食事制限だけで、足痩せすることは可能ですか?

食事制限だけで足が痩せるタイプ、痩せないタイプがあります


ダイエットをするうえで一つの大きな課題となるのが、足痩せです。

減量はするものの足が痩せない、といった経験がある方も多いのではないでしょうか。

食事制限だけで足痩せするか、しないかは、二つのタイプに分かれます。

一つ目は、体全体的に脂肪がついている脂肪太りの場合です。

この場合は、食事制限を続けることによって、体全体が減量していくので足痩せも期待できるでしょう。

二つ目は、上半身に比べ、足が太めの下半身太りの場合です。

こちらの場合は脂肪ではなく、むくみ、セルライト、硬くなった筋肉、骨盤の歪みなどが原因の場合が多く、食事制限で体重をただ減らすだけでは細くなることは難しいでしょう。

体には、体脂肪の蓄えと放出をコントロールするレセプターがあります。

下半身にあるレセプターは、放出1に対し、貯蔵は6という割合のため、下半身に脂肪を蓄えやすいということがわかります。

逆に上半身のレセプターは、放出の割合が6、貯蔵が1といわれているので、下半身に比べると痩せやすいということもわかります。

そのため、食事制限だけで減量すると上半身は痩せやすいですが、下半身は痩せにくい状況になり、そのまま続けていくとバランスの悪い体型になってしまう可能性もあります。

下半身太りにはストレッチやマッサージをおこないましょう

足は血流が滞りやすい部分でもあります。

血流が悪くなると、せっかく摂取した栄養が全身へ行き渡りません。

栄養素が全身へ行き渡らないということは、リンパの流れも悪化し、血中の老廃物などが流れの悪くなったところに停滞し、むくみやセルライトなどの原因にもなります。

下半身太りは、むくみ、セルライト、硬くなった筋肉、骨盤の歪みなどが原因の場合が多いために、食事制限だけではなく、それぞれの原因に合わせて、軽い運動やストレッチ、マッサージなどで血流やリンパの流れを良くすることが、下半身太りの改善に良いでしょう。

また、脂肪太りの場合でも、間違った減量で下半身太りになってしまう可能性もあります。

偏った栄養で過度な食事制限をしてしまうと、代謝の低下や血流の悪化から栄養が全身にまわらなくなり、痩せにくい体質になるほか、足だけが痩せない状況になってしまうことも考えられますので、食事制限の内容も重要です。

生活習慣を見直し、改善することも大切です


代謝の低下や、血流の悪化へ導いているのは、生活習慣かもしれません。

食生活の乱れで十分な栄養が摂れていなかったり、運動不足により筋肉が衰え、代謝低下を招いていたり、睡眠不足による体力低下があったり、下半身太りになる要因は様々です。

ここで自分の生活習慣を見直してみましょう。

○塩分の多いものを好んで食べていませんか?

むくみを予防するために、塩分の多いものは控えましょう。

塩分を排出する働きがあるカリウムを摂取すると良いでしょう。

○冷たいものをよく飲んだり、食べたりしていませんか?

冷えはむくみの原因にもなり、セルライトができやすいともいわれていますので、体を温める食材を摂ることも重要です。

体は常に温めておきましょう。

○運動不足になっていませんか?

運動不足によって、筋力の低下が起こっている可能性があります。

代謝を上げるためにも、筋肉は必要ですので、筋肉を増やすために定期的に運動しましょう。

また、足に硬い筋肉がついている場合はしっかり揉みほぐして、筋肉を柔らかくしましょう。

足痩せのためには運動は激しいものは避け、しなやかな筋肉がつくように運動強度が低めのものをしっかりおこなうと良いでしょう。

○睡眠不足ではないですか?

睡眠不足は、代謝低下やホルモンの分泌低下を招きますので、睡眠はしっかり取りましょう。

○姿勢は悪くないですか?

姿勢が悪いと血行が悪くなり、骨盤の歪みも起きてしまいます。

背筋を伸ばしてウォーキングしてみるなど、良い姿勢を意識してみましょう。

糖質や脂肪の多いものは控えると良いでしょう

下半身太りを改善するために体脂肪になりやすい糖質や脂肪の多いものはなるべく控えるようにしましょう。

糖質は特にエネルギー源として重要な栄養素ですが、摂取した糖質がエネルギー源にならずに体内で余ってしまうと脂肪となります。

その余った脂肪はレセプターに感知されて蓄えられますが、下半身は上半身の6倍、脂肪を蓄えやすいために、下半身にはより多くの脂肪がついてしまうことも考えられます。

食事制限をおこなって食事に気をつけていても、糖質を多く摂取していれば下半身に脂肪が蓄えられてしまう可能性もあります。

糖質制限のように、糖質量を制限していけば、脂肪になりやすい要因を軽減することができます。

また、糖質を個々に合った必要量に抑えてたんぱく質を中心に摂取していくので、筋肉量を効率的に増やすことも期待できます。

しかし、糖質制限だけをおこなうだけでは下半身太りの改善にはなりませんので、運動も合わせて取り入れていきましょう。

下半身を細くしたい時には、激しい運動はなるべく避け、ウォーキングや下半身中心のストレッチなど軽い運動をしっかりおこなうことが効果的であるようです。

また、インナーマッスルを鍛えると代謝が上がり、背筋が安定し体の歪みの改善にも役立つでしょう。

(まとめ)食事制限だけで、足痩せすることは可能ですか?

1. 食事制限だけで足が痩せるタイプ、痩せないタイプがあります

食事制限だけで痩せる脂肪太りと、食事制限だけでは痩せにくい下半身太りがあります。

特に下半身太りは、むくみ、セルライト、硬くなった筋肉、骨盤の歪みなどが原因の場合が多く、食事制限だけで足痩せするのは難しいでしょう。

体脂肪を蓄え、放出するレセプターは、下半身は上半身の6倍あり、体脂肪を下半身に溜め込みやすいといえます。

2. 下半身太りにはストレッチやマッサージをおこないましょう

過度な食事制限を続けると、代謝の低下や血流の悪化から栄養が全身にまわらなくなり、足だけが痩せない状況になってしまうことも考えられます。

ウォーキングやストレッチなどの軽い運動やマッサージなどをしっかりおこない、血流やリンパの流れを良くすることが下半身太りの改善に良いでしょう。

3. 生活習慣を見直し、改善することも大切です

むくみの原因となる塩分の多いものは控え、代謝低下を招く冷え、筋力の低下を招く運動不足、ホルモンバランスが乱れる睡眠不足、血行やリンパの流れが滞りやすい悪い姿勢など、下半身太りの原因を取り除きましょう。

今の自分を見つめ直し、改善できる部分は改善してみましょう。

4. 糖質や脂肪の多いものは控えると良いでしょう

足痩せのためには、体脂肪になりやすい糖質や脂質はなるべく控えましょう。

下半身は上半身の6倍、脂肪を溜め込みやすいことから、糖質や脂質の多いものを摂ると下半身に体脂肪がついてしまう可能性があります。

糖質を必要量までに制限する糖質制限と、下半身中心の軽い運動の組み合わせで、より効果的に下半身痩せを実現することができるでしょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る