30代の食事制限系ダイエットでは何に気をつければいい?

30代のダイエットでは基礎代謝の上昇を意識しましょう


10代~20代に比べて、30代頃から、食事制限をしても思うように体重が落ちにくくなりますが、その原因のひとつに基礎代謝の低下が挙げられます。

基礎代謝とは、一日中、何もしなくても人間が生きるうえで必要な最低エネルギーのことをいいます。

具体的には、呼吸をするための肺や、血液を全身に送るための心臓など、生きるための臓器を動かしたり、体温を維持したりといった「生命維持」に必要なエネルギー代謝のことをいいます。

この礎代謝が低下してしまうと、同じカロリーだけ摂取していても、使われるカロリーが少なくなるため、体に貯蓄されてしまい痩せにくくなるのです。

食事制限による30代ダイエットのポイントは、基礎代謝を、まずは上げることにあります。

基礎代謝を上げるためには、睡眠や生活の仕方など生活習慣を見直すことも大事ですが、それよりも、低下し始めた臓器の働きを上げていくことが後々のためにも有益なこととなります。

食事制限をしながら30代ダイエットを行うには、食生活や生活環境などを盛り込んだ、基礎代謝を上げるための食事制限プログラムを自分でつくってみて、実行することが、最も時期に適って、良いでしょう。

基礎代謝は加齢とともに低下します

30代頃から、いつものようにダイエットをしても思うように体重が減少しなくなった、同じように食べていてもなんだか太りやすくなった、と感じる方が、男性、女性ともに多いはずです。

その原因のひとつは、加齢による基礎代謝の低下です。

基礎代謝の年齢的なピークは、「厚生労働省 日本人の基礎代謝基準値」 より、男性は15~17歳頃、女性は12~14歳頃で、性別問わず、その後はどんどん減少する傾向にあります。

基礎代謝とは、そういった、体の成長に使われるエネルギーも入っているのです。

また、脂肪を燃焼してくれる筋肉も、加齢とともに減少するため、筋肉で使われずに余ったエネルギーがあるため、体に脂肪を蓄積しやすいことも要因のひとつになっています。

加齢にともなう基礎代謝の低下は、食事制限ダイエットにとって、避けられない事実であり、ラグを解消することを考えなければなりません。

そこで、食事制限30代ダイエットには、加齢により減少した基礎代謝を、何らかの工夫で上げる要素を取り入れることがポイントとなります。

基礎代謝低下の対処に、肝臓、腸、自律神経を気にかけて


基礎代謝は生命を維持するため使われるものですが、そこには各臓器を働かせるためのエネルギーも含まれています。

各臓器の働きを考え、それぞれが活発に働くようになれば良いでしょう。

そうすると、バランスの良い食事や生活習慣を見直すことで働きが良くなるだろうことが分かりますが、実にそうなのです。

私たちの体の中でとても重要な役割を果たしているのが肝臓であり、基礎代謝の使用割合も高く、そのため肝臓の働きが低下すると、基礎代謝も低下します。

肝臓に悪い習慣を考えてみてください。

また、便秘などから腸の働きが低下しても、基礎代謝が低下してしまいます。

便秘には、腸の動きを活発にしてくれる不溶性食物繊維(大豆・ごぼう・エビやカニの表皮・りんごなど)や、腸の環境を整えてくれる水溶性食物繊維(キャベツ・こんにゃく・わかめ・もずく・里芋など)を摂取することが近道でしょう。

快便になれば、腸内の環境も改善され腸の働きが上がり、基礎代謝も上がるのです。

この他にも、ストレスからくる自律神経の乱れで交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、臓器や血管の働きが低下し、基礎代謝も低下します。

ストレスがたまらないように工夫し、十分な睡眠、規則正しい生活ができるようにすることも30代ダイエットのポイントになります。

糖質制限は基礎代謝を上げるのに最適なダイエット

食事制限をする30代のダイエットは、加齢とともに基礎代謝が低下してしまうため難しくなるものです。

基礎代謝を上げながら効率的にできるダイエットには糖質制限もあります。

基礎代謝は、肝臓で消費される割合が高く、肝臓に負担がかかる糖質や炭水化物の量が少なければ、肝臓の働きが良くなり、基礎代謝が上がります。

正しく糖質制限ダイエットを行えば、炭水化物を過剰に摂取することがなくなり、必要な栄養素もバランス良く摂取することができ、また食物繊維も豊富にとるため、腸の環境も良くなって働きも上がり、基礎代謝も上がります。

食生活だけではなく生活習慣にも目をむけ改善することが大切ですが、糖質制限ではいろいろな角度から基礎代謝を上げることができるため、30代のダイエットに適しています。

(まとめ)30代の食事制限系ダイエットでは何に気をつければいい?

1. 30代のダイエットでは基礎代謝の上昇を意識しましょう

30代になると基礎代謝が低下するため、若い頃と同じようなダイエットをしても思うように結果が出ないことが多くなります。

30代という年代に見合った、基礎代謝を上げるダイエットなら良い結果を出すことができるでしょう。

2. 基礎代謝は加齢とともに低下します

基礎代謝のピークは、男性は15~17歳頃、女性は12~14歳頃ですが、そこから加齢とともに基礎代謝が低下します。

筋肉も、加齢とともに低下するため、体に脂肪が蓄積しやすくなり、痩せにくくなります。

3. 基礎代謝低下の対処に、肝臓、腸、自律神経を気にかけて

基礎代謝とは、心臓や腸などの臓器や血管、体温を維持するためなど、生命を維持するために必要な最低限のエネルギーのことをいいます。

臓器の働きが低下すると、基礎代謝も低下するため、臓器の働きを上げることで対処できます。

4. 糖質制限は基礎代謝を上げるのに最適なダイエット

正しく行う糖質制限なら、肝臓や腸などの臓器の働きを活発にしながらカロリー管理をするため、低下している基礎代謝を上昇させることができるでしょう。

脂肪を蓄積しにくい体になるため、30代以降に最適なダイエットのひとつです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る