食前にバナナを食べる食事制限法とは?

食前にバナナを食べる食事制限は食べ過ぎを防ぐための方法です

食前にバナナを食べることで、そのあとの食事の取り過ぎを防ぐことができますが、バナナ自体には糖質が含まれていることを忘れないようにしましょう。

その後の食事は自由に食べられるものの、いつもどおり食べて食べ過ぎないようにすることもポイントです。

バナナはダイエット向け食材として人気があります

バナナはそこに含まれる豊富な栄養素から、食事の代わりに置き換える食品としても人気があります。

具体的にはどのような栄養素を含んでいるのでしょうか。

主なものを下記で紹介します。

カリウム

イオンの状態では細胞内液の浸透圧を一定に保つ役割をしており、体液中にナトリウムが多くなりすぎないように調整しています。

そのため、利尿作用を促進して不要なナトリウムや水分を体外へ排出し、むくみ改善にも役立つ栄養素です。

食物繊維

腸内の不要なものを絡め取って排泄を助けてくれる食物繊維は、それ自体に栄養素はないものの欠かせない成分です。

便秘予防やコレステロール抑制に役立ってくれます。

ビタミンB2

ビタミンB2はダイエットのために体についた脂肪を燃やしたい時に欠かせない栄養素です。

食事制限する時もビタミンB2などのビタミンは積極的に摂るようにしましょう。

他にも肌の新陳代謝を上げたり健康な肌や髪を作ったりする手助けをします。

バナナを使った食事制限の仕方はこうしましょう


バナナを使った食事制限の方法の一例をご紹介すると、簡単にいえば食事の前にバナナを1~2本食べることです。

朝・昼・夕食のどの食事の前でもかまいませんが、効果を狙うのであれば夕食前が良いでしょう。

そして同時にお水やお茶を飲み、そのあとは自由に夕食を食べてかまいません。

ただし満腹を感じたところで必ず食べることをやめ、食べ過ぎを防ぐことがポイントです。

夕食は3食の中でも最も多く食べてしまいやすい食事なので、バナナを夕食の30分前に1~2本食べておくことで、早く満腹を感じられるようになります。

また、夕食は高カロリーのメニューが並ぶことが多いですが、食べる量を自然と減らすことができれば摂取カロリーを抑えることにつながります。

夕食の数時間後には眠ることから食事で摂ったカロリーを蓄積することのほうが多くなってしまうので、カロリーの摂り過ぎには気をつけましょう。

1日2日で大きな結果が出るわけではないため、継続して続けていくことも必要です。

しかし、1食をバナナに置き換えるよりもチャレンジしやすい方法といえるので、継続しやすいでしょう。

バナナ1本の糖質は他の果物より多く含まれています

豊富な栄養素を含むバナナは食事制限に使いやすい食材ですが、含まれているカロリーや糖質にも注目しておきましょう。

例えばバナナに食事を置き換えたとしても全くカロリーを摂っていないわけではなく、糖質に至ってはリンゴやイチゴ、メロンよりも多くの量が含まれています。

そのため、その後に自由に食事を取る場合は食事内容に気をつける必要があるでしょう。

ちなみにバナナ1本分のカロリーは80~90kcalくらいで、ご飯0.5杯分にあたります。

糖質をご飯に換算した場合でも同じような値になるため、カロリーや糖質の面ではダイエット食材としては不向きな面があるでしょう。

バナナを食べてからの食事でさらに糖質を摂らないようにするには、低糖質の食品を上手に組み合わせて糖質の量を抑えると行いやすくなります。

糖質を制限することで、脂肪からエネルギーが供給されやすくなり脂肪の燃焼が促進されます。

(まとめ)食前にバナナを食べる食事制限法とは?

1.食前にバナナを食べる食事制限は食べ過ぎを防ぐための方法です

バナナを食事の前に食べることで満腹感が得られやすくなります。

しかし、その後の食事をいつもどおりに食べると食べ過ぎになり糖質やカロリー摂取量が増えてしまうため注意が必要です。

2.バナナはダイエット向け食材として人気があります

バナナにはカリウム・食物繊維・ビタミンB群など豊富な栄養素が含まれているため、食事を別のものに置き換える方法でも選ばれる人気の食材です。

栄養素の働きにより、むくみや便秘の改善やコレステロール抑制、脂肪の代謝のサポートが行われます。

3.バナナを使った食事制限の仕方はこうしましょう

バナナを使って食事制限をする方法の1つに、夕食前にバナナを1~2本食べてお水やお茶などの水分を飲むものがあります。

食事前にバナナを食べることで満腹感が早めに訪れ、食べ過ぎを防ぐことが狙いです。

4.バナナ1本の糖質は他の果物より多く含まれています

食事制限で食前にバナナを食べる方法は、糖質の摂り過ぎに注意が必要です。

なぜならバナナ1本には他も果物よりもたくさんの糖質が含まれており、バナナ1本でご飯0.5杯分にあたります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る