食事制限で胃痛が起こったらどうすればいい?

食事制限で胃痛が起こったら食事を見直しましょう


ダイエット効果を求めるために、食事制限をしている人も多いのではないでしょうか。

しかし、過度な食事制限を行って空腹状態が続いてしまうと、胃酸が胃粘膜を刺激して胃痛を起こす原因になってしまいます。

食事制限によって胃痛を起こしてしまったら、食事制限をやめて、消化のよい食べ物で胃をいたわるようにします。

そして改善したら、きちんと3食食べるようにすることが大切です。

胃痛の原因は胃酸の分泌バランスが乱れる胃酸過多かもしれません

ある程度の食事制限は、ダイエットなどではよく行われることです。

しかし、この食事制限が過度になってしまうと、胃の調子が崩れて胃痛を引き起こしてしまうことになるのです。

それは、胃から分泌される胃酸が大きく影響しています。

通常、胃酸は食べ物が胃に運ばれてきたときに活発に分泌され、それによって食べ物を消化します。

胃の中で3種類の神経伝達物質が働くことで胃酸は分泌され、正常な消化活動が行われるのです。

食べ物の味やにおいといった要素で、まずアセチルコリンと呼ばれる物質が働きます。

そして食べ物が胃に入ってくることで、ガストリンと呼ばれる物質が活発になるのです。

このアセチルコリンとガストリンによって、ヒスタミンと呼ばれる物質が働くようになります。

これら3つの神経伝達物質が、胃酸の分泌を促進させるというのが正常な仕組みです。

そして胃酸は食べ物を溶かして消化するものですから、強い酸性を保っています。

本来なら、胃の内壁には粘膜が張られて胃酸の刺激から守っているため、胃が胃酸によって傷つくことはありません。

また、胃酸は食べ物が胃に入ってきたときに分泌されるものであり、食べ物が胃酸を中和して胃壁への刺激は抑えられます。

しかし、無理な食事制限などによって自律神経が乱れると、胃酸の分泌のバランスも崩れ、空腹のときにも胃酸が分泌されてしまうことがあります
また、空腹状態が続くことで胃酸が中和されなくなり、胃粘膜を傷つけてしまうのです。

これは、胃酸過多と呼ばれる状態です。

胃酸過多によって胃痛などが引き起こされます


上記のように、胃酸の分泌バランスが崩れてしまうことで胃酸過多になる場合があります。

胃酸過多の状態では空腹時にも胃酸が分泌され続けることになりますから、食事制限を行って空腹の状態が長く続くと、その分胃粘膜がダメージにさらされるリスクが高くなるのです。

胃酸過多で胃粘膜が荒れてしまうと、実にさまざまな不調が現れることになります。

主な不調は、以下のようなものです。

  • 胃痛
  • 胃もたれ
  • 胸やけ
  • むかつき
  • げっぷ
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 胃酸が食道まで逆流する
  • 口臭

以上の症状を見ると、胃の不調によって起こりうるものがほとんど含まれていることがわかります。

過度な食事制限を行ってダイエットをすると、痩せる前にこのように健康を害してしまう恐れがあるのです。

胃酸過多は、自律神経の乱れによって胃酸分泌のバランスが崩れることによって起こります。

食事制限をすると空腹状態が長く続くだけではなく、栄養が偏ってしまうため、自律神経がうまく働かなくなるのです。

また、食べるのを我慢することが多くなりますから、それがストレスになって自律神経の働きに影響を及ぼすことも考えられるでしょう。

過度な食事制限は胃酸過多のリスクを高め、胃酸過多はさまざまな胃の不調を引き起こすことになるわけです。

糖質制限なら空腹になることなく続けられます

ダイエットで食事制限を続けるのはつらいものですし、これが原因で胃酸過多になり、胃痛などを引き起こす可能性が高くなります。

そのような状態を回避するには、ダイエットの方法を見直してみましょう。

例えば、糖質制限ダイエットに切り替えることで、しっかり食べてもダイエットに効果が期待できるでしょう。

空腹状態が続いてしまうのを避けるためには、3食きちんと食べることが大切です。

糖質制限は、食事中の糖質を抑えるのが基本で、糖質以外のものは特に制限がありません。

つまり、3食しっかり食べても糖質を抑えていれば問題ないのです。

そのため、空腹を我慢することなくきちんと食べることができます。

しかも、ダイエットでは避けがちな脂質についても、タンパク質と同様積極的に摂ってもいいとされています。

これで、さらに我慢するポイントが減って、ストレスの少ないダイエットの実現が見込めるというわけです。

ダイエットに対するストレスが少なくなれば、自律神経の乱れによって胃酸の分泌バランスが崩れることもなくなるでしょう。

しかも、空腹にさらされる時間も少なくなりますから、胃粘膜が胃酸に攻撃されるリスクも減らせるのです。

食事制限ダイエットで胃痛に悩まされている人は、まず柔らかく消化にいい食べ物を食べて胃をいたわり、改善してきた頃に糖質制限食に切り替えることをおすすめします。

(まとめ)食事制限で胃痛が起こったらどうすればいい?

1.食事制限で胃痛が起こったら食事を見直しましょう

ダイエットで食事制限をしているとき、胃痛に襲われることがよくあります。

これは、胃酸が胃の粘膜を刺激するためです。

胃痛が起こったら、まず消化のよい食べ物を食べて胃をいたわり、改善したらきちんと3食食べるようにしましょう。

2.胃痛の原因は胃酸の分泌バランスが乱れる胃酸過多かもしれません

本来、胃は3つの神経伝達物質の働きによって胃酸分泌のバランスが保たれています。

しかし胃酸分泌のバランスが崩れてしまうと、空腹時にも胃酸が分泌されて、胃粘膜を傷つける胃酸過多の状態に陥ってしまうことがあるのです。

3.胃酸過多によって胃痛などが引き起こされます

胃酸の分泌バランスが崩れてしまうと、胃酸過多になる可能性があります。

胃酸過多になると、胃痛を始めとしてさまざまな胃の不調を引き起こしてしまうのです。

過度な食事制限は、胃酸過多のリスクを高めてしまいます。

4.糖質制限なら空腹になることなく続けられます

食事制限による胃痛を避けるには、ダイエットの方法を見直してみましょう。

糖質制限なら、糖質を抑えれば3食きちんと食べられてストレスがなくなるため、胃酸の分泌バランスを崩すこともありません。

しかも空腹が続くリスクも少なくなるのです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る