食事制限には、何かコツがあるのですか?

コツは、短期間に抑え、栄養が偏らないようにすることです


短期間でダイエットの効果を出したいとき、いろいろあるダイエット方法の中から食事制限によるダイエットを思いつく方は多いかもしれません。

食事制限ダイエットには、夕食や朝食を抜く方法や、りんごダイエットやヨーグルトダイエットのように毎食1つの食品だけを摂っていく方法などがあります。

これらの食事制限法では、摂取カロリーを減らすことで、カロリー消費量が摂取量を上回るようになりますので、短期間でダイエット効果が期待できるようです。

一方で、食事を抜く習慣がある方のほうが、体重が重い傾向にある、ともいわれています。

食事制限ダイエットをしているときは、常に食欲を我慢しなければならず、同じ食品ばかり摂り続けていると食べ飽きてしまったり、必要な栄養素が摂れずに栄養バランスが偏ってしまったり、ということも十分ありえます。

過剰な食事制限ダイエットは、短期間にとどめて、ダイエットが成功した後で体重を維持するようにすると良いでしょう。

普段から必要以上にエネルギーを摂らず、栄養バランスの良い食事と適度な運動を心がけることが大切です。

さらに、食事のうち主食を糖質の低い食品に置き換える糖質制限を取り入れることでも、健康的にダイエット効果が得られることが期待できます。

食事制限は、短期間で効果が出るといわれています

ダイエットを始めるとき、食事内容を変えるダイエット方法なら簡単に始められる、と多くの方が思うのではないでしょうか。

食事制限ダイエットには、夕食を抜く、またはご飯やパンなどの炭水化物を抜く方法や、全食事を単品に置き換えるといった方法があるようです。

こうした食事制限ダイエットでは、普段の食事よりもカロリーの摂取量が抑えられ、カロリー摂取量よりも消費量が大きくなりますので、短期間で体重が急激に減るダイエット効果が期待できます。

しかし、裏返せば、生活に必要なエネルギーや栄養素まで、不足することにつながる可能性もあります。

どうしても痩せなければならない理由がある場合など、目的やダイエット期間に合わせて、適切にダイエット方法を選ぶことがとても大切です。

食事制限には食事を抜く、単品のみ摂るなどの方法があります


食事制限ダイエットの基本的な考え方は、カロリー摂取量よりも消費量を多くすることで、体重を減らすことができるというものです。

例えば食事を抜くもので、夕食抜きダイエットの場合、名前の通り、夕食を食べない方法です。

夕食後は一般的に運動量が減るため、過剰に摂取した糖質や脂質は、エネルギーとして使用されずに脂肪として蓄積される傾向がありますが、夕食を抜くことで、脂肪の蓄積を防ぎ、体重を減らすことができるもの、と考えられます。

ですから、この場合、朝食や昼食の食事量を増やしたり、あるいは間食をして、抜く夕食の分を埋め合わせたりといったことをしていては意味がありません。

食事を全て単品にするタイプの食事制限ダイエットには、りんご、ゆで卵、ヨーグルトなどがあります。

身近な食品で手軽に始められ、食事を準備する手間もかからないため人気があり、やはり摂取カロリーが減りますので短期間で体重を減らす効果も期待できるようです。

食事制限は、短期間だけ行いましょう

手軽に始められる食事制限ダイエットですが、食事を我慢することにストレスを感じたり、同じ食品ばかりだと食べ飽きたりしてしまうなどのデメリットもあります。

また、体重の減少は期待できますが、生活に必要な栄養素が不足することや、脂肪だけでなく筋肉も減るために基礎代謝量が落ちて、代謝が悪くなり、太りやすい体質になりやすいともいわれています。

よって、1~2週間、長くても1か月程度の短期間だけ行うようにして、体重を減らすことができたら、その後は1日3食を規則正しく摂りながら体重を維持すると良いでしょう。

ただし、元の食事に戻したことで、減らした体重が戻らないように食事内容には注意しましょう。

食事は抜かずに主食を低糖質な食品に置き換える糖質制限なら、タンパク質や食物繊維を含む食品を組み合わせた献立で、カロリーの過剰摂取を避けながら、食欲を抑えることなくダイエットをすることができ、効果も期待できます。

(まとめ)食事制限には、何かコツがあるのですか?

1. コツは、短期間に抑え、栄養が偏らないようにすることです

食事制限は効果が出やすい反面、常に食欲を我慢する必要があったり、同じ食品ばかりで飽きたり、また、栄養素のバランスが偏りやすいものでもあります。

過剰な食事制限ダイエットは短期間にとどめ、栄養バランスの良い食事と適度な運動を心がけることが大切といえるでしょう。

2. 食事制限は、短期間で効果が出るといわれています

夕食や炭水化物を抜く、食事を単品にするなどの方法によってカロリーの摂取量が抑えられるので、短期間で体重が急激に減り、ダイエット効果が期待できます。

生活に必要なエネルギーや栄養素が不足しないよう配慮が必要です。

3. 食事制限には食事を抜く、単品のみ摂るなどの方法があります

夕食抜きダイエットでは、名前の通り夕食を食べません。

食事を単品にする方法では、りんご、ゆで卵、ヨーグルトなどを摂ります。

いずれの方法も摂取カロリーが減るため、脂肪の蓄積を防いで体重を減らすことが期待できます。

4. 食事制限は、短期間だけ行いましょう

食事制限では、空腹感にストレスを感じたり、同じ食品ばかりで食べ飽きたりといったことがあります。

生活に必要な栄養素が不足する危険性もあり、また、筋肉が減って代謝が悪くなると太りやすくなるため、1~2週間、長くても1か月程度の短期間だけ行いましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る