食事制限でプリン体を含む食品を避けられる?

プリン体を含む食品を食事制限で避けることは不可能でしょう


健康を考えた時、プリン体に良いイメージを持つ方はほとんどいないでしょう。

しかし、量の差はありますが、プリン体はほとんどすべての食品に含まれています。

プリン体を含む食品だけを食事制限することは不可能に近いと言えるでしょう。

無理に食事制限でプリン体を減らそうとするよりも、ビールを飲みすぎない、プリン体を多量に含む食べ物は控えめにするといった方法などをとった方が健康維持に役立つはずです。

プリン体は細胞を構成する成分のひとつです

プリン体を含む食品を全て食事制限して避けることはほぼ不可能という理由は、プリン体が細胞を構成する成分のひとつになっているからです。

植物や動物などの体は非常に多くの細胞でつくられており、その細胞の中心には核があってその核の成分の中にプリン体が含まれています。

すると食べ物を食べればプリン体も一緒にとることになるのです。

しかしプリン体は食品を食べることで体内に入ってくる量は、実は2割ほどしかないといわれています。

残りの8割ほどは体の中で自己生産されたもののため、いくら食べ物を制限したとしても体内に全くプリン体がない状態を作り出すこともまず難しいでしょう。

それよりもプリン体を多く取りすぎないことや栄養バランスのとれた食事にすることを心がけておいた方が健康維持に役立つと期待できるはずです。

プリン体を控えめにする食生活を心がけましょう


プリン体を分解して発生する尿酸の量をスムーズに排出し、できるだけ体内の尿酸を増えすぎないよう心がけることは可能です。

そのためには、毎日の生活の中で食事を見直してみましょう。

食事面ではプリン体を多く含む食品は適度にし、お酒を飲む時はビールを大量に飲まないようにすることです。

プリン体を多く含んでいる食品としては、煮干し・干しシイタケ・鶏や豚や牛のレバー・イサキ白子・大正エビ・マアジの干物などがあり、毎日大量に食べ続けないようにしてさまざまな食品からバランスよく栄養をとるようにしましょう。

そしてお酒は全てにおいてプリン体が多いかというとそうではなく、中でもビールにたくさん含まれていることからビールの飲みすぎを注意するように言われているのです。

お酒の中でも焼酎などの蒸留酒にはほとんどプリン体が含まれていないため、プリン体を控えてお酒を楽しむことを重視する場合には焼酎やウィスキーなどをおすすめします。

太っているとプリン体が増えてしまいます

尿酸の元になるプリン体のほとんどが自分の体で生産されるため、太りすぎると尿酸値が高くなりやすく健康維持が難しくなるかもしれません。

その状態を防ぐためには太りすぎにならないよう日頃の生活を見直して改善しておくこともポイントになります。

太りすぎの傾向にある人は動物性の肉や白子などのプリン体を多く含む食品を好んで口にしていることが多いと言われているので、その傾向が見られる時には量を控えめにするように注意してみましょう。

そして食べ物ほぼ全てに含まれているプリン体なので、食べれば食べた分だけプリン体が体内に増えることになるのです。

その結果尿酸値も上がりやすくなるため、食べ過ぎにも注意が必要でしょう。

そして太りすぎの状態にあると体内で生まれるプリン体の量も増えてしまうので、減量に取り組むこともすすめられています。

その方法のひとつとして脂肪の元になる糖質の量を少なくする糖質制限があり、低糖質の食品を食べることで体に入る糖質が少なくなり、エネルギーとして使われなかった分の蓄積を防ぐと期待された方法です。

(まとめ)食事制限でプリン体を含む食品を避けられる?

1.プリン体を含む食品を食事制限で避けることは不可能でしょう

プリン体が増えすぎると健康に悪影響を及ぼすことで知られていますが、実はほとんどの食品に含まれているます。

プリン体の含有を基準にして食事制限をすることはほぼ不可能でしょう。

2.プリン体は細胞を構成する成分のひとつです

プリン体は動物や植物の体を構成する細胞の中にある核をつくっている成分のため、食事制限でプリン体を含んだ食べ物を避けることはとても難しいでしょう。

それに食べ物からは2割程度しかプリン体を摂取していないともいわれています。

3.プリン体を控えめにする食生活を心がけましょう

プリン体を摂取する量は控えめにした方が健康維持に役立つため、毎日の食事はプリン体の多い食品ばかりにならないよう心がけましょう。

お酒を飲む時はプリン体の量に注目するのならビールを控えて焼酎などの蒸留酒を選ぶことがおすすめです。

4.太っているとプリン体が増えてしまいます

太りすぎを防ぐことで体内から生産されるプリン体の量を増やしすぎず健康維持に期待が持てるでしょう。

また食べすぎを続けるとその分体内にプリン体が多く入ることになるため、適量の食事を心がけることもポイントです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る