8時間ダイエットとはどのようなダイエット方法なの?

一日の食事を8時間以内に摂るダイエット方法です


8時間ダイエット方法では、一日の食事時間を決めて、毎日同じ時間に食事を摂り、全ての食事を8時間以内に終わらせます。

時間を守ることさえ気をつければ、食事制限や面倒なカロリー計算は不要ですので、とても簡単で分かりやすい方法です。

例えば、朝食を9時に摂った場合は午後5時には食事時間が終わり、朝食を抜いて昼食を12時に摂った場合は午後8時に食事時間が終わります。

一日の中で、初めに食事を摂った時間から8時間以内に3食全てを摂取することは、実行するとなると意外と難しいかもしれません。

ですから、8時間ダイエットでは必然的に食事回数が減るようです。

一日のカロリーの摂取量が抑えられればダイエット効果が表れやすくなりますが、このダイエットでは、空腹の時間を作ることが大切といわれています。

食事時間以外の空腹の時間が16時間ありますので、胃腸を休めている時間が長くなって、代謝が促進され、余分な脂肪がエネルギーとして消費されることによるダイエット効果が期待できるようです。

また、夜早い時間に空腹になりますので、早めに眠ることになり、生活習慣も変わり、生活リズムが整って健康的になるという面もあるようです。

ライフスタイルによってはその8時間の間に食事を摂ることが難しい場合もあるかもしれませんが、自分のライフスタイルに合わせて上手く取り入れていくと良いでしょう。

8時間ダイエットでは空腹の時間を作ることが大切です

ダイエットは、摂取するカロリー量よりも消費するカロリー量を増やすことで体重の減少が期待できますので、食事回数や間食を単純に減らせれば、摂取カロリーも減るために、短期間でダイエットの効果が表れやすくなります。

8時間ダイエットでは、限られた時間内で食事を摂るために食事回数が減ることが多いようですが、これに加えて、空腹の時間を作ることにも意味があります。

食事から摂取したエネルギーが消費された後、余分な脂肪も分解されて消費されるため、体に脂肪を貯め込みにくくなるようです。

農研機構によると、マウスに高脂肪食を4か月間与えた実験において、好きな時刻に食べられるように与えた群と、活動期の8時間のみに制限して与えた群では、一日当たりの摂取総量が同じでも、前者は肥満になり、後者には肥満がほとんどみられなかったという報告があります。

また、食事の摂取時刻によって、エネルギー代謝に与える効果が異なる、ということが知られています。

一日当たりの摂取カロリーが同じであれば、朝食よりも夕食を軽くする方が体重減少効果が高い、という実験報告もあり、食事時刻が夜型になるほど肥満になりやすいことが示唆されています。

8時間ダイエットには生活リズムを整える効果もあるようです


8時間ダイエットを行うと、夜比較的早い時間に食事時間が終わりますので、空腹を我慢することを避けるためにも、早く寝るようになる場合が多いようです。

睡眠をきちんと取るようになって睡眠不足が解消され、夜型の生活から朝方の生活に変わるなど生活リズムが整い、規則正しい生活を送ることができるようになる可能性があります。

厚生労働省によると、睡眠不足や不健全な生活の積み重ねによって内臓脂肪型肥満となり、生活習慣病のリスクを高め、かつ症状を悪化させることが分かっています。

睡眠不足の解消が肥満および生活習慣病の予防にもつながります。

通勤や通学などで、毎日、8時間ダイエットを行うことが難しい方も、生活のリズムを崩さないようにしながら、週に数回、取り入れてみてはいかがでしょうか。

水分不足に注意し、カロリーの過剰摂取は控えましょう

8時間ダイエットでは、食事制限がないため、8時間以内であれば好きなものを好きなだけ食べてもいいと思いがちです。

けれども、一日のカロリーの摂取量が消費量を上回っては、やはりダイエット効果は期待できないでしょう。

また、カロリーの摂取量を抑えながら、必要な栄養素をバランスよく摂ることも大切です。

脂質の多い食品などは避け、糖質の多い菓子を間食に摂るのも控えた方が良いでしょう。

主食を糖質の少ない食品に置き換え、タンパク質や食物繊維を多く摂るようにすると、カロリーは抑えながら、必要な栄養素を摂ることができますので、日々の食事を工夫してみましょう。

8時間ダイエットでは、飲み物には時間の制限はありません。

食事時間以外でも水分はしっかり摂りましょう。

ただし、糖分を多く含む飲料は控え、白湯やお茶等が良いでしょう。

朝食を摂らない方では、一日の始まりを体が意識できるように、朝に水を飲むなどの工夫をすると良いでしょう。

(まとめ)8時間ダイエットとはどのようなダイエット方法なの?

1. 一日の食事を8時間以内に摂るダイエット方法です

8時間ダイエット方法は、毎日同じ時間に食事を摂り、全食事を8時間以内に終わらせます。

カロリー摂取量を控えながら空腹の時間を作ることで、代謝が促進されることによるダイエット効果が期待できます。

2. 8時間ダイエットでは空腹の時間を作ることが大切です

8時間ダイエットでは、空腹の時間に余分な脂肪も分解、消費されるため、体に脂肪を貯め込みにくくなるようです。

好きな時刻に食べられるように高脂肪食を与えたマウスは肥満になり、活動期の8時間のみに制限して与えたマウスには肥満はほとんどみられないという実験結果も報告されています。

3. 8時間ダイエットには生活リズムを整える効果もあるようです

8時間ダイエットを行うと、空腹を我慢することを避けるために早く寝るようになる場合が多いようです。

睡眠不足が解消されて規則正しい生活を送るようになり、肥満および生活習慣病を予防できる可能性があります。

4. 水分不足に注意し、カロリーの過剰摂取は控えましょう

8時間ダイエットには食事制限はありませんが、一日のカロリーの摂取量が消費量を上回らないことが大切です。

必要な栄養素をバランスよく摂り、特に水分は、糖分を含まない飲み物でしっかり摂りましょう。

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る