食事制限ダイエットでわきがになることはあるの?

無理な食事制限でわきがのような臭いを発することはあります


頑張って食事制限をしてダイエットを行っている人も多いでしょう。

しかし、無理な食事制限によって、わきがのような臭いを体から発するようになるケースも少なくありません。

これはダイエット臭とも呼ばれるもので、体の代謝がうまくいっていないことで起こる現象なのです。

体の臭いを解決するためには、適度な運動をすることと、食べる食品に気をつけることで体の代謝を正常に保つ必要があります。

食事制限によって臭いが生じる原因はケトン体です

では、なぜ食事制限でわきがのような臭いを発することがあるのでしょうか。

食事制限を行って摂取カロリーを減らすのはいいのですが、同時に適度な運動をして体内の代謝を上げることが適切なダイエット法です。

しかし、運動をせずに食事制限だけに頼ってしまうと、活動に必要なエネルギーが不足してしまって体内の代謝能力は下がってしまうのです。

一方、体内では中性脂肪からエネルギーを作り出そうとし、このときにケトン体と呼ばれる物質が肝臓で作られます。

ケトン体は、ブドウ糖に代わるエネルギー源として機能しますが、代謝が正常に行われない場合、血中のケトン体が増えすぎてしまうことがあるのです。

ケトン体の中には、臭いの原因であるアセトンという物質が含まれています。

血中にケトン体が多い状態では、このアセトンが臭いを発し、わきがのような状態を引き起こしてしまうと考えられているのです。

そのため、食事制限によるわきがのようなダイエット臭は、ケトン臭またはアセトン臭とも呼ばれています。

血中に増えたケトン体は汗の中に混じって体外に排出され、それがわきがのような状態を引き起こしますが、ときに排出する息に混じることもあります。

そのため、口内からも臭いを発して口臭の原因になるのです。

臭いが生じるのには段階があります


食事制限を続けていく中でわきがのような臭いを発するまでには、大きく分けて3つの段階があります

  1. 最初は脂っぽい臭いが出る
    食事制限によって糖質やタンパク質が不足すると、体内では中性脂肪を燃焼して脂肪酸に分解しようとします。

    脂肪酸は、エネルギーとして代謝させるTCAサイクルに組み込まれ、このサイクルが正常に機能していれば脂肪酸がエネルギーして働くことができるのです。

    しかし、体内の代謝が落ちてTCAサイクルが鈍ってしまうと、脂肪酸は代謝されずに余ったまま血中に流れ出します。

    そして脂肪酸が汗や皮脂の中に混じって排出されると、脂っぽい臭いを発するようになるのです。

  2. 汗のアンモニア臭が気になってくる
    上記のように代謝不良の状態に陥ると、血液の循環も鈍くなってしまいます。

    そのため、体内に十分に酸素が行きわたらなくなるのです。

    TCAサイクルでは酸素の存在が不可欠ですが、酸素が足りなくなると、体内では解糖系と呼ばれるサイクルでエネルギーを作る動きに移行します。

    解糖系では代謝の過程で乳酸を産出し、乳酸が体内で代謝されないまま残ると、アンモニアと混じって汗となって排出されます。

    その結果、アンモニア臭のする汗が出ることになるのです。

  3. 独特のケトン臭を放出する
    中性脂肪が分解されて脂肪酸が産出されたとき、これがTCAサイクルで代謝されないと血中に流れ出てしまいます。

    脂肪酸が肝臓に送られると、そこでケトン体が産出されます。

    血中のケトン体濃度が増えると、前の章で紹介したようにケトン臭を発する原因になるのです。

    ケトン臭はツンとする独特の臭いで、これがわきがのような臭いとして認識されるわけです。

正しく糖質制限をすることで臭いの防止が期待できます

このように、食事制限によって糖質やタンパク質が不足すると、体内の仕組みによってわきがのようなダイエット臭を発してしまうことになります。

近年ではダイエットや健康法として糖質制限が注目されていますが、この方法はエネルギーとなる糖質を抑える方法ですから、誤った方法を採ると臭いの原因を作ることになりかねません。

体の臭いが気になるということは、体内の代謝が鈍っているために臭い物質が産出されているということです。

そのため、糖質制限をするにしても、代謝をアップさせて臭い物質をきちんと代謝させる必要があるのです。

糖質制限をしながら体の臭いを防ぐためには、同時に適度な運動を行うことが大切です。

酸素を多く取り込む有酸素運動も有効ですし、筋肉を鍛える運動をすれば代謝をアップさせることができます。

さらに食事においても、糖質を抑えるだけではなく果物や海藻などのアルカリ性食品を食べるとよいとされています。

ケトン体は酸性であるため、アルカリ性の食品を食べて体を弱アルカリ性に保つようにすると、臭いに効果的なのです。

そのためには、アルカリ性である海藻類や大豆食品などを積極的に摂るのがおすすめです。

またクエン酸を接収することでTCAサイクルが活発になり、代謝を促進させることができます。

梅干しや酢などはクエン酸を多く含んでいるため、糖質制限食に取り入れてみるといいでしょう。

(まとめ)食事制限ダイエットでわきがになることはあるの?

1.無理な食事制限でわきがのような臭いを発することはあります

食事制限によるダイエットで、ときにわきがのような臭いが体から出ることがあります。

これはダイエット臭と呼ばれ、体の代謝がうまくいっていないことで起こるものです。

ダイエット臭の解決には、適度な運動と食べる食品に気をつけることが大切です。

2.食事制限によって臭いが生じる原因はケトン体です

食事制限でわきがのような臭いが生じる原因は、エネルギー不足によって体内の代謝が低下したためです。

中性脂肪からケトン体が作り出されたとき、代謝不足によってケトン体が増えすぎてしまい、それが臭いの原因となってしまいます。

3.臭いが生じるのには段階があります

食事制限によってわきがのような臭いを発するには3つの段階があります。

初期段階では脂のような臭い、中期段階ではアンモニア臭、そして最終段階になると独特のケトン臭を発するようになるのです。

4.正しく糖質制限をすることで臭いの防止が期待できます

糖質やタンパク質が足りなくなり代謝が鈍ると、体の臭いの原因となります。

糖質制限をするときは、有酸素運動や筋肉トレーニングなどを一緒に行って代謝をアップさせましょう。

また、糖質を抑えながら臭いを防ぐ食品を食べるのも効果的です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る