食事制限で下っ腹をへこませることはできる?

食事制限と運動を組み合わせると効率よく下っ腹をへこませられます


下っ腹をへこませるためにも食事制限は大切です。

食事制限のみでも下っ腹の脂肪は落とせますが、運動との組み合わせでより効率よく落とすことができます。

摂取カロリーを抑えるだけでなく運動で脂肪を燃やし、筋肉をつけて引き締めることでより健康的に下腹をへこませられます。

脂肪には種類があり、食事制限のみでは落ちにくいこともあります

体につく脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の二つがあります。

下っ腹につくのもこの二種類です。

内蔵に蓄積する内臓脂肪は、腰回りを太らせやすくぽっこりお腹の原因といわれています。

皮膚の下の皮下組織につくものは皮下脂肪といわれ、一般的には女性につきやすいとされます。

食事制限で脂肪を落とすときにはこの二つの特徴の違いがポイントです。

内臓脂肪のほうが比較的分解しやすく落としやすい脂肪だといわれています。

そのため食事制限のみのダイエットでも効果が現れやすいのは内臓脂肪です。

下っ腹についているのが内臓脂肪のみなら良いですが、皮下脂肪が多い場合はそれだけでは効果が出にくい可能性があります。

皮下脂肪は分解されにくいので、マッサージをして燃焼しやすい状態を作って運動すると効果が出やすいといわれています。

さらに体を引き締めつつ基礎代謝を上げるために、筋トレも取り入れるとより効率よく下っ腹をへこませることができます。

また、食事制限を行い便秘解消に繋がると、脂肪が落ちなくても下っ腹がスッキリする可能性があります。

便秘になると溜まった便で下っ腹が出やすいからです。

食事制限のなかでもプチ断食は、内臓を休めて便秘解消に効果的とされています。

筋トレは下っ腹を引き締めるのに効果的です


下っ腹をへこませるためには、脂肪を燃やすと同時に筋トレも大切です。

お腹回りの筋肉が付いていることでウエストや下っ腹を引き締める効果が期待できます。

また、腹筋が衰えると腸に与えられる刺激が減ってしまい便秘に繋がるともいわれます。

便秘になると下っ腹が出やすくなるので、これを解消するのにも筋トレは大切だといえます。

食事制限を行いながら筋トレを行うときの注意点は、タンパク質をきちんと摂ることです。

タンパク質はアミノ酸に分解されて筋肉の材料となるものです。

いくら筋トレを頑張ってもきちんと材料を補わなければ、その効率は悪くなってしまいます。

糖質制限の場合、糖質を抑えながらもタンパク質は積極的に取り入れています。

これも筋肉量をキープして消費カロリーを落とさないためです。

食事制限を行っていると、栄養バランスが乱れやすいので注意しましょう。

運動後に牛乳などを飲んでタンパク質を補給するのも有効といわれています。

有酸素運動で脂肪を燃やすとより効率的です

有酸素運動を取り入れるとより効率よく下っ腹の脂肪を落とすことができます。

有酸素運動は体脂肪をエネルギーとして使うことができるので、より健康的に体重を落とす効果が期待できます。

運動は20分以上行わないと意味がないという説もありますが、最近ではトータル20分以上行えば効果があるといわれています。

この場合のトータルとは1日でという意味ではなく、休憩を挟みながら20分以上という意味です。

また、継続して行うことも大切で、週3日以上行うと効果がより得やすいと考えられています。

無理なく継続するようにするのが大切です。

この有酸素運動と合わせて食事制限を行うと、内臓脂肪が落ちやすいと考えられています。

もちろん皮下脂肪を落とす効果も期待できます。

効率良く下っ腹をへこませたいときには、食事制限に加えて有酸素運動も取り入れると良いでしょう。

(まとめ)食事制限で下っ腹をへこませることはできる?

1.食事制限と運動を組み合わせると効率よく下っ腹をへこませられます

食事制限を行えば脂肪が落ちるので、下っ腹にも効果があります。

食事制限に運動と組み合わせることでより効率よく脂肪を燃やすことができるので、下っ腹への効果も出やすくなります。

2.脂肪には種類があり、食事制限のみでは落ちにくいこともあります

お腹周りにつく脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪の二種類があります。

皮下脂肪は分解されにくく落ちにくいとされます。

食事制限だけでは思うように下っ腹がへこまない可能性もあります。

3.筋トレは下っ腹を引き締めるのに効果的です

食事制限だけでも脂肪を減らしていくことは可能ですが、より効率よく引き締めていきたいなら筋トレも取り入れましょう。

ウエストラインの引き締めにも効果的です。

筋トレの効率を落とさないように、タンパク質の補給が大切です。

4.有酸素運動で脂肪を燃やすとより効率的です

食事制限で摂取カロリーを抑えながら、脂肪を燃焼させられる有酸素運動を取り入れるとより下っ腹への効果が期待できます。

有酸素運動は1日20分程度でも良いので、毎日継続して行うようにすると良いでしょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る