食事制限ダイエットでリバウンドはなぜ起こるのですか?

リバウンドは食事内容に起因すると考えられています

食事制限ダイエットは、手軽な方法で効果が期待できますが、食事制限を止めるとリバウンドが起こり、体重が元に戻る、前より増えてしまう、ということもあるようです。

食事制限ダイエット後に起こるリバウンドは、食事の内容に起因すると考えられているようです。

どのような食事制限の方法をとるかは人によって異なりますが、栄養のバランスが偏らないように、必要な栄養素はしっかりとることが大切です。

食事を抜いたために十分な栄養素がとれず、タンパク質が不足して筋肉が減ると、基礎代謝量が落ち、痩せにくい体質になるといわれています。

また、食べる量が少なくなると体は少ないエネルギーでこれまでの体を維持しようとしますので、食品からの栄養吸収率を高めようとし、体にエネルギーを蓄えようとするようです。

そして、脂肪細胞には、満腹中枢を刺激して食欲を抑えるホルモンの分泌を促すはたらきがありますが、大量の脂肪細胞が減少すればホルモンの分泌も抑制されるため、食欲が抑えられなくなる場合もあるようです。

これらのことが原因となって、食事制限では一度はダイエット効果が現れたとしても、食事制限を止めるとリバウンドが起こると考えられているようです。

食事制限では食事のとり方に注意しましょう

食事制限ダイエットで減量に成功しても、止めたとたんに元通りというダイエットリバウンドが起こることがあります。

食事を抜くだけ、単品を食べるだけ、という手軽さはあっても、その食事内容には注意が必要です。

1日のうちで必要な栄養がとれるよう、食事の栄養バランスに気をつけながら行うことが望ましいといえるでしょう。

また、間食をしない、よく噛んでゆっくり食べる、揚げ物や脂っこいものを避ける、前もって決めた量だけ食べる、など、食べ方を工夫することも大切です。

夜間は消化管の吸収機能が昼間よりも高まりやすく、脂肪が蓄積されやすいので、夕飯の量が多くなりすぎないようにするなど、食事のリズムにも工夫が必要です。

リバウンドしないために必要な栄養素をとりましょう


食事制限によって短期間で結果を出したいがために、極端に食事をとらなかったり偏った食品のみを摂取したりすることで、必要な栄養素が不足し、健康を損なう恐れもあります。

タンパク質が不足すると筋肉量が減りますので、体重が減ったとしても、それは筋肉が減っているのかもしれません。

筋肉が減ると代謝量が落ちてしまうので、痩せにくくなり、リバウンドが起こりやすくなるようです。

また、食物繊維の不足による便秘、マグネシウムやビタミンD不足による骨粗鬆症、鉄分不足による貧血、月経異常などが起こることもあるかもしれません。

食べる量が少なすぎることにも注意が必要で、食べる量が少ないと、体はかえって少ないエネルギーで状態を維持するようにはたらくので、栄養吸収率を高めるようになるようです。

減量後は体重を維持することも大切です

食事制限による体重の減少とリバウンドを繰り返す現象は「ウェイトサイクリング」と呼ばれます。

無理な減量を繰り返していると、今度は食事制限に対して次第に体が反応しなくなることもあり、体重の変動が大きいほど、死亡率を高めることもあるようです。

また、糖尿病発症の引き金となる可能性もあることが知られています。

食事制限で減量に成功した後も、体重を維持することが大切と考えられるのではないでしょうか。

1日3食をきちんととり、カロリーオーバーにならないように必要な栄養素をとることは理想的ですが、毎日の食生活を管理することは、とても面倒に感じられるかもしれません。

細かいカロリー計算をせず、食欲を我慢しないで体重を減らすまたは維持する方法として、糖質制限を取り入れるのも良いかもしれません。

食事のうちの糖質に着目して、摂取を控え、タンパク質や食物繊維はたっぷりとることができますし、ダイエット効果が期待できますので、体重の維持に役立てることができそうです。

(まとめ)食事制限ダイエットでリバウンドはなぜ起こるのですか?

1. リバウンドは食事内容に起因すると考えられています

過度な食事制限で必要な栄養素がとれなくなると、たとえばタンパク質不足により、筋肉が減って基礎代謝量が落ち、痩せにくい体質になるといわれます。

食べる量が少なくなると体はエネルギーを蓄えるようになることもあり、あるいは、大量の脂肪細胞の減少により食欲を抑えるホルモンの分泌も抑制されて、食欲が抑えられなくなることもあります。

2. 食事制限では食事のとり方に注意しましょう

食事制限ダイエットでは必要な栄養がとれるように栄養バランスに気をつけ、よく噛んでゆっくり食べる、前もって決めた量だけ食べるなど、食べ方を工夫することも大切です。

夜間は消化管の吸収機能が昼間よりも高まりやすいため、食事のリズムにも工夫が必要です。

3. リバウンドしないために必要な栄養素をとりましょう

短期間で結果を出したいがために、極端に食事をとらなかったり偏った食品のみを摂取すると、健康を損なう恐れもあります。

食物繊維の不足による便秘、マグネシウムやビタミンD不足による骨粗鬆症、鉄分不足による貧血などが起こる可能性もあります。

4. 減量後は体重を維持することも大切です

体重の減少とリバウンドを繰り返していると、食事制限に対して体が反応しなくなり、死亡率を高めることや糖尿病発症の引き金となることもあることが知られています。

減量に成功した後も、栄養は十分にとりながら体重を維持するために、糖質制限を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る