ダイエットでリバウンドしないための方法はありますか?

バランスの良い食事と運動で体重を維持することが大切です


食事による摂取カロリーを消費カロリーよりも減らすことで体重は減ります。

夕食抜きや炭水化物抜きダイエットなどの食事制限ダイエットは比較的短期間で体重の変化がみられるので、ダイエット効果を実感しやすいようです。

また、食事を抜くだけでいいので普段のライフスタイルに取り入れやすく、手軽に始められる簡便性も魅力です。

しかし、極端な食事制限を続けていると、空腹を我慢することがストレスとなってしまう場合や、必要な栄養素が摂れなくなって健康に良くない影響を及ぼす場合もあります。

私たちの体には、倹約遺伝子とよばれる飢餓状態に備えるための遺伝子があり、わずかなエネルギーを効率よく利用して余った分を脂肪として溜めておくことができる仕組みがあります。

食事制限でカロリーの摂取量が少ない状態が続くと、体は飢餓状態になって栄養を溜め込み、痩せにくくなるため体重が落ちにくくなる場合があります。

また、体重が減ると脂肪だけでなく筋肉も減りますので代謝能力が落ち、痩せにくくなり、リバウンドが起きてしまいます。

目標とする体重まで減量することができた後でリバウンドせず体重を維持するためには、食事と運動を組み合わせてコントロールしていくことが大切です。

体重やBMIをチェックして目標を立てるのも一つの方法です

食事制限で体重を減らすことはできますが、極端に食事量を減らすことから始めると、後でリバウンドを引き起こす一因となる場合があります。

ダイエットを始めるときに体重を減らすことだけに重点を置くよりも、まずは目標とする体重やライフスタイルに合わせた方法を考えてみるのも一つの方法でしょう。

近年、肥満によって引き起こされるメタボリックシンドロームが問題視されている一方で、特に若い女性を中心とした痩せすぎも深刻な問題です。

まずは自分の適正体重を知り、無理のないところから体調管理のダイエットを始めてみるのもいいかもしれません。

肥満・痩せの程度を表すBMI値は、体重(キログラム)÷身長(cm)÷身長(cm)から簡単に算出することができます。

BMI値は数値が大きいほど肥満の程度が大きく、25以上は段階的に肥満度を表しています。

食欲を我慢する状態が続くことがストレスになる場合があります


極端な食事制限で食欲を我慢し続けることが慢性的なストレスになる場合には、体がストレスに備えるため脳からホルモン系にストレスホルモンを放出するよう命令が出され、脂肪を溜めやすくなります。

食事制限で体重が減っても、ストレス解消のため、やけ食いをしてしまったり、ダイエットを続けることが難しくなって元の食生活に戻してしまったりすると、リバウンドが起きることもあるようです。

また、体重が減ると脂肪だけでなく筋肉も減りやすく、基礎代謝量が減るために痩せにくい体になる場合もあります。

ダイエットをやめたところで元の食生活に戻したとしたら、カロリーを消費しきれずに余った分が脂肪として蓄積されてしまい、リバウンドの主要な原因となります。

糖質を控えた食事で健康的に痩せる効果が期待できます

無理な食事制限を避け、なるべくストレスを感じないような方法で健康的に痩せることがリバウンドの防止に役立ちそうです。

体内で消費されずに余ったエネルギーが脂肪として蓄積されると太る原因となりますが、食事を抜く以外の方法でもエネルギーの摂取量を抑えることはできます。

エネルギー源となる糖質を控える糖質制限なら、ダイエット中も食欲を我慢することなく、必要な栄養素を摂りながら健康的に痩せる効果が期待できます。

主食を控えた分、低糖質な食品に置き換えるだけで良いので、細かいカロリー計算も不要です。

自分のライフスタイルに合わせて、一日のうち一食を低糖質の食事に置き換えることから始めるのも良いでしょう。

低糖質の食品はたくさんありますし、タンパク質や食物繊維を組み合わせて脂肪は控えめに、食欲を我慢しないで、しっかりと一日三食を食べることができます。

(まとめ)ダイエットでリバウンドしないための方法はありますか?

1. バランスの良い食事と運動で体重を維持することが大切です

食事制限ダイエットで減量効果は期待できますが、リバウンドが起こる場合があります。

リバウンドの原因には、空腹を我慢する反動やストレス解消のためのやけ食いのほか、体が飢餓状態になり栄養を溜め込むことや、筋肉が減って代謝能力が落ちるために痩せにくくなることなどが考えられます。

リバウンドしないで体重を維持するためには、食事と運動を組み合わせてコントロールすることが大切です。

2. 体重やBMIをチェックして目標を立てるのも一つの方法です

ダイエットを始めるときに、まずは目標とする体重やライフスタイルに合わせた方法を考えてみるのも一つの方法です。

近年、メタボリックシンドロームが問題視されている一方で、若い女性の痩せすぎも深刻な問題です。

BMI値などから自分の適正体重を知り、無理のないところから体調管理のダイエットを始めてみるのもいいかもしれません。

3. 食欲を我慢する状態が続くことがストレスになる場合があります

食欲を我慢することが慢性的なストレスになると、ストレスに備えるため脳からホルモン系にストレスホルモンを放出するように命令が出され、脂肪を溜めやすくなります。

また、体重が減ると脂肪だけでなく筋肉も減りやすく、痩せにくい体になる場合もあり、ダイエットをやめたところで元の食生活に戻すと余ったカロリーがリバウンドの大きな原因となります。

4. 糖質を控えた食事で健康的に痩せる効果が期待できます

極端な食事制限を避け、ストレスを感じないような方法で痩せることがリバウンドの防止に役立ちそうです。

糖質を控える糖質制限なら、ダイエット中も食欲を我慢することなく、一日三食、必要な栄養素を摂りながら健康的に痩せる効果が期待できます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る