食事制限でリバウンドしない方法はありますか?

毎日体重をはかり体重を知ることでリバウンドは避けられます


食事制限ダイエットを行い目標体重まで減量に成功したけれども、喜びもつかのま、気づいたら体重が増えてしまった、という経験は誰しもあるのではないでしょうか。

特に食事制限系のダイエットをした場合、ダイエット終了と同時に、開放感からうっかりドカ食いをしてしまい、気づけば体重が増え、リバウンド状態に陥ることも少なくありません。

リバウンドの原因と考えられているのはそれだけでなく、実は、無理な食事制限ダイエット自体です。

無理な食事制限をすると、人間の体は、生命維持機能であるホメオスタシス機能が働きます。

基礎代謝を低下させて消費エネルギーを抑え、蓄えようとする体になってしまうため、ダイエット中の停滞期を引き起こし、ダイエット後のリバウンドにつながってしまいます。

食事制限ダイエットでリバウンドしない方法は、ダイエット中と同じように体重を意識し続けることです。

体重を維持できているのか?増えてきたのか?

自問しながら、その日の食事や運動を調整することでリバウンドを防ぐことができます。

毎日体重をはかり、数字として自分の体重を知ることを習慣づけます。

また、毎日の体重を折れ線グラフなどに視覚化して記録することも、リバウンドしない良い方法になります。

リバウンドの原因にストレスからの開放があります

食事制限ダイエットは食事の量、回数、種類など、食事に対して多くの制限があり、途中には停滞期というまったく体重が減少しない時期もあり、我慢しなければいけない日々を目標体重まで続けなければいけません。

この状態は、心身ともにかなりのストレスがたまってしまうもので、誰であっても辛いものです。

そのようにして、ダイエットのゴールである目標体重を達成すれば、それと同時にストレスから開放されるものです。

そして、今まで我慢してきたことが、そのままドカ食いという行動につながることがあります。

そうならないためにも、無理な食事制限ダイエットは避けなければならないでしょう。

目標体重になることをめざす過程だけではなく、目標体重を維持し続けるための、正しい食生活を送ることができるようになるまでがダイエットです。

無理な食事制限ダイエットはリバウンドしやすくなります


無理な食事制限ダイエットをすることで、私たちの体は生命の危険を感じるようになり、生命維持機能であるホメオスタシス機能が働きます。

ダイエットが成功or失敗どちらで終了しても、ホメオスタシス機能は働き続けます。

ホメオスタシス機能が働くと、ダイエット前の食事の量に戻しても、体は通常よりも多くのカロリーを蓄積しようとするようになり、結果的に太りやすい体になり、リバウンド状態となってしまいます。

また、満腹感にも支障をきたすこともあり、食事の量もどんどん増えて悪循環に陥ってしまいます。

1か月で体重の5%以上減少すると、ホメオスタシス機能にスイッチが入るといわれています。

無理のない食事制限ダイエットを心がけましょう。

リバウンドしない方法に基礎代謝を高める糖質制限があります

世の中には食べても太らないという方がいますが、それはもともと基礎代謝が高く、太りにくい体質だと推測できます。

基礎代謝は、人間が生きるうえで最低限必要なエネルギー代謝のことをいいますが、食事制限ダイエットを繰り返すことで、基礎代謝に必要な筋肉量が落ちやすくなり、基礎代謝も下がってしまい、太りやすい体になってしまいます。

基礎代謝が減ってしまうと消費カロリーが減ることにつながり、ダイエット前よりも痩せにくくなってしまいます。

また、基礎代謝は元来、加齢とともに低下するものでもあるため、年齢を重ねると、若いときに比べて痩せにくくなっています。

筋肉量を落とすことなく、基礎代謝を高めながら、リバウンドしないダイエットをするには、基礎代謝を高めることを考慮したダイエットをすることが最も良い方法になります。

糖質制限ダイエットは、筋肉量を増やしながら基礎代謝を高め、痩せやすい体作りをするダイエット方法です。

(まとめ)食事制限でリバウンドしない方法はありますか?

1. 毎日体重をはかり体重を知ることでリバウンドは避けられます

リバウンドが起こる要因はひとつではありませんが、毎日体重をはかることで現状の体重を認識することができ、ダイエット後の体重管理がしやすくなります。

これは、リバウンドの兆しをいちはやく気づき、対応することができるリバウンドしない方法です。

2. リバウンドの原因にストレスからの開放があります

どのような食事制限ダイエットも、食にかかわる多くの我慢をしなければならないため、心身ともにストレスがかかります。

目標体重まで体重が減少したとき、一度にストレスから開放され、ドカ食いをしてしまい、リバウンドしてしまう場合があります。

3. 無理な食事制限ダイエットはリバウンドしやすくなります

無理な食事制限ダイエットで急激に体重を減らすと、生命維持機能であるホメオスタシス機能が働き、通常と同じ量の食事をしても体に蓄積しやすく、消費しにくくなるため、太りやすい体になり、結果的にリバウンドしやすくなります。

4. リバウンドしない方法に基礎代謝を高める糖質制限があります

リバウンドをしてしまうのは、食事制限ダイエットで筋肉量が減り、基礎代謝が低くなってしまったため、ダイエット後の食生活では太りやすい体になってしまったからです。

基礎代謝を高めてくれるダイエット方法を最初から選ぶのもリバウンド防止につながります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る