食事制限中にビールは飲んでいいの?

食事制限中のビールは糖質ゼロや糖質オフを選びましょう


食事制限で摂取カロリーを抑えたダイエットをしている時には、ビールからとるカロリーも抑えたいものです。

そのためには飲まないことが一番良いですが、どうしても飲みたくなった時には糖質が含まれていないタイプを選びましょう。

ビールではなく発泡酒であれば、糖質を減らすことにこだわって作られた製品が各メーカーから登場しています。

ビールにも糖質が含まれています

「ビール腹」という言葉があるようにビールを飲んでいると太ってしまうというイメージを持つ人は少なくないでしょう。

確かに飲み方を間違えると太りやすい飲み物のため、食事制限などダイエットに取り組んでいる時には飲まないように注意したい飲み物のひとつです。

ビールのカロリーはアルコールの量によって変わってきますが、のどごしのよさからついたくさん飲みやすく、アルコール度数の高いお酒よりも多くの量を飲めてしまうので注意が必要です。

そして味付けの濃いおつまみを一緒に食べた場合はついお酒が進んでしまうでしょう。

するとあっという間に高カロリーをとったことになります。

それにビールには糖質も多く含まれており、たくさん飲むことで糖質も多く摂取してしまい、エネルギーとして消費しきれなかった分は体脂肪となって蓄積されてしまうのです。

もし揚げ物のような高カロリーの食べ物と一緒に飲んでいくと消費しきれないカロリーが体内に増えてしまい、みるみるうちに体脂肪を増やす結果になるでしょう。

どうしても飲みたい時は糖質ゼロや糖質オフのお酒を選びましょう


単品だけを食べたり食事を我慢したりする食事制限の方法でダイエットを続けているほど、ビールを飲むと食欲が増してつい食べ過ぎてしまうでしょう。

せっかく頑張ったダイエットをムダにしないためには、どうしても飲みたい時に糖質を減らしたタイプを選ぶことです。

糖質ゼロ・オフタイプは発泡酒や第三のビールに多く、各お酒メーカーから発売されているのでお好みの飲料を見つけておくとどうしても欲しい時に満足できるのではないでしょうか。

糖質について表示があるものでは糖質ゼロと糖質オフもあり、ゼロは糖質をほぼ全てなくしたもの、オフは糖質の量を減らしたものという違いになっています。

それから似た言葉で「糖類ゼロ」という表現が使われているものには注意が必要です。

糖類とは糖質の一部だけをさしているためそれ以外の糖質については含まれていると言うことになります。

そのため、食事制限のダイエットをしている時には糖質ゼロや糖質オフという言葉を目印にして飲んでも良いビールを探しましょう。

ビール以外でも糖質を含むお酒は避けましょう

食事制限中に選びたいビールは糖質ゼロタイプでしたが、その他のお酒を飲む時も糖質ゼロのものを選ぶことがポイントです。

発泡酒や第三のビールの他にも糖質ゼロの日本酒なども発売されており、好みに合ったお酒をどうしても飲みたくなった時に飲みましょう。

ちなみにお酒の種類で区別すると醸造酒は糖質が多く含まれており、蒸留酒は少なくなっています。

ビールは醸造酒の方に含まれているため、加工してつくられた糖質ゼロタイプの発泡酒・第三のビールを選ぶことがポイントです。

ワインや日本酒も醸造酒に含まれることからダイエット中には避けることがおすすめで、焼酎・ウイスキー・ジン・ウォッカなどの蒸留酒を選んで飲みましょう。

醸造酒がなぜ糖質が多くなるのかというと使われている原料に理由があり、ビールは麦芽、日本酒は米、ワインはぶどうを酵母発酵してつくられているからです。

しかし醸造酒の中でもワインは比較的低糖質な方なので、少量なら飲んでも良いでしょう。

(まとめ)食事制限中にビールは飲んでいいの?

1.食事制限中のビールは糖質ゼロや糖質オフを選びましょう

ダイエットで食事制限をしている時にどうしてもビールを飲みたくなった時には、糖質ゼロやオフのタイプを選びましょう。

ビールではなく、発泡酒の中には糖質ゼロ・オフのものが発売されています。

2.ビールにも糖質が含まれています

ビールは太りやすい飲み物というイメージを持つ人が多いように、食事制限に取り組んでいる時は避けておきたい飲み物のひとつです。

飲みやすさからビールはたくさん飲みやすくあっという間にカロリーと糖質をたくさんとってしまいます。

3.どうしても飲みたい時は糖質ゼロや糖質オフのお酒を選びましょう

食事制限などダイエットに取り組んでいる時にどうしてもビールを飲みたくなったら、糖質ゼロタイプのお酒を選びましょう。

発泡酒や第三のビールで糖質ゼロ・糖質オフタイプが発売されいますが、糖類ゼロと選び間違えないように注意しましょう。

4.ビール以外でも糖質を含むお酒は避けましょう

食事制限中には糖質を含むビールは避けたいものですが、その他のお酒も糖質の多い物は避けましょう。

ビール・日本酒・ワインのような醸造酒は糖質が多く、焼酎・ウイスキー・ジン・ウォッカなどの蒸留酒は少なくなっているため蒸留酒の方を選びたいものです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る