お腹の肉を落とすには、過度な食事制限は必要ですか?

いいえ、過度な食事制限では脂肪は落ちにくくなるでしょう


「○○だけダイエット」や「1日2食(あるいは1日1食)ダイエット」のような食事制限ダイエットは、すぐに減量でき、取り組みやすいというメリットがありますが、健康の観点では栄養不足を招く可能性もあります。

またひどい空腹感や、食べたいのに食べられないストレスから、暴飲暴食を引き起こしてしまうことも考えられます。

効率的に脂肪を落としたいなら、できるだけ代謝を上げ、かつ、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回らないことが大切です。

代謝を上げずに、低い摂取エネルギーで、低い消費エネルギー、と行うダイエットは、体の不調を招きイライラやだるさ、疲労感を引き起こす原因となるでしょう。

ダイエットは体も心も健康な状態で達成するのがベストですので、ストレスを抱えたダイエットでは、いつかリバウンドしてしまうでしょう。

リバウンドせず体が痩せる仕組みを作るには、毎食をしっかり食べて体内の栄養バランスをよい状態に保つことです。

お腹についてしまった肉を落とすためには、過度な食事制限ではなく、バランスよく食事をして代謝を落とさないようにし、適度な運動を取り入れて体型を考えた減量をすることが重要です。

代謝のよい時間にしっかり食べましょう

過度な食事制限をして急激に体重を減らすと、体は危機を感じ、不足した栄養素を体内に蓄えようとします。

栄養不足の食事と、体内への蓄えを繰り返していくと、ますます栄養不足を引き起こして代謝が下がり、脂肪を体内へ蓄えるので、太りやすくなります。

太りにくい体作りをするためには、代謝のよい時間を考えて食事をすると、より効果的な結果が出せると考えられます。

代謝は朝から夜間までに変動があります。

朝起きてから昼にかけては代謝がよくなりますので、朝食と昼食はしっかり食べることが理想です。

特に朝食は、消費エネルギーを増やすためにも、体を温めるものを食べて代謝を上げましょう。

昼は1日で一番代謝が上がる時間でもあるので、高カロリーのものを「ダイエット中だから…」とストレスを感じながら我慢してしまわず、しっかり食べ、栄養補給をしましょう。

夕方~夜は代謝が低下するために食べ過ぎには気をつけ、できれば軽めの食事にしましょう。

夜間は、脂肪を蓄積し分解を抑える時計遺伝子BMAL1とそのタンパク質が活性化しますので、太りやすくなります。

夜間の食事は、極力、しない方がよいでしょう。

タンパク質と糖質をしっかり摂りましょう


食事制限をすると、食事が偏り、栄養不足になりがちです。

体重が減ると、筋肉量も落ちるので、代謝が低下します。

筋肉量を落とさないためにもタンパク質は多めに摂りましょう。

良質なタンパク質は引き締まった体には欠かせませんので、脂肪分が少ない低脂肪のお肉を選ぶとよいといえます。

そしてエネルギー源となる糖質も、必要な栄養素です。

ただし、摂りすぎると血糖値が急激に上昇し、エネルギー源として使えなかった糖質は分泌されたインスリンにより脂肪として蓄えられますので、ダイエット中は摂取量には注意が必要です。

ダイエット中は、野菜中心または野菜だけ食べれば栄養は補えるもの、と思われがちですが、野菜だけでは十分なエネルギー源や栄養素が摂取できません。

また、野菜だけとなると体も冷えやすく、体内に脂肪を蓄えやすくなるでしょう。

野菜は、タンパク質や糖質と一緒に食べることで栄養素の力を発揮できるもの、といえます。

インナーマッスルを鍛えましょう

お腹につく脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があります。

皮下脂肪は皮下組織に蓄えられる脂肪で、分解されにくいのが特徴です。

特に女性につきやすいといわれています。

内臓脂肪は腸腔内の腸間膜につく脂肪で、お腹全体が膨らんでいるようにみえ、ウエスト周りが大きくなります。

内臓脂肪は皮下脂肪と比べて代謝が早く、食事制限や運動で改善しやすいのが特徴です。

このタイプは男性に多いといわれています。

脂肪は動かしていない場所につく傾向があります。

インナーマッスルを鍛えることで筋量が増え、代謝が上がりますし、特に腹部から臀部のインナーマッスルは背筋の安定に大きく関係していて、体の歪みの改善に役立ち、正しい姿勢へと導いてくれます。

腹部のインナーマッスルを鍛えることで内臓も正常な位置に戻り機能もよくなり、そして余分な脂肪もつきづらくなるでしょう。

そして、お腹についた肉を効果的に燃焼していけるでしょう。

脂肪を燃焼して筋肉を効率的に増やしていくために、糖質制限食はおすすめです。

自分にあった糖質量を定めることによって、脂肪燃焼の効果も上がり、筋肉の生成が促進されるでしょう。

(まとめ)お腹の肉を落とすには、過度な食事制限は必要ですか?

1. 過度な食事制限では脂肪は落ちにくくなるでしょう

過度な食事制限は、早く減量はしますが、同時に筋肉量の低下や栄養不足を招く恐れがあり、結果、代謝が低下します。

代謝が低下すると、痩せるどころか脂肪がつきやすい体質になります。

お腹の肉を落とすには、代謝を落とさず、無酸素運動を取り入れ、体型を考えた減量をすることが大切です。

2. 代謝のよい時間にしっかり食べましょう

太りにくい体を作るには、朝食と昼食はしっかり取りましょう。

朝食を抜いたり、軽めの食事にしたりすると、代謝が上がらずエネルギー消費がうまくいきません。

特に朝は、体を温めるものをしっかり食べ、代謝を上げましょう。

昼は代謝が一番よい時間帯ですので、昼食もストレスなく食べてしまうことをおすすめします。

3. タンパク質と糖質をしっかり摂りましょう

筋肉量を落とさないためにもタンパク質は多めに摂りましょう。

引き締まった体には良質なタンパク質は欠かせませんので、脂肪分が少ない低脂肪のお肉を選ぶとよいといえます。

エネルギー源となる糖質も必要な栄養素ですが、摂りすぎるとインスリンにより脂肪として蓄えられますので、ダイエット中は摂取量には注意が必要です。

4. インナーマッスルを鍛えましょう

インナーマッスルを鍛えると筋量が増え、代謝が上がり、体の歪みの改善や正しい姿勢につながります。

腹部のインナーマッスルを鍛えることで内臓も正常な位置に戻り、機能もよくなり、さらに余分な脂肪もつきづらくなり、お腹についた肉を効果的に燃焼していけるでしょう。

ただ減量するだけではなく、体型にも意識して減量していけるとよいでしょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る