食事制限が原因でクラクラすることはありますか?

過度な食事制限が原因でクラクラすることがあります


食事制限ダイエットを行っている方の中には、ダイエットを始めて数日経過したらクラクラしたという経験がある方もいるでしょう。

それは、一品だけを食べ続ける「○○だけダイエット」や「夕食抜きダイエット」など、極端なカロリー制限で必要な栄養が不足している可能性が高いです。

人の体は、摂取カロリーより消費カロリーが多ければ痩せていきます。

過度な食事制限は、短期間でダイエット結果を出したい場合は効果があるかもしれません。

しかし、カロリーだけを気にして体に必要な栄養が不足していれば、倦怠感や疲れなどを感じ、めまいのようなクラクラ感が続くことも起こり得ます。

痩せたとしても、その後のリバウンドや体調不良などの後遺症があり、長期的なダイエット効果にはつながりにくいといえます。

適度な運動と、何らかの食事制限は、ダイエットに不可欠ですが、健康的に痩せるためには体のメカニズムを理解し、ストレスなく取り組める方法でないと結果を出すことは難しいでしょう。

体と心に負担をかけないダイエットを目指しましょう。

栄養学に基づく食材選びが大切です

私たちの体は、主に、タンパク質、脂肪、炭水化物の3つの栄養素から作られています。

3つの栄養素が体を作り、動かす元となる、材料とエネルギーになるため、バランスよく摂取することが必要といわれています。

タンパク質は、筋肉や臓器を構成する成分になり、酵素やホルモンを生成します。

豆類、魚介類、肉類、乳製品、卵に多く含まれ、厚揚げ、サンマ(焼き)、鶏肉・胸(皮なし)などが代表的な食品です。

脂肪は、細胞膜や神経組織を構成する成分として重要な役割を果たし、実は効率のよいエネルギー源として体の動きを支えます。

脂肪は、油脂、脂肪分の多い肉、乳製品、ナッツなどに多く含まれ、牛バラ肉、生クリーム、プロセスチーズ、マカデミアナッツなどが代表的な食品です。

炭水化物は、糖質と食物繊維の総じていいます。炭水化物から食物繊維を引いたものが糖質です。

糖質は、エネルギー源になる成分で、脳、赤血球、神経系、筋肉などの働きを活性化します。

炭水化物のうちの糖質は、砂糖、穀類、お菓子などに多く含まれ、もち、白米、焼き芋、パン、はるさめ(緑豆)などが代表的な食品です。

3つの栄養素を含む食品を、必要なバランスに応じてバランスよく摂取することは、とても重要なことです。

食事制限の献立を作る際は栄養面のバランスを踏まえたうえで、カロリーを抑える食事を意識するとよいでしょう。

食事制限による栄養不足は、体の不調をまねきます


人の体を構成する3大栄養素、タンパク質、脂肪、炭水化物が不足するとクラクラする原因となり、日常生活に支障が出る場合もあります。

タンパク質が不足すると、体力・筋力・免疫力が低下し、皮膚の劣化や老化を早める原因にもなる、といわれています。

逆に、過剰に摂取すると、腎臓への負担が高くなり、腎機能障害を起こすケースもあります。

脂肪が不足すると、血管や細胞膜が弱くなり、脳出血などの重篤な病気の原因になる場合もあります。

逆に、過剰に摂取すると、肥満から糖尿病や動脈硬化が起こりやすくなる、といわれており、脂肪の摂取過多には注意が必要でしょう。

炭水化物のうちの糖質が不足しすぎると、思考力が低下し頭の働きが鈍くなることがあります。

逆に、過剰に摂取すると、中性脂肪として体内に蓄積され、肥満の原因となり糖尿病を誘引する恐れもあります。

食事制限による栄養不足を防ぐためには、体を動かすエネルギーを確保しながら、痩せる体を作る栄養摂取が不可欠といえます。

ダイエット効果が高く表れる糖質をカットし、脂肪分を適度に減らす、など、体に必要な栄養素を確保したうえで食事制限をすると、健康的に、結果につながるダイエットができるでしょう。

食事制限中でも満腹感がある献立で食事を楽しみましょう

食事制限をするときに、食材の組み合わせやカロリー計算などが難しく、献立に悩むことも多いでしょう。

痩せる体を作る理想的な栄養素の組み合わせは、「タンパク質と食物繊維のセット」が基本と考えられています。

一品だけ、など、決まった食材を摂取するより、多品目で、栄養バランスのよい食事が理想的です。

その中で、穀類、イモ類、砂糖を抑えて糖質をカットすると、無理なく食事制限ができる献立ができます。

魚や、赤身肉などの油分が少ない肉を中心とした主菜に、きのこや海藻、納豆などの副菜が2品程度あると、満腹感も得られ、食事の楽しみも味わえます。

生活習慣病の予防にもなり、健康的な体を作ることが可能になるでしょう。

自分のライフスタイルに合わせて無理のない食事制限を取り入れることが大切といえます。

(まとめ)食事制限が原因でクラクラすることはありますか?

1. 過度な食事制限が原因でクラクラすることがあります

極端な食事制限を続けるとクラクラしたり、疲れやすくなったりと、体調を崩すことがあります。

健康的に痩せるためには、必要な栄養が含まれるバランスのよい食事を取り入れ、体と心に負担をかけないダイエットを心がけましょう。

2. 栄養学に基づく食材選びが大切です

私たちの体は、主に、タンパク質、脂肪、炭水化物の3つの栄養素から作られています。

3つの栄養素を含む食品をバランスよく摂取することはとても重要です。

栄養面のバランスを踏まえたうえでカロリーを抑える食事を意識するとよいでしょう。

3. 食事制限による栄養不足は、体の不調をまねきます

食事制限で栄養不足が続くと、めまいのようなクラクラ感が続いてしまうことがあります。

体に必要な栄養素を確保したうえで、ダイエット効果が高く表れる糖質をカットし脂肪分を減らす、など、健康的に続けられる食生活を目指しましょう。

4. 食事制限中でも満腹感がある献立で食事を楽しみましょう

「タンパク質と食物繊維」の組み合わせが理想的な栄養摂取の基本と考えられています。

穀類、イモ類、砂糖を抑えて糖質をカットし、魚や赤身肉などの主菜に、きのこや海藻、納豆などの副菜があると満腹感も得られ、食事も楽しめるでしょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る