リバウンドを予防するには、ダイエットのペースはどれ位?

2か月半~3か月といわれています


カロリーを厳しく制限するような、食事制限ダイエットでは、まず1週間だけ、その人に応じた低いカロリーですごしてみましょう、とすすめられるでしょう。

食事制限では、リバウンドをせず、やせられるかもしれない、ぎりぎりの境界線が1週間かもしれません。

健康でありつつリバウンドをしないダイエットで成果をあげるとなると、時間をかけてゆっくり体をつくりあげていくのが手堅いところです。

時間がかかる分には問題なく、安心して、確実にダイエットに取り組めばよいのですが、早く! と思った場合、最低限、必要な期間はどれくらいでしょうか?

通常、それは2か月半~3か月といわれています。

学校でいえば3学期目くらいの期間ですね。

これは食事と運動の習慣を身につけ、自宅や職場での環境整備や根回しを進める期間です。

よい習慣をダイエット期間中に身につけられた人は、リバウンドはしないものです。

ダイエット期間中の取り組み方が重要です

健康でありながらダイエットが進み、成功して、維持する。

この3段階を、時期を見極めながら適切に切り替え、それぞれの段階をコントロールすることが必要です。

2か月半~3か月の期間を、食事、運動、人や物の環境整備に当てるのです。

リバウンド予防のためには、維持する段階でも、身体活動量を高めることが大切であることがわかっています。

しかし、運動して身体活動量を高めることは、一朝一夕にはできません。

習慣として、ハードルなく、さっと実行できるよう、ダイエット期間中の取り組み方が重要になります。

ダイエットといえば語義からいってもまず食事が重要ですが、食事系のダイエットにもいろいろあり、トマトダイエット、きのこダイエット、低GIダイエット、ケトジェニックダイエット、朝食抜き/夕食抜きダイエット、…と、ダイエットは数多く存在しています。

やはり、低糖質ダイエット(=糖質制限)が、最も、さまざまな種類の食物をバランスよく体に取り込めますので、おすすめできます。

ダイエットは、はじめに体脂肪を落とすことが重要です


ダイエットは、やせるだけでは満足いかないはずです。

全身どこもくまなくやせるより、ここには筋肉がついていてほしい、場所ごとにメリハリがあってほしい、と思うものです。

ところが、やせる前の内臓脂肪などの多い体に筋肉をつけてしまうと、スリムという印象のない、太っていて筋肉質の残念な、がたいのよい人になってしまいます。

まずは不要な体脂肪を落としてやせてから、必要な筋肉をつけて形を整えてあげるほうがすっきりと、最終的に早く、きれいなボディメイクができるものです。

ひとくちにダイエット期間といっても、減らす期間と増やす期間をしっかり意識して、タイミングよく切り替えることが重要になります。

増やす期間が終わって、維持期に移行するときも重要で、体と心がシンクロして気持ちがついていけている状態であることが必要です。

肥満から健康体への過程の時期、変わる自分に対しても自己認識がうまくできるよう、客観化を手助けする存在は大変な助け手となります。

ダイエットのペースメーカーとともに生きてみる

マラソンをするにも、ペースメーカーの存在が重要です。

ダイエットをする場合でも、やみくもにおこなうのではなく、「高水準かつ均等なペースで」先導してくれる存在は有り難いものです。

マラソンをしている最中なら、4時間のタイムを狙う人は、4時間と書かれたビブスをつけたペースメーカーを探してついていきます。

これは精神的に、変わりゆく自己を自分として認めるためというのではなく、変わりゆくスピードを管理するために必要、という話です。

マラソンにも、上手にペースをつくる上手なペースメーカーがいるかと思うと、一方で、下手なペースメーカーもいるものです。

きちんとペースをつくることができる上手なペースメーカーとともにダイエットを進めたなら、同時にダイエットに取り組んでいる他の人々の様子に惑わされて早くなったり遅くなったりせず、一定のペースで、迷いなく着々と、ダイエットに取り組むことができるでしょう。

(まとめ)リバウンドを予防するには、ダイエットのペースはどれ位?

1. 2か月半~3か月といわれています

時間がかかる分には問題なく、安心して、確実にダイエットに取り組めばよいのですが、早く! と思った場合、最低限必要な期間は、2か月半~3か月といわれています。

これは食事と運動の習慣を身につけ、自宅や職場での環境整備や根回しを進める期間です。

よい習慣をダイエット期間中に身につけられた人は、リバウンドはしないものです。

2. ダイエット期間中の取り組み方が重要です

健康でありながらダイエットが進み、成功して、維持する。

この3段階を、時期を見極めながら適切に切り替え、それぞれの段階をコントロールすることが必要です。

2か月半~3か月の期間は、食事、運動、人や物の環境整備に当てましょう。

3. ダイエットは、はじめに体脂肪を落とすことが重要です

全身どこもくまなくやせるより、ここには筋肉がついていてほしい、場所ごとにメリハリがあってほしい、と思うものです。

まずは不要な体脂肪を落としてやせてから、必要な筋肉をつけて形を整えてあげるほうがすっきりと、最終的に早く、きれいなボディメイクができます。

4. ダイエットのペースメーカーとともに生きてみる

マラソンをするにも、ペースメーカーの存在が重要です。

ダイエットをする場合でも、やみくもにおこなうのではなく、「高水準かつ均等なペースで」先導してくれる存在は有り難いものです。

ペースメーカーとともに迷いなく着々と、ダイエットに取り組みましょう。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る