食事制限のメリット・デメリットは?

食事制限は短期間で体重が落とせますがリバウンドもしやすいダイエット方法です


一食以上抜くか、単品だけを食べ続けるような食事制限でダイエットしようとすると、短期間で体重は落としやすいというメリットはあるでしょう。

しかし、短期間で痩せやすいことは体にとって異常と感じてしまうためその後のリバウンドが起こりやすいというデメリットもある方法です。

食事制限は簡単ですがリバウンドのデメリットもあります

食事制限は摂取カロリーを消費カロリーより下回らせることでエネルギーを脂肪として蓄積することを防ぎ、体についた脂肪を燃焼させることを目的としています。

この方法では、簡単に考えると体の活動に必要なエネルギーを体の脂肪から得なくてはならないため脂肪を消費しやすく、確かに痩せやすい方法と言えるでしょう。

どうしても短期間で痩せたい目的がある時には食事制限でのダイエットは結果を期待しやすいものですが、長期的に痩せた体をキープしたい時にはただ摂取カロリーを減らすだけでは難しい可能性があります。

なぜなら食事制限でのダイエットはリバウンドの可能性が高いというデメリットがあり、場合によっては食事制限前よりも太ってしまったり脂肪率があがったりすることもあるでしょう。

そのため、リバウンドを予防したいのであれは体にとって必要な栄養素はバランスよくとっておくことです。

急激に痩せると体が体重を元に戻そうとします


体にはホメオスタシスという、体や体内の状態を一定に保とうとする働きがあります。

そのため食事制限をして食べ物が体に入ってくる量が減って脂肪を使うようになった時には、体重を元の状態に戻そうとしてホメオスタシスが働き栄養素の吸収を積極的に行おうとするのです。

ダイエット中に起こると言われている停滞期とは、ホメオスタシスにより体重がこれ以上減らないように体の機能が省エネモードになっているため起こる現象で、少ない栄養でも体重を減らさず活動しようとすることでその後なかなか痩せなくなってしまいます。

それに停滞期には満腹感が得られにくくなり、それまで我慢して食事制限に耐えていたけれどつい食べ過ぎてしまってリバウンドするという可能性もあるでしょう。

1ヶ月停滞期が続けば体が慣れてきます

なかなか体重が減らなくなったり逆に増えたりすると、今までのダイエットは失敗したと感じてしまうかもしれませんが、急に暴食したなど思い当たる理由がなければ停滞期に入ったと考えてみましょう。

しかしホメオスタシスは1ヶ月ほどでおさまってくることが多いと言われているため、1ヶ月はうれしい変化がなくても続けているとまた痩せていく期待が持てるでしょう。

食事制限のダイエットには停滞期やリバウンドの心配があり、その時期を乗り越えるには辛さと戦わなくてはなりません。

どうしても食べたいけれど食べてはいけないと我慢を重ねていることも反動で食べ過ぎてしまいリバウンドしかねないでしょう。

そのような時には低糖質の食品を取り入れることもひとつの方法です。

低糖質食品は、エネルギーの元となる糖質の量が少なくなるように作られているのでダイエット中に食べても良いでしょう。

低糖質食品は栄養バランスを考えてつくられたメニューも発売されており、普段の食事を低糖質のものに切り替えるとつらい食事制限をしなくてもダイエットを継続しやすいとの期待ももたれています。

またコンビニにも低糖質の菓子パンなどが売られているのでおやつが欲しい時にもおすすめです。

(まとめ)食事制限のメリット・デメリットは?

1.食事制限は短期間で体重が落とせますがリバウンドもしやすいダイエット方法です

食事を抜いたり同じ食品を食べ続けたりといった食事制限では、短期間で体重を落とすことに成功したとしても体が異常と感じるためにリバウンドが起こりやすいダイエット方法です。

しかしどうしても短期間で痩せたい時にはチャレンジしやすい方法でしょう。

2.食事制限は簡単ですがリバウンドのデメリットもあります

食事制限は摂取カロリーを減らすことで体の脂肪を燃焼し痩せていく方法のため、短期間で体重を落としたい時には期待が持てるダイエット法でしょう。

しかしリバウンドしやすいデメリットがあることも知っておくことが必要です。

3.急激に痩せると体が体重を元に戻そうとします

体が持っているホメオスタシスという働きにより、食事制限で急に体重が減った場合にはその分を元に戻そうと働きかけます。

それまでは順調に痩せていてもなかなか体重が落ちなくなり、満腹感も得づらいためリバウンドが起きやすくなるのです。

4.1ヶ月停滞期が続けば体が慣れてきます

1ヶ月ほど経てばホメオスタシスは落ち着き、再び痩せられるようになると言われています。

痩せる変化がなくても1ヶ月は食事制限を続けてください。

毎日の食事に低糖質食品を上手に取り入れるとダイエットを継続しやすいでしょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る