ダイエットの再開とリバウンドには関係があるのですか?

代謝量が落ちた状態で再開するとリバウンドしやすくなります


食事を抜くダイエット方法などでは、カロリーの摂取量を、消費するカロリーよりも少なくすることで体重の減少効果を期待するものです。

比較的短期間でダイエット効果が実感できることが多く、手軽に始められることが人気の理由のようです。

ただし、短期間で効果が現れやすい反面、ダイエットを止めたときのリバウンドも起こりやすいという面もあります。

カロリーの摂取量を控えて体重が減った場合、体の水分や筋肉が減っていることが多いのです。

そのため、筋肉が減って基礎代謝量が落ちて痩せにくい体質になり、脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

ですから、リバウンドが起こった後に再びダイエットを始めても、体重を減らすことがだんだん難しくなっていくのです。

短期間のうちに体重が激しく上下するような現象をウェイトサイクリングといい、体重の変動が大きいと健康障害を引き起こす可能性もあります。

基礎代謝量を維持するためには、筋肉を減らさないことが大切ですので、太る原因となる糖質を控えてタンパク質や食物繊維を摂るようにするなど、食事内容にも注意しましょう。

栄養バランスの取れた食事を取ることと併せて、運動も、継続的に取り入れるようにしましょう。

ダイエットによる筋肉量の減少がリバウンドの一因となります

食事制限によるダイエットは、例えば、ご飯やパンなどの主食を普段の食事から抜くだけといった簡単な方法が多く、手軽に始めることができます。

また、比較的短期間で体重の減少効果がみられることが多く、ダイエット効果を実感しやすいようです。

食事から摂取するカロリーを少なくすると体重を減らすことができますが、極端にカロリーの摂取量を制限すると減った体重が元に戻るリバウンドや、健康障害を引き起こすことがあります。

リバウンドの主な原因としては、ダイエットで減った体重は筋肉の減少によることが多く、基礎代謝量が落ちてしまうためといわれています。

減量に成功した後で食事の量を戻して同じカロリーを摂取するとカロリーが余ってしまいますので、脂肪を蓄積することになるのです。

体重の上下変動が激しいと健康障害を引き起こすことも


極端な食事制限を行うと急激に体重は減りますが、リバウンドを起こして元の体重に戻ってしまうことも多いようです。

そこで、ダイエットを再開するとまた体重は減りますが、その後もリバウンドが起こる場合があります。

このように短期間で体重の増減を繰り返す現象はウェイトサイクリングとよばれ、健康上、望ましいとはいえません。

無理な減量を繰り返していると、ダイエットに対して体がだんだん反応しなくなってくることもあるようです。

また、体重の変化が大きいと死亡率を高める場合があるほか、糖尿病発症の引き金になるともいわれています。

ダイエットの期間や目標とする体重に合わせて、適切な方法でダイエットを行い、体重を維持することが大切です。

糖質を控えた食事と運動で減量した体重を維持しましょう

ダイエットの後でリバウンドを繰り返さないようにするためには、体重が減った後に体重が元に戻らないように維持することが大切です。

食事から摂取した糖質が体内でエネルギー源として消費されずに余ると脂肪として蓄積され、太る原因となります。

糖質の多い食品は主食だけではありませんので、糖質の多い野菜や果物、菓子などを食べてしまうとダイエット効果が現れにくくなることがあります。

また、食事の量を少なくすることで栄養バランスが偏って必要な栄養素が摂れなくなることもありますので、食事のカロリー量だけでなく栄養バランスにも目を向けてみましょう。

ダイエット効果を維持するためには糖質を摂りすぎないようにし、筋肉量を維持するために肉や魚などのタンパク質を多く含む食品を積極的に摂るようにしましょう。

併せて継続的に運動を組み合わせることも、効果的です。

(まとめ)ダイエットの再開とリバウンドには関係があるのですか?

1. 代謝量が落ちた状態で再開するとリバウンドしやすくなります

食事を抜くダイエット方法は比較的短期間でダイエット効果が現れやすい反面、ダイエットを止めたときのリバウンドも起こりやすいという面もあります。

体重が減るときに筋肉も減れば基礎代謝量が落ち、脂肪を溜め込みやすくなりますので、リバウンドが起こった後にダイエットを再開しても痩せにくい体質になっている場合があります。

2. ダイエットによる筋肉量の減少がリバウンドの一因となります

ダイエットリバウンドの主な原因としては、筋肉の減少による基礎代謝量の低下が一因です。

減量に成功した後で食事の量を元に戻してカロリーの摂取量を同じにすると、エネルギーとして消費しきれずに余ってしまうため、脂肪を蓄積することになるのです。

3. 体重の上下変動が激しいと健康障害を引き起こすことも

ダイエットの後リバウンドが起きると、ダイエットを再開してまたリバウンドするといったように短期間で体重の増減を繰り返す場合があります。

ウェイトサイクリングとよばれる現象で、死亡率を高める場合があるほか糖尿病発症の引き金になるともいわれ、健康上、望ましいとはいえません。

4. 糖質を控えた食事と運動で減量した体重を維持しましょう

リバウンドを繰り返さないようにするためには、減った体重が元に戻らないように維持することが大切です。

太る原因となるのは糖質ですので、主食を抜いたとしてもほかに糖質の多い食品を食べてしまうと、ダイエット効果が現れにくくなることがあります。

ダイエット効果を維持するためには糖質を摂りすぎないようにし、栄養バランスの良い食事を取ることと併せて継続的な運動を組み合わせることも効果的です。

ダイエットのプロ・低糖質食のエキスパート「ライザップ栄養管理士チーム」が完全監修!美味しくて続けられる「RIZAPの低糖質フード」がおススメです!

糖質制限は、糖質が含まれる食材を何でも制限する訳ではなく、食べられるお肉もあれば、飲むこともできるお酒もあります。糖質が高い食材、低い食材の基本的な知識をつけていくことでストレスのない糖質制限を続けていくことができるでしょう。

詳しくはこちら

関連記事

ダイエット中でも選べるおいしい低糖質食事
ページ上部へ戻る