食事制限中にプロテインをとると、どんな影響がありますか?

タンパク質不足を補い、もしも更に運動があれば体脂肪燃焼に


食事制限ダイエットは手軽に始められる方法ですが、実際には、食事を我慢し続けることはとても難しいですし、1日の食事回数が減るために必要な栄養素が不足する場合もあるようです。

特に、食事制限中では、カロリーの高い食品を避けることがポイントとなるために、肉類をとらない方もいるかもしれません。

しかし、肉類に含まれるタンパク質は、筋肉をつくるために必要な栄養素ですので、不足すると筋肉が減って基礎代謝量が落ち、カロリーを消費しにくくなって痩せにくい体になる可能性があります。

タンパク質が分解されてできるアミノ酸も、代謝を促進するために必要ですので、食事制限中もタンパク質をとることはとても大切と考えられます。

食事制限中に、カロリーの摂取量を抑えながらタンパク質を補うために、プロテインを飲む方もいるかもしれません。

プロテインは、一般的にタンパク質を含むサプリメントのことで、運動などで使用されて傷ついた筋肉を修復し、維持する効果が期待されます。

ですから食事制限中も、プロテインを飲むことで筋肉を減らさないようにすることができると考えられているようです。

ただ、プロテインをひたすら飲むだけではなく、運動を取り入れることで、筋肉を増やし代謝を高め、体脂肪の燃焼につながると考えられます。

食事制限中は、栄養素の中でもタンパク質が不足しがち

食事制限では、食事の回数や摂取量を減らすことでカロリーの摂取量を抑えます。

摂取するカロリーよりも消費するカロリーが多くなれば、体重は減少しますので、極端な食事制限をすると比較的短い期間で体重は減少しますが、必要な栄養素まで不足する場合があります。

甘いものや脂っこい食品などのカロリーの多い食品をとらないようにすることは、ダイエットを行う上で大切な考え方だと思われますが、カロリーが高いという理由で、肉類も敬遠される場合もあるようです。

肉類には、筋肉や髪や爪など、体をつくるために必要なタンパク質が多く含まれています。

食事制限で体重が減少したとしても、タンパク質が不足していると、体脂肪だけではなく筋肉も一緒に減っていることがあるようです。

タンパク質の過不足ない適量摂取はとても重要です


食事制限によって不足したタンパク質を補うために、「プロテイン」と呼ばれる、タンパク質を主体として糖質やビタミンなどさまざまな栄養素を添加したサプリメントを取り入れる方もいるようです。

用途別にさまざまな種類の乳製品や大豆を主原料としたプロテインが市販されており、その粉末を水などの液体に溶かして飲むのです。

日本人の食事摂取基準(厚生労働省)によると、タンパク質の1日の平均必要量は、成人男性で50グラム、成人女性で40グラムということです。

タンパク質が不足した場合、病気になりやすくなることがあるようです。

逆に、タンパク質の過剰な摂取は、老廃物である窒素化合物を増やしますので、腎臓に病気のある方は注意が必要です。

プロテインといっても、食事制限中に、運動せず過剰摂取した場合には、消費されないエネルギーが余って太ってしまうこともあるようです。

また、タンパク質と一口にいっても、牛乳以外に肉、魚、植物由来などいろいろあり、特性も違うため、それぞれをバランス良くとることが大切です。

健康的に痩せるために、バランスの良い食事と運動が大切です

食事制限を続けていく上で、食欲を我慢し続けることが難しくなったり、単品の食品を食べ飽きてしまうといったことがあるようです。

食事制限では、おいしく食事をとるという部分がやや失われる傾向があるのではないでしょうか。

また、食事制限をやめた後のリバウンドもあるかもしれません。

体重を維持していくために、食事の内容を見直し、運動も継続的に行うことはとても大切だと考えられます。

食事の回数や量を減らさないダイエット方法の一つとして、糖質を制限するという考え方もあります。

ご飯やパン、菓子など糖質を多く含む食品を控えて、タンパク質や食物繊維を多く含む食品を中心とした献立にしてみましょう。

細かいカロリー計算も不要で、食欲を我慢しないで十分な量を食べることができるのでストレスが少なくなります。

運動も取り入れれば、1日3食をきちんととりながら、体重を減らす効果が期待できます。

(まとめ)食事制限中にプロテインをとると、どんな影響がありますか?

1. タンパク質不足を補い、もしも更に運動があれば体脂肪燃焼に

カロリーの高い食品を避けて肉類をとらないことが続くと、タンパク質が不足して筋肉が減りますので、基礎代謝量が落ちて痩せにくい体になる可能性があります。

タンパク質不足を補うためにプロテインを飲むと筋肉を減らさないようにすることができると考えられています。

2. 食事制限中は、栄養素の中でもタンパク質が不足しがち

食事制限では、カロリー摂取量が抑えられると体重は減少しますが、極端な食事制限では必要な栄養素まで不足する場合があります。

カロリーが高いという理由で肉類を控えすぎると、タンパク質が不足して、体脂肪だけではなく筋肉も一緒に減っていることがあるようです。

3. タンパク質の過不足ない適量摂取はとても重要です

食事制限によるタンパク質不足を補うためにプロテインを取り入れる方もいるようですが、摂取量には注意が必要です。

プロテインといっても消費されないエネルギーが余って太ってしまうこともあります。

タンパク質には牛乳、肉、魚、植物由来のものなどがあり、バランス良くとることが大切です。

4. 健康的に痩せるために、バランスの良い食事と運動が大切です

食事制限では、食欲を我慢し続けることが難しくなったり、単品の食品で食べ飽きてしまうことがあるようです。

1日3食をきちんととりながらダイエット効果が期待できる方法の一つに、糖質を制限するというものもあります。

ご飯やパン、菓子など糖質を多く含む食品を控えて、タンパク質や食物繊維を多く含む食品を中心とした献立にしてみましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る