食事制限中にポテトは食べてもいいの?

食事制限中はポテトを避けるようにしましょう


ポテトはイモ類で炭水化物に含まれるため、食事制限中は避けておいた方が良いでしょう。

特に油で揚げたフライドポテトやポテトチップスは高カロリーで味付けが濃く、たくさん食べたくなってしまうためできるだけ食べないようにすることをおすすめします。

どうしても食べたい時はノンフライのものやゆでたジャガイモを少量食べる程度にしましょう。

ポテトには炭水化物が多く含まれています

ポテトとはじゃがいものことをさしますが、じゃがいもにはたくさんの炭水化物が含まれています。

しかしご飯よりはカロリーが低い、ビタミンやミネラルを含んでいるなど栄養面でのメリットもある食材です。

カロリーの面だけに注目してご飯の代わりに食べたり、たくさん食べたりしてしまうと結局たくさんの炭水化物をとったことになり逆に太る恐れもあるでしょう。

食事制限をしているとカロリーにばかり注目しがちですが、それだけでなく炭水化物の量やその他の栄養がバランスよくとれているかなどに注意することも必要です。

それから、フライドポテトなど油を使ったポテト製品では腹持ちが良いことから少量食べて食事を終えられるメリットがあります。

食事の量を減らしたように感じてしまいますが、この場合もカロリーや炭水化物はとっていることになるので、バランスが偏って逆に太るきっかけになってしまうかもしれません。

どうしても食べたい時は蒸したジャガイモを少量程度にしましょう


食事の量を減らして単一の食品を食べる食事制限をしている時には、摂取カロリーが増えてしまうのでポテトは避けておいた方が良い食品です。

しかし、どうしてもじゃがいもを食べたくなった時は蒸して少量食べる程度にしておきましょう。

味付けをするとつい食べ過ぎになりやすいので、そのままがおすすめです。

それからじゃがいもは皮つきで少量食べるようにすると皮に含まれている栄養素もとりやすくなるでしょう。

そして野菜やきのこといった食物繊維が豊富で炭水化物がほぼ含まれていない食べ物と一緒に食べるようにしましょう。

野菜の中でもほうれん草や小松菜などの葉物野菜は栄養価が高く食事制限中の栄養補給には適した食材といえるでしょう。

それにたっぷりの食物繊維を一緒にとれば、じゃがいもに含まれるエネルギーの元になる糖の吸収を緩やかにするので、吸収しすぎない期待が持てます。

■イモ類をたくさん食べると糖質のとりすぎで太りやすくなります
炭水化物の中でも、体に入ってからエネルギーとして使われる糖質が太る原因をつくると言われているため、ダイエットにはカロリーだけでなく糖質の量も気を付けることが必要でしょう。

その場合、ポテトを含むイモ類は糖質が多いため、痩せたい時の食べ物としては避けておきたいもののひとつと言えるのです。

ちなみにじゃがいもと同じイモ類に含まれるさつまいもはより糖質の量が多いため、ダイエットをしたい時は控えておきたい食材と言えるでしょう。

それにイモ類にはうまみ成分があることからおいしさを感じてよりたくさん食べたくなってしまう特徴もあり、少量口にする時も我慢できるように小分けで用意するなどの工夫が必要です。

もしイモ類を食べ過ぎてしまうと糖質がたくさん体内に入ったことになり、そのエネルギーが消費しきれず残ってしまえば脂肪となって体に蓄積されることになるでしょう。

そのため糖質を控えることがダイエットにつながると期待が持てることから、イモ類を食べないかどうしても食べたい時は控えめにする方法がおすすめといえるのです。

(まとめ)食事制限中にポテトは食べてもいいの?

1.食事制限中はポテトを避けるようにしましょう

ポテトは食事制限中には避けておいた方がよい食品のひとつです。

加工品としてフライドポテトやポテトチップスなどがありますが、高カロリーでたくさん食べてしまいやすいのでできれば口にしないことがおすすめです。

2.ポテトには炭水化物が多く含まれています

ポテトは炭水化物をたくさん含む食材のため、ご飯よりもカロリーが低いからと言って食べすぎると太ってしまう恐れがあるでしょう。

油を使ったポテト製品は食事の量を少なく済ませやすいですが、高カロリーなため避けることがおすすめです。

3.どうしても食べたい時は蒸したジャガイモを少量程度にしましょう

食事制限をしている時にどうしてもポテトが食べたくなったら、蒸したものを少量食べるようにしましょう。

その時はたっぷりの葉物野菜やきのこと一緒にとるようにすることがおすすめです。

4.イモ類をたくさん食べると糖質のとりすぎで太りやすくなります

糖質のとりすぎが太る原因のひとつといわれているので、糖質を多く含むポテトを初めとしたイモ類は避けるかできるだけ控えめにしましょう。

もし食べ過ぎてしまうと糖質がたくさん体に入り、エネルギーとして消費しきれない分は脂肪になってしまうからです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る