40代の食事制限ダイエットは痩せにくいって本当ですか?

加齢による体の衰えから40代は痩せにくくなります


※食事制限ダイエット=ここでは夕食抜きダイエットや◯◯だけを食べるダイエットなどのことを指しています。

40代は人生にとっても大きな節目になりますが、食事制限ダイエットにとっても大きな節目で、思うように体重が減少しづらくなる年代です。

40代になると、体の中からくる衰えが徐々にはじまり、食事制限ダイエットを行うだけでは若いときのようには体重が減少しなくなり、ストレスからドカ食いなどをして悪循環に陥るケースも少なくありません。

また、40代には、女性・男性ホルモンの減少からくる更年期障害になる方も現れはじめます。

更年期障害はすべての方がなるわけではありませんが、そうなったなら、基礎代謝の低下、脂肪を燃やす代謝の低下、筋肉量の低下、手足の冷えなどが起こり、太りやすく、痩せづらくなってしまいます。

また、体だけで収まらず、イライラや不安感、不眠など、ダイエットに悪い影響を及ぼす不安定な状態が心に表れる方もいます。

40代は、加齢による体の衰えから基礎代謝や新陳代謝の低下、更年期障害などが起こり、痩せにくい体になるはじまりの年代ということもできます。

40代は基礎代謝が低下して、ダイエットが難しくなります

食事制限ダイエットを行っても、40代になると男性・女性ともにますます体重が減りにくくなり、逆に体重が増えるようなダイエットの失敗を経験してしまう方も少なくありません。

それは、何もしなくても人間が生きていく上で最低限必要な「基礎代謝」が、どんどん低下するためです。

30代を過ぎた頃から加齢とともに基礎代謝が低下してしまうため、相対的に消費カロリーより摂取カロリーが増えて、食事制限ダイエットを行っても体重を減らすことが思うようにできなくなる方が増えてきます。

40代では加齢による基礎代謝の低下だけではなく、更年期障害の症状が加わりはじめます。

基礎代謝の低下に加え、ホルモンバランスの崩れなどの更年期障害が要因となり、太りやすい体になり、これが40代のダイエットをますます難しくさせています。

40代は男性・女性ともに更年期障害がではじめる年齢です


更年期障害は女性だけの病気と思われがちですが、男性にも更年期障害はあります。

女性は40代になると卵巣の機能が著しく低下し、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が徐々に少なくなり、ホルモンバランスが崩れた場合、更年期障害になります。

女性が更年期障害になると、基礎代謝が低下し、エストロゲンが減少することで、より食べるのに脂肪の代謝は低下し、新陳代謝や水分代謝の低下からくるむくみなどの症状が表れ、太りやすくなります。

男性にも更年期障害はあり、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が減少します。

その結果、肥満をはじめとする症状が起こり、肥満がさらにテストステロンの分泌を減少させてしまう悪循環が起こります。

男性、女性ともに40代を過ぎるとダイエットを行う上で更年期障害を無視することができなくなるわけです。

基礎代謝を上げるようにし、摂取カロリーを通常よりも減らさない限り、40代のダイエットは難しくなります。

食事制限による40代ダイエットをしようとするときに失敗を回避するためには、更年期障害のことも配慮して計画を立てることがひとつの手段です。

40代のダイエットにふさわしいタイプのダイエットに糖質制限ダイエットがあります。

糖質制限ダイエットなら、更年期障害に伴う筋肉の減少や、脂肪の代謝や基礎代謝を補ってくれるような栄養をバランスよく摂取することができます。

糖質を抑えれば、基礎代謝を上げたり、脂肪の燃焼を活発にしたり、体にやさしく40代のダイエットを進めることができます。

痩せにくくなった40代のダイエットには自分を知ること

痩せにくくなってしまった40代の食事制限ダイエットをスムーズに進めるためには、自分の体のこと、日常生活、食生活が現在どうなっているかを知り、自分にあったダイエット方法をまず選ばなければなりません。

40代は基礎代謝の低下により消費カロリーが減少するため、食事制限ダイエット中の摂取カロリーを頭の中で若い頃と同じように考えていると、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多くなり、脂肪が体に蓄積されてしまいます。

また、食事制限だけではなく、運動なども取り入れた方がスムーズに進みます。

そこで、まずは、トータルで自分の食生活や日常生活をメモして、しっかり見直してみる必要があります。

そうすると、自分がどんな状態にあるのかがよく分かり、現状の摂取カロリーが取り過ぎではないか、運動不足なのか、自覚してスムーズに食事制限による40代のダイエットを進めることができます。

更年期障害の問題は、ダイエットを妨げる要因のひとつになるため、まずは自分が更年期障害なのかセルフチェックし、重症な更年期障害の疑いがあれば専門病院を受診することをお勧めします。

(まとめ)40代の食事制限ダイエットは痩せにくいって本当ですか?

1. 加齢による体の衰えから40代は痩せにくくなります

加齢による基礎代謝の低下も痩せにくい原因のひとつですが、40代は男性・女性ホルモンの減少から起こる更年期障害がではじめる時期でもあります。

体の衰えに加えて更年期障害が表れる状態になると、より太りやすく、痩せにくくなります。

2. 40代は基礎代謝が低下して、ダイエットが難しくなります

40代になると、生きていく上で何もしなくても最低限必要な基礎代謝がかなり低下するため、消費カロリーが減少します。

基礎代謝を上げるようにし、摂取カロリーを通常よりも減らさない限り、40代のダイエットは難しくなります。

3. 40代は男性・女性ともに更年期障害がではじめる年齢です

更年期になると、筋肉量の低下、基礎代謝の低下、脂肪の代謝が悪くなり、太りやすく、痩せにくくなります。

ホルモンバランスが崩れた更年期障害になった場合、体の不調だけではなく、イライラ、不眠、不安などの心の不調もあるため、40代のダイエットにおいて更年期特有の現象は見過ごせません。

4. 痩せにくくなった40代のダイエットには自分を知ること

若い頃とは違い、40代になると太りやすく痩せにくい体になる要因が増えます。

単純に食事制限を行うのではなく、まずは自分の体が現状どんな状態か、食生活や生活習慣を知ることでダイエットを成功させることができます。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る