夕飯抜きダイエットでリバウンドすることはありますか?

三食食べて空腹を避けリバウンドを防ぐようにしましょう


ダイエットの基本は、食事から摂るカロリーよりも消費するカロリーを大きくすることですので、ダイエットを始めるときに食事を抜くことから始める方も多いでしょう。

食事を抜くダイエット方法は、普段のライフスタイルを余り変えずにダイエットを始められるので、人気があるようです。

夕飯後は体を動かすことが少なくなりますので、一日の食事のうちでも夕飯を軽めにすることは、肥満を防止して健康を維持するためによいということが知られています。

そういうわけで夕飯抜きダイエットを行う方もいるかもしれませんが、しかし、食事を抜く生活を続けていると栄養素を必要量だけ摂れなくなり、健康障害を引き起こす可能性があります。

夕飯を抜くと、空腹の時間が長くなりますので、ストレスを感じやすくなったり疲れやすくなったりする場合もあるようです。

食事を抜くと短期間で体重が減りますが、筋肉量も減るので、基礎代謝量が落ちて痩せにくい体になり、リバウンドが起こりやすくなります。

また、極端にエネルギー摂取量が少ない状態が続くと、体が飢餓状態に備えるためエネルギーを溜め込みやすくなり、痩せにくくなります。

なるべく空腹の時間を作らないようにし、一日の活動量に応じて必要な栄養素をバランスよく摂ることで、無理なく健康的に痩せる効果が期待できます。

夕飯抜きダイエットは手軽に始めやすく短期間で効果が出やすいようですが、体重が減るときに筋肉量減少やストレス増加に気をつけなければ、ダイエットがリバウンドの一因となります。

減量して筋肉が減ると基礎代謝量が落ちて痩せにくくなります

夕飯を抜くダイエット方法では、一日のエネルギーの摂取量は少なくなりますので、短期間で体重の減少がみられます。

しかし、空腹の時間が長くなりますので、それを我慢することがストレスに感じられることも多いようです。

また、体重が減ると筋肉量も減りますので、基礎代謝量も減り、痩せにくい体になってしまいます。

ですから、ダイエットをやめた後で元の食生活に戻ると、代謝で消費しきれずに余ったエネルギーは脂肪として蓄えられやすくなり、これがリバウンドが起こる原因の一つとなります。

空腹は辛いものですので、我慢できずに間食を摂りすぎることもあるかもしれません。

また、食事の間隔が大きくなって空腹の時間が長くなることで、一回の食事量を多く摂りすぎてしまう、といったことも起こりやすくなります。

一日三食を摂り、運動も併用してリバウンドを防ぎましょう


夕飯を抜いて、摂取量が極端に少ない状態が続くと、必要な栄養素を必要な分だけ摂れなくなる場合があります。

食物繊維不足による便秘、マグネシウムやビタミンD不足による骨粗鬆症、鉄分不足による貧血、月経異常などの健康障害を引き起こす可能性もあります。

また、食事を抜く習慣のある人のほうが、体重が重い傾向にあるといわれています。

極端な食事制限をすると、短期間に体重は減りますが、リバウンドも起こりやすくなります。

空腹を避けるためにも、三食摂るほうが望ましいといえそうです。

夕食は、つい食べ過ぎてしまうことも多いですが、ライフスタイルに合わせて、食事の内容や量をコントロールすることが大切です。

健康的に痩せるためには、バランスのよい食事と規則正しい生活に気をつけ、継続的に運動を行うことが望ましいといえるでしょう。

糖質を控えることでダイエット効果が期待できます

糖質は、体内でブドウ糖などに分解されてエネルギー源となりますが、過剰に糖質を摂ってしまうと消費されずに余った分が脂肪として蓄えられてしまい、太る原因となります。

また、体内のエネルギー源は、糖質、体脂肪、タンパク質の順に消費されるといい、糖質を摂りすぎると、体脂肪の燃焼が後回しになり脂肪がなかなか減りません。

太る原因となるのは糖質ですから、糖質を控えることで、ダイエット効果が期待できます。

低糖質の食品は意外と多いですので、食事内容を低糖質の食品に置き換えるだけで、自分のライフスタイルに合わせて手軽に糖質制限ダイエットを取り入れられます。

糖質制限ダイエットは細かいカロリー計算も必要なく、比較的短期間でダイエット効果が現れることも多いようです。

一日三食を摂って必要な栄養素を体に取り入れれば、健康的に痩せる効果が期待できます。

その上、空腹を感じにくくなりますので、ストレスを感じにくくなり、ダイエットの反動で食べ過ぎることがなく、リバウンドを抑えることができると考えられます。

(まとめ)夕飯抜きダイエットでリバウンドすることはありますか?

1. 三食食べて空腹を避けリバウンドを防ぐようにしましょう

食事を抜く生活を続けていると必要な栄養素を摂れなくなり、健康障害を引き起こす可能性があります。

夕飯を抜くと空腹の時間が長くなりますので、ストレスを感じやすくなったり、疲れやすくなったりする場合もあるようです。

短期間で体重が減っても、筋肉量も減れば基礎代謝量が落ちて痩せにくい体になり、リバウンドが起こりやすくなります。

2. 減量して筋肉が減ると基礎代謝量が落ちて痩せにくくなります

夕飯を抜くダイエット方法では、空腹の時間が長くなりますので、そこを我慢することがストレスに感じられることも多いようです。

空腹を我慢できずに、間食を摂りすぎたり、一回の食事量を多く摂りすぎてしまったりすることもあるかもしれません。

3. 一日三食を摂り、運動も併用してリバウンドを防ぎましょう

食事の摂取量が少ない状態が続くと、必要な栄養素が摂れなくなり、健康障害を引き起こす可能性があります。

また、食事を抜く習慣のある人のほうが、体重が重い傾向にあるといわれています。

夕食はつい食べ過ぎてしまうことも多いですが、ライフスタイルに合わせて食事の内容や量をコントロールし、継続的な運動も取り入れましょう。

4. 糖質を控えることでダイエット効果が期待できます

太る原因となる糖質を控えて低糖質の食品に置き換え、一日三食を摂って必要な栄養素を体に取り入れれば、健康的に痩せる効果が期待できます。

空腹を感じにくくなりますので、ストレスを感じにくくなり過食に走らず、リバウンドを抑えることができると考えられます。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る