖値をインスリンの作用で一気に下げる乱高下が、強い眠気を引き起こす原因だといわれているのです。

また、一品だけを食べ続ける「○○ダイエット」や空腹時間が長い「夕食抜きダイエット」など極端なダイエット方法は、低血糖状態が続きエネルギーが不足するので、強い眠気を感じるともいわれています。

血糖値を安定させることは、空腹感を感じる時間が少なくなるため、肥満や成人病予防にも効果的で太りにくい体質を作ります。

極端な食事制限は、血糖値の乱れを引き起こし、強い眠気やだるさによる無気力感につながるおそれもあるでしょう。

過度なダイエットは睡眠障害にもつながります


人の体を構成する3大栄養素、タンパク質、脂肪、炭水化物の不足は、体の活発な動きを妨げ睡眠障害などの体調不良を引き起こすともいわれています。

過度な食事制限を行い栄養が不足すると、思考力が低下し、脳の働きが鈍くなったり、強い眠気やだるさを感じたりすることがあるでしょう。

食事制限による体調不良を防ぐためには、タンパク質やビタミン・ミネラルなど、体となって、体を動かす栄養素を確保しながら糖質、脂質をカットするなど、痩せる体質を作る栄養摂取の工夫が必要といえます。

また、ダイエットによるストレスが、イライラや不眠につながり、精神的に不安定になるケースも多く見られます。

ホルモンや脳の機能低下により追い込まれてしまうと、摂食障害(拒食症や過食症など)やさらに不眠症など重篤な症状があらわれることも考えられます。

ダイエットで感じる眠気が、血糖値のちょっとした乱れによるものなのか、もっと追い込まれた状態のものなのかを見極め、正しい対処方法をとることが必要でしょう。

日常生活に少し支障が出始める眠気を感じるようであれば、体質に合ったダイエット方法ではないのでしょう。

食事の工夫で、ダイエット中でも眠気を防ぐことができます

ご飯やパンなど糖質の多い食品を食べると、血糖値が急上昇した後に低血糖となり強い眠気を引き起こすといわれています。

この急激な血糖値の上昇を抑える役割を担うことができるのが食物繊維を多く含む食材です。

海藻、アボカド、納豆、きのこ類などがおすすめです。

糖質が多い食品の前に、食物繊維が多い食品を食べると、血糖値の急激な上昇を抑える効果が見込めます。

また、低血糖状態で眠気を感じた場合は、飴をゆっくりとなめるのも良いでしょう。

飴は糖の塊なので、血液にエネルギーとして吸収され、血糖値をゆるやかに上げる効果が期待できるでしょう。

急激な血糖値の変化が眠気を引き起こす原因になるので、血糖値がゆるやかに下がるよう食事や少しの間食で上手にコントロールすることも良いでしょう。

(まとめ)食事制限ダイエット中の眠気の原因は何ですか?

1. その眠気の原因にはストレスや低血糖などが考えられます

過度な食事制限を行うと、体が低血糖状態になり強い眠気を引き起こすことがあります。

また、ダイエットによるストレスで夜の眠りが浅いことも考えられます。

栄養不足は、慢性的な眠気を誘い、心身にダメージをもたらします。

2. 食事制限による血糖値の乱れが眠気をまねきます

極端な食事制限は、血糖値の乱れを引き起こし、強い眠気やだるさによる無気力感を引き起こすおそれがあります。

血糖値を安定させることで空腹を感じる時間が少なくなり、眠気やだるさを抑制する効果があるといわれています。

3. 過度なダイエットは睡眠障害にもつながります

ダイエットで感じる眠気は、血糖値の乱れによるものなのか精神的なものによるのか、原因を正しく見極めましょう。

日常生活に支障が出るほどの眠気を感じるならば、体質に合ったダイエット方法に見直すことが必要といえます。

4. 食事の工夫で、ダイエット中でも眠気を防ぐことができます

ダイエット中の眠気を抑制するためには、血糖値をなるべく一定に保つことが大切です。

血糖値の乱高下を防ぐために、炭水化物や糖質を食べる前に食物繊維を摂取するなど食材の組み合わせでコントロールする工夫をしましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る