産後のダイエットでリバウンドしないためのコツは何ですか?

バランスの良い食事と運動で、ゆっくりと減量しましょう


妊娠中から出産後までの間に、女性は、体重と体型がとても大きく変化します。

出産後にダイエットを始めるときは、無理のないように、体調に合わせて始めるようにしましょう。

ダイエットの基本は、摂取するカロリーよりも消費するカロリーを大きくすることですが、産後は健康を優先することが大切ですので、食事制限はおすすめできません。

特に、母乳育児の場合には、普段より多くのエネルギーを必要としますので、食事を抜くのは避けたほうが良いでしょう。

一日三食をしっかり摂って、甘いものや脂肪分の過度に多い食べ物は避けましょう。

産後のダイエットのポイントとなるのは、妊娠によって開いた骨盤を引き締めることといわれています。

骨盤が開いて内臓が下がっていると、お腹周りに脂肪が付きやすく、お腹のたるみが目立つようになります。

また、妊娠中は運動をする機会が減るために、産後は筋力が低下して代謝能力が落ちていることが多く、痩せにくい体になっていますから、ダイエットをしてもすぐにリバウンドしてしまいます。

運動で引き締めて筋力を戻しながら、間食を控えて、栄養バランスの良い食事を摂ることこそが大切です。

体重の増減を気にしすぎないでゆっくりと減量するほうが、体重を維持しやすく、リバウンドを防ぐことができると考えられます。

産後ダイエットはゆっくりと減量しリバウンドを防ぎましょう

妊娠中も経過が順調なら、産後もマタニティエクササイズやウォーキングなどの軽い運動をすることができますが、運動量は少なめですので、筋力は低下しがちです。

妊娠中は赤ちゃんを守るためにお腹周りに脂肪が付きますし、赤ちゃんの成長に合わせてお腹の皮も伸びますので、産後はお腹回りが気になる方も多いかもしれません。

筋肉が減ると、基礎代謝量が減ってエネルギーを消費しにくくなり、痩せにくくなります。

食べ過ぎには注意が必要ですが、産後は、体の回復が最優先ですから、食事制限や糖質制限はおすすめできません。

それに、急激に体重が減ると、体は飢餓状態になって、少ないエネルギーを効率よく吸収しようとし、脂肪を溜め込みやすくなります。

産後のダイエットに取り組み、リバウンドを防ぐためには、ゆっくりと運動を取り入れて減量し、体重をコントロールすることが効果的と考えられます。

体調に合ったエクササイズを取り入れ骨盤を引き締めましょう


産後は骨盤の周囲の筋肉が緩み、骨盤が開いています。

骨盤が元に戻る間にゆがみが生じると、太る一因となる場合もあるようです。

産後6ヵ月くらいまでに骨盤は徐々に閉じますが、骨盤を正しい位置に戻して引き締めることで、お腹のたるみが解消され、太りににくくなるといわれています。

骨盤体操の指導をしている市町村や産院などの講座を受講したり、家でできる骨盤体操などを取り入れたりすると良いでしょう。

すき間時間にできるような簡単なエクササイズなどを少しずつでも継続することでダイエット効果が期待できます。

赤ちゃんのお世話で忙しいときですから、気分転換やストレス解消になるかもしれません。

産後の体調には個人差がありますが、元気に感じても産後1ヵ月は体を休めることを優先し、ダイエットは無理のないようにゆっくり始めることが大切です。

授乳中は栄養バランスの良い食事をしっかり摂りましょう

厚生労働省の食事摂取基準によると、授乳中に必要な一日のエネルギー摂取量は、妊娠前に比べてプラス350キロカロリーとされています。

授乳中は、普段より多くのエネルギーを消費することに加え、食事内容がそのまま母乳の栄養につながりますので、栄養バランスの良い食事をしっかり摂る必要があることはいうまでもありません。

授乳中の無理なダイエットは禁物、食事制限や糖質制限はおすすめできません。

体重を増やさないようにするためには、間食はなるべく避けて、甘いお菓子や脂肪分の多い食事は控えるようにしましょう。

それから授乳中は、いくら食べても太らないという方も多いかもしれませんが、卒乳するとその分のエネルギーを消費しなくなりますので、卒乳後の食事の量には注意が必要です。

(まとめ)産後のダイエットでリバウンドしないためのコツは何ですか?

1. バランスの良い食事と運動で、ゆっくりと減量しましょう

出産後の無理なダイエットは禁物、健康を優先して体調に合わせて始めるようにしましょう。

食事を抜くダイエットではなく、一日三食をしっかり摂って、甘いものや脂肪分の多い食べ物は避けましょう。

エクササイズなどで筋力を戻し、開いた骨盤を引き締めることでダイエット効果が期待できます。

2. 産後ダイエットはゆっくりと減量しリバウンドを防ぎましょう

妊娠中は運動量が少なくなりますので、筋力が低下して基礎代謝量が減り、痩せにくくなります。

産後は体の回復が最優先ですから、食べ過ぎには注意が必要ではありますが、食事制限や糖質制限はおすすめできません。

ダイエットによるリバウンドを防ぐためには、ゆっくりと体重をコントロールしましょう。

3. 体調に合ったエクササイズを取り入れ骨盤を引き締めましょう

産後に緩んでいる骨盤を正しい位置に戻して引き締めることで、お腹のたるみが解消され、太りににくくなるといわれています。

骨盤体操の講座を受講したり、すき間時間にできる簡単なエクササイズを取り入れたりして少しずつ継続することでダイエット効果が期待できます。

産後の体調には個人差がありますので、産後1ヵ月は体を休めることを優先し、無理をしないようにしましょう。

4. 授乳中は栄養バランスの良い食事をしっかり摂りましょう

厚生労働省によると授乳中に必要な一日のエネルギー摂取量は、妊娠前に比べてプラス350キロカロリーとされています。

食事内容が母乳の栄養につながりますので、栄養バランスの良い食事をしっかり摂りましょう。

授乳中の食事制限や糖質制限はおすすめできません。

甘いお菓子や脂肪分の多い食事は控え、体重を増やさないようにしましょう。

また、卒乳後の食事の量には注意が必要です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ管理栄養士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る