食事制限にはデメリットもあるって本当?

食事制限をすることで痩せにくい体質や栄養不足になることがあります

食事制限は、ダイエットや体質改善のために効果的だとされていますが、メリットだけでなくデメリットがあることも忘れてはいけません。

例えば、体に必要な栄養素が不足することで痩せにくく太りやすい体質に変化する可能性があります。

メリットとデメリットの両方をきちんと知っておかなければ、健康的にダイエットを進めることは難しいでしょう。

食事制限を検討する時は、デメリットについてもきちんと目を向けるようにしましょう。

食事制限は効果的なダイエット方法の1つです

食事の回数を減らしたり、ある1つの食材だけを食べたりする食事制限ダイエットは、正しく行うことでわかりやすい効果が得られるダイエット方法です。

食事制限のメリットには、次のようなものがあげられます。

体重の減少

「朝食を○○だけにする」、「夕食を抜く」といったダイエットをすることで、1日の摂取カロリーを大幅に減少させることができます。

1日の摂取カロリーが消費カロリーを下回れば、自然と体重は減少していきますから、食事制限には一定のダイエット効果があるといえるでしょう。

胃腸を休める

食事制限には、胃腸を休めるという効果もあります。

たくさんの食事を食べ続けると、消化のために胃腸が働き詰めになってしまい、負担がかかります。

特に日頃食事をとりすぎている方にとっては、食事の回数や内容を制限して胃腸を休める時間を作るのは健康にも良いことだと考えられます。

ただし、もともと胃酸過多の方の場合などは、胃がからっぽの時間が長いことで消化器官が荒れることもあります。

一概に胃腸のためには食事を制限したほうが良いとはいえませんから気をつけましょう。

食事制限のデメリットについても知っておきましょう


食事制限には、メリットがあると同時にデメリットもあります。

実行する際は次のような問題点があることも意識しておきましょう。

痩せにくい体質になる場合がある

食事制限をして体が飢餓状態になってしまうと、基礎代謝が下がり、痩せにくい体質になってしまうことがあります。

基礎代謝とは、何も活動をしなくても消費するベースの消費カロリーのことであり、これが下がってしまうとダイエットにも悪影響が出てしまうのです。

栄養不足になることがある

ある1つの食材しかとらないなどの極端な食事制限は、栄養不足を招く恐れがあります。

体の栄養不足は、肌荒れや髪質の低下、自律神経の乱れなどの原因となってしまいます。

健康的に痩せるためには、栄養バランスを考えたうえで食事をとることが大切です。

リバウンド

食事を制限すると、「食べたい」という気持ちが強くなることから、反動でドカ食いしてしまうことがあります。

無理な食事制限は体にも心にもよくありません。

リバウンドを防ぐためには、短期間での極端な食事制限は避けたほうが良いでしょう。

食事制限のデメリットをカバーするのが糖質制限ダイエットです

食事制限によって起こるデメリットは、食事全体ではなく糖質だけを制限することでカバーすることができます。

糖質とは、炭水化物や芋類、砂糖などに含まれる栄養素のことです。

この糖質の摂取量を減らし、体の中の脂肪を燃やすことでダイエットをするというのが糖質制限ダイエットです。

糖質制限の特徴を下記で紹介します。

1日3食が基本

糖質制限は、低糖質の食事をとるというダイエット方法ですから、食事量を極端に減らしたり、食事の回数を少なくしたりする必要がありません。

毎日3回しっかり食事ができるため、代謝が極端に落ちたり、飢餓感からリバウンドしたりしてしまうリスクも少ないです。

栄養バランスにも気を配りやすい

糖質制限は、食事を減らすのではなく、食事中の糖質量を減らすだけなので、糖質以外の栄養はきちんと摂取することになります。

また、糖質を減らしても脂肪酸がエネルギーとして消費されますし、体の中で必要な糖質を作りだすこともできますから、持病などがない場合は低血糖になる心配もありません。

(まとめ)食事制限にはデメリットもあるって本当?

1.食事制限をすることで痩せにくい体質や栄養不足になることがあります

ダイエットや体質改善のために行われる食事制限には、デメリットもあります。

食事制限を行う場合は、メリットだけでなくデメリットについても知っておく必要があります。

2.食事制限は効果的なダイエット方法の1つです

食事制限には、摂取カロリーを低くすることで消費カロリーを下回らせるというダイエット効果があります。

また、胃腸を休める効果も期待できますが、もともと胃酸過多の方などはかえって胃が荒れる原因になる場合もあるので気をつけましょう。

3.食事制限のデメリットについても知っておきましょう

食事制限には、基礎代謝が下がって痩せにくい体質になってしまう可能性があるものです。

また、食事を制限することで栄養不足になってしまったり、リバウンドが起こったりする場合もあります。

4.食事制限のデメリットをカバーするのが糖質制限ダイエットです

糖質制限とは、炭水化物や芋類、砂糖などに含まれる糖質を制限することです。

糖質を制限するだけで、1日3食きちんと食べられるのでリバウンドや栄養不足になるリスクは少ないです。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る