食事制限でどこまで痩せることができる?

食事制限でどこまで痩せるかはその方次第です

食事制限だけでどのくらい痩せられるかは、食事制限の方法やその人の体質に合っているかどうかによっても異なります。

しかし、食事制限だけで過剰に痩せてしまうと健康に問題が出てしまう可能性もあるため、食事制限を行う場合はゆるやかに行うようにする必要があります。

継続して痩せていきたいという場合は、食事制限だけに頼るのではなく、他の方法や食事制限のリスクについても合わせて考えるようにしましょう。

太ってしまうのは摂取カロリーと消費カロリーのバランスが取れていないからです

太ってしまうというのは、食事や飲み物から摂取しているカロリーが、運動や基礎代謝によって消費しているカロリーを継続的に上回っているということです。

そのため、単純に摂取するカロリーを減らせば、消費カロリーが上回ることとなり、体の中に蓄積された脂肪が燃やされて痩せていくことができるのです。

例えば、体重50kgの18~29歳女性の基礎代謝量は約1,180キロカロリー、体重63.5kgの30歳男性の基礎代謝量は約1,520キロカロリーです。[https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-02-004.html]

しかし、これは何もしなくても消費されるカロリーであり、これに加えて、日頃の活動量に応じたカロリーが消費されています。

つまり、1日の摂取カロリーをカロリー消費量より低くすれば痩せるということになります。

ただし、摂取カロリーを制限する時は、基礎代謝以下にはならないように気をつけましょう。

カロリーコントロールは食事制限でできますが注意も必要です


摂取カロリーを消費カロリーよりも低くするための手軽な方法は、食事を減らすということです。

毎日、朝500キロカロリー、昼800キロカロリー、夜1,000キロカロリー、合計2,300キロカロリーの食事を取っていた人が、夜ご飯を抜くことにすると、1日の摂取カロリーは1,300キロカロリーまで減らすことができます。

もちろん、日によって食べる食事のメニューは変わるため、毎日同じカロリーというわけではありません。

しかし、夜ご飯を抜いたり、朝や昼を果物や飲み物だけにしたりするなど食事回数を減らすことで、誰でも簡単に摂取カロリーをカットすることが可能です。

食事量を減らすということは、それだけ摂取できる栄養素も減ってしまうということです。

栄養や摂取カロリーが極端に減少してしまうと、鉄欠乏性貧血や、ビタミン不足による肌荒れ、エネルギー不足による集中力低下など、様々なトラブルが起こってしまう可能性があります。

さらに、ストレスから来るイライラ感や、ホルモンバランスの乱れによる生理不順などが起こることもあるため、注意が必要です。

糖質制限なら継続したダイエットが無理なく行えます

糖質制限とは、食事中の糖質を制限するダイエット方法です。

糖質には、脂肪よりも優先してエネルギー変換されるという特徴があるため、糖質を摂りすぎてしまうと、脂肪が燃焼されずに痩せづらくなってしまうのです。

もちろん、糖質だけを制限したとしても、摂取カロリーが消費カロリーを大幅に上回ってしまうとダイエットをすることはできません。

しかし、糖質を制限することで、摂取カロリーを控えめにするという効果も期待できます。

例えば、大盛りのご飯(白米)320グラムには、約117.8グラムの糖質が含まれています。

これを半分にすると、カロリーも269キロ程カットすることができます。

その他、白いパンやオレンジジュース、芋類などにも糖質が多く含まれており、カロリーも高めです。

こうした食べ物を控えて、糖質の少ない緑黄色野菜やお豆腐、お刺身、赤身肉などが中心の食事を取ることで、無理なくダイエットを続けていくことができます。

(まとめ)食事制限でどこまで痩せることができる?

1.食事制限でどこまで痩せるかはその方次第です

食事制限だけで痩せられるかどうかは、体質や方法によって異なります。

ただし、継続して食事制限だけで痩せようとすると健康に問題が出る可能性もあるので注意が必要です。

2.太ってしまうのは摂取カロリーと消費カロリーのバランスが取れていないからです

太る原因の1つに、摂取カロリーが消費カロリーを上回っていることがあります。
つまり、摂取カロリーを消費カロリーよりも減らすことができれば痩せることができるのです。

ダイエットの際には、自分の消費カロリーを把握することが大切です。

3.カロリーコントロールは食事制限でできますが注意も必要です

食事を1食抜いたり、別のものに置き換えたりすることで手軽に摂取カロリーを減らして痩せることができます。

しかし、極端な食事制限は、鉄欠乏性貧血やビタミン不足、ホルモンバランスの乱れなどを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

4.糖質制限なら継続したダイエットが無理なく行えます

糖質制限は、食事中の糖質の摂取量を減らすダイエット方法です。

糖質だけを制限しても摂取カロリーが多すぎてはダイエットにはなりませんが、糖質を制限することで脂肪が燃焼しやすくなります。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る