食事制限は慣れるまでどれくらいかかるの?

食事制限は空腹感に慣れるまで数日かかるといわれています


夕食を抜いたり、プチ断食をしたり、食事を置き換えたりと食事制限にはいくつもの方法があります。

どんな方法でも慣れるまでは空腹や物足りなさを感じやすい傾向があります。

特に食事を取らない時間が長いタイプでは慣れるまでは空腹感が強く辛いと感じるかもしれません。

しかし数日すると身体も慣れてくるといわれているので、慣れるまでを乗り越えるのがポイントになります。

体が慣れるまでは無理をしないよにしましょう

食事制限は過度に行うとかえって痩せにくくなったり、反動で食べてしまってリバウンドしたりする可能性があります。

そうならないためには、慣れるまでは無理をしないことも大切です。

適度に空腹を紛らわせるようにしましょう。

まず空腹を和らげる方法として手軽なのは、こまめな水分補給を行うことです。

もちろんカロリーの低いものでの水分補給が基本となります。

お水はカロリーもないですし、水分補給の効率も良いとされています。

水分不足は美容健康に良くないですし、便秘にもなりやすいので食事制限中は意識して水分を補給することが大切です。

空腹から気を紛らわせるには、ほかのことに意識を向けるのが有効とされます。

ストレッチのような軽い運動や入浴なども効果的です。

どうしても空腹が辛いという場合、低カロリーなものを少しとり空腹を紛らわせることで、空腹によるストレスを緩和できます。

牛乳や豆乳、お茶やコーヒーなどを飲んだり、ヨーグルトやナッツのようなダイエット中にも良いとされる軽い間食を取り入れたりするのが良いでしょう。

夕食を抜く食事制限の場合、早い時間に寝てしまうというのも有効な方法です。

ファスティングダイエットに慣れるまでの注意点と空腹の紛らわせ方を覚えておきましょう


基本的に食事を控えるプチ断食などのファスティングダイエットは、空腹を紛らわせる方法に、通常の食事制限より注意点が必要です。

基本的には固形物を取らない方法なので、軽い間食で空腹を紛らわすということができません。

この場合、ノンカフェインノンカロリーの飲み物で空腹を紛らわす必要があります。

また、最近では栄養を補うことができて低カロリーな酵素ドリンクを飲む方法も注目されています。

また、ファスティングダイエットは始める前に体を慣らす期間も必要です。

いきなりその日の夜から食事を抜くのではなく、数日軽めの食事を取る期間を設けます。

大体ファスティングダイエットを行うのと同じくらいが必要だと考えられています。

食べる量を腹八分目までに抑え、食事もヘルシーな和食などにしておきます。

ファスティングダイエット後も体を慣らしてから通常の食事に戻します。

固形物を食べていなかった体にいきなり通常の食事は負担となるので、最初はみそ汁や重湯などから食べます。

体が慣れるまでは、準備期間と同じく数日かかるといわれています。

本格的なファスティングダイエットと違い、軽めのプチ断食はここまで厳密ではないこともあります。

どの方法にしても、正しい方法で行うことが大切です。

慣れるまでは「寝る前の4時間だけはなにも食べない」というファスティングも効果的といわれています。

停滞期を乗り越えるには体が慣れるまでの1カ月が大切です

食事制限を行うと摂取カロリーが低くなるので体重が落ちますが、一定期間たつと体重が落ちにくくなるいわゆる停滞期に入る可能性があります。

これは体が生命維持をするために働く仕組みが関係しています。

摂取カロリーが少ない状態が続くと、その状態で生命活動を維持できるように少ないエネルギー消費に切り替えてしまうと考えられています。

この省エネの状態では消費カロリーが少なく、体重が落ちにくいということです。

摂取カロリーが少ないほか、一度に体重を落としても陥りやすいといわれています。

体重が1カ月に5%以上減ると、体が省エネモードになるとされるので、1カ月に落とすのは体重の5%以内に留めておくと効率が良いと考えられています。

また、省エネ状態に入った状態で食事量を戻すとリバウンドしやすくなります。

体の省エネ状態はすぐには元に戻らないからです。

少ない栄養を最大限生かすため、エネルギー吸収率も良く、摂取カロリーが消費カロリーを超えやすく太りやすい状態なのです。

しかし体が少ない食事量に慣れてしまえば、省エネ状態は治まるとされています。

慣れるまでは1カ月ほどかかるといわれています。

食事制限による停滞期を乗り越えるには体が慣れるまで、根気よく食事制限を続けると良いでしょう。

(まとめ)食事制限は慣れるまでどれくらいかかるの?

1.食事制限は空腹感に慣れるまで数日かかるといわれています

最初は空腹感や物足りなさが辛い食事制限ですが、数日たつとそれほど感じなくなるといわれています。

慣れるまでを乗り越えるのが食事制限を成功させるためのポイントです。

2.体が慣れるまでは無理をしないようにしましょう

空腹を紛らわせる手軽な方法は水分補給で、お水によるこまめな水分補給は食事制限中の水分不足予防にもなりおすすめです。

ほかには入浴などで気分転換したり、早く寝てしまったりして過ごすと良いでしょう。

3.ファスティングダイエットに慣れるまでの注意点と空腹の紛らわせ方を覚えておきましょう

固形物の摂取を控えるファスティングダイエットはほかの食事制限と違って、固形物の間食で空腹を紛らわすことができません。

また、ファスティングダイエット前後の体を慣らす期間も、無理なく行うために大切になります。

4.停滞期を乗り越えるには体が慣れるまでの1カ月が大切です

少ない摂取エネルギーに体が慣れてくると、今度は体が省エネ状態なり痩せにくくなります。

その状態に慣れることで省エネ状態が治まるので、体が慣れるまでの一カ月は少ない食事量を維持するようにしましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る